飲食店のアルバイトと正社員の違い

飲食店のアルバイトと正社員の違いとは

 

飲食店のアルバイト経験を通して、本格的に正社員として働きたいと思っている人もいらっしゃると思います。

 

ただ、一方で飲食店の正社員に就いた場合のキャリアステップや待遇、そして仕事内容の変化などに不安を感じている人も多いと思います。

 

ここでは、そのような不安や悩みを解決できるように一つ一つ情報を発信して行きたいと思います。

 

※チェーン展開している飲食店の正社員を前提として話して行きたいと思います。

 

雇用形態の変化による働き方の変化

当たり前かと思うかもしれませんが、一応説明して置きたいのが、正社員に伴う勤務時間の変化になります。

 

アルバイトの場合でしたら、例え最初の面接などで、「週○回勤務で何時〜何時まで」とある程度決まっていても、自分の私生活の変化から変えて貰うことしやすいです。

 

仮に断られても、アルバイトでしたら他のアルバイトに変えるといった選択もありまし、飲食店も職場を変えられることを危惧して、安易に強硬になりません。

 

ただ、社員になるという事は、基本的に週40時間以上働く事は決まっていますし、残業も業務命令でしたら断れることができません。

 

シフトに関しても、アルバイトのシフトを考慮した上で入るので、定休日がないのでしたら、思ったように休みが取れなくなることもあります。

 

仕事内容の変化

 

 

仕事内容の変化としては、明確に変わる事はありません。ただ、チェーン店のマニュアルで料理を作るタイプの店でしたら、接客と調理の両方をする必要があります。

 

アルバイトやパートでしたら、片方のみの担当ですまされることもありますが、社員になると、シフトに合わせて両方の仕事を柔軟にこなす必要があります。

 

また、閉店作業のためにアルバイトよりも残ることもあるかもしれません(飲食店にもよります)。

 

なお、出世して店長になれば、シフトの作成や店舗の予算管理などの事務系の仕事も求められていきます。

 

そのため、シフトを上手く組んで、ピークの忙しい時間以外は、事務の仕事などができるように考えることなども大切になると言えるかもしれません。

 

飲食店によっては、正社員になったら、すぐに店長候補として働くことになることも多いので覚悟した方が良いかもしれません。

 

飲食店のキャリアステップ

前述したように、すぐに店長候補になることもあれば、勤続年数と能力を考慮して、店長に昇格して、エリアマネージャーまたはスーパーバイザー(SV)と進むこともあります。

 

企業がホワイト寄りな程に、キャリアパスが整っており、正社員になる際に、ある程度の出世していく経験年数の目安を教えてくれます。

 

もし教えて貰えないのでしたら、自分から聞いても良いと思います。曖昧に誤魔化されたり、はっきりしないのでしたら、他の飲食店に応募する事を考えた方が良いかもしれません。

 

なお、最近はベンチャーの飲食企業もあるので、経験を積んだら転職して、一気に駆け上がるような手段もあります…もちろん結果を出さないとダメですが。

 

待遇面の変化

 

 

給料に関しては、やはり勤続年数を重ねる程にアルバイトと比較すると差が出ます。また、賞与を考慮すれば、フルタイムのアルバイトでも、正社員になった時点で給料が大きく上がる可能性はあります。

 

注意点としては、賞与の無かったり、役職手当で残業代を誤魔化すようなブラックな飲食店で働かない事です。

 

そのような、飲食店に入社すると、フルタイムのアルバイトと給料が変わらない可能性もあります。

 

また、休日に関しても、ホワイト寄りの飲食店でしたら、リフレッシュ休暇や夏季休暇などが充実していることもあります。

 

なかなか、思ったように休めないからこそ、休日を充実させようとする飲食店と、従業員の負担を放置するブラック寄りの会社…しっかりと見極めた上で、正社員となる飲食店を選びましょう。

 

複数の飲食店を比較した上で入社先を決める

 

 

アルバイトから正社員になる場合は、今の職場だけに拘らずに、他の飲食店の正社員の求人も確認する事は絶対に忘れないでください。

 

飲食業界に限りませんが、視野は常に広げて、どのような企業があるのか確認するべきです。

 

ブラックだったり、待遇がそれ程良くない職場でも、ずっと同じ職場で働いていたら、それが当たり前にだと思い込んでいるケースもあります。

 

また、自分にとっては待遇が良い職場でも、実際に他の職場と比べたら、もっと良い職場で働ける可能性がある事もあります。

 

そのため、求人の比較は絶対にするようにしてください。

 

⇒オススメ飲食・外食産業専門の転職サイト

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top