飲食店でキャリアップはできるか

飲食店からキャリアップできる選択肢とは

 

飲食店でのキャリアップにも種類があります。

 

チェーン展開をしているような飲食店の中でキャリアップするのでしたら、スーパーバイザー・エリアマネージャーなどの役職に付き、将来的に本社で経営や企画等に関われる主要人物になる事が一番かもしれません。

 

ただ、転職でスーパーバイザーになる場合は、あらかじめ商品発注やスタッフの教育、店舗経営の一定のノウハウといった経験が必要になります。簡単に言えば、店長の経験を持っていないとスーパーバイザーとして転職は難しいです。

 

なお、スーパーバイザーやエリアマネージャーは、複数の店舗運営のスタッフの教育を見たり、地域に根差した戦略を提案するなど多角的視点から店舗の売上を上げて行くことが求められます。

 

ただし、飲食店のキャリアップは、経営者側視点だけのものではありません。

 

例えば、居酒屋やバー、高級なレストラン等で店長や専門性の高い仕事を受け持つ事でもキャリアップが可能です。

 

店長の場合ですと、経営に比重が置かれがちですが、お店によってはお酒を選ぶソムリエ等を兼ねている方もいらっしゃいます。

 

また、最近は外国人の来店も増えているので、外国人の接客や料理やお酒の説明ができるとそれだけで、貴重な人材として扱われます。

 

もし、経営側ではなく、現場の仕事をしながらキャリアップをしていきたいのでしたら、日本酒の資格やワインの事が分かるソムリエの資格等を持っていると大きな強みとなるでしょう。
 
特に、英語も喋れると泊が付くと言えるでしょう。ただ、専門性の高い、特にお酒の資格は受験資格が設けられているので注意しましょう。

 

 

 

飲食店でキャリアップを狙っていくのでしたら、何らかの目標はやはり必要になります。

 

現場を離れて経営陣側に近づくか、それとも現場で専門性の高い『食』の知識を活かして貴重な人材になるか、どちらの選択を取るかはその人次第だと思います。

 

なお、後者を選ぶ方の中には、最終的に自分の店を持つ事を志している方も多くいらっしゃいます。

 

また、大手の飲食店チェーンの場合でしたら、接客のプロとなり接客の教育担当者になるという道もあります。接客の対応が店長から本社経営陣にまで認められる必要性がありますが、現場からのキャリアップを目指す道の一つでもあります。

 

また、規模の小さい飲食店でも接客に自信があり、常連客が付くほどでしたら、接客のスキルを活かして大手のチェーン店に自分を売り込むのも良いと思います。

 

 

企業の幹部を目指すならベンチャー企業で働くことも考える

 

大手の飲食店で出世して行く事を考えると、残念ながら基本的にエリアマネージャー、スーパーバイザーあたりが限界になる事が多いです。それ以上となると、特筆した結果を出す必要があります。

 

また、大手だと競争率も高いです。そのため、外食ベンチャーで出世を目指すのも一つの手段です。人数も少なく、成長途上の企業になるので、重要な仕事に関われますし、結果を出せる機会にも恵まれやすいです。

 

そのため、幹部になれる可能性も上がります。

 

注意点としては、ベンチャー企業は失敗するリスクも高いですし、激務になることも多いです。また、将来の待遇を期待することになるので、ブラックな環境でも耐える覚悟も必要と言えます。

 

メリットとリスクを比較した上で挑むとよいと思います。

 

転職する上での注意点

将来を見据えての転職でしたら、必ず質の低い飲食店に転職することのないようにしましょう。

 

店舗経営のノウハウを活かし売上に貢献したり、接客で常連客を増やして売上や評判を高めても評価が公正にされない企業にでしたら意味がありません。

 

また、専門性の高い知識とスキルを磨くにしても、店自体があなたの目指す知識やスキルが必要とされてなければ、こちらも意味がありません。

 

そのため、必ず慎重な転職活動をするようにしましょう。

 

あなたの転職の条件面を見直したり、資格やスキルを活かして行ける転職先を探している、ベンチャー企業や有名店、大手の企業で働き…と思っているのでしたら、下記の記事を参考にして見てください。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

 

飲食業界に特化した転職エージェントでしたら、非公開求人も豊富ですし、あなたの希望に合った求人を厳選してくれます。

 

また、応募書類や面接のサポートも無料でしてくれます。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top