個人が経営する飲食店のブラック企業とホワイト企業

個人が経営する飲食店の中からホワイトな求人探す方法

 

個人が経営する飲食店で、正社員として働く事はオススメしません。

 

仮に働く場合は、複数の店舗を地域内で経営しているような飲食店にした方がいいです。

 

理由としては、単純ですが、利益を拡大していくために、店舗を増やしていることから、将来的に自分が店を任せてもらえる可能性があり、給料を上げて行ける伸びしろがあるからです。

 

 

しかし、だからといってブラック企業ではないという理由にはなりません。

 

個人の経営する飲食店に多いのが、起業すれば利益が出せるというよくわからない自信、そしてできる限り費用を抑えて利益を出そうという考え方を持ち合わせているオーナーが多い事です。

 

仕事は全て従業員に任せてる上に、求人や面接時の条件を勝手に変更して、人件費を抑えようとする悪質な行為をしてくる経営者もます。

 

個人が経営している飲食店だからこそ、周りに止めるような人もおらず、ワンマンによる暴走が起きやすいのです。

 

そのような飲食店に就職してしまうと、サービス残業で深夜近くまで働かされたり、低い給料で酷使されるリスクもあります。

 

ただし、少ながらずですが、経営を理解していて、飲食の人手不足の理由を考えた上での雇用体制を構築しているオーナーもいらっしゃいます。

 

そのようなオーナーの場合は、残業代を1分単位で払うようにしたり、売上に応じたインセンティブを必ず付けるなどの取り組みをしていることもあります。

 

また、飲食店の従業員の特権でもある賄いを徹底するようにするなどもあります。

 

常連を呼び込んでくれる、看板娘や看板男にはインセンティブで給与に上乗せすることもあるみたいです。

 

このように、個人経営の飲食店は、オーナーの頭の良さと、経営方針によって差が激しいと言えるでしょう。

 

ただし、ホワイトと言える個人経営の飲食店は、通常の検索サイトで探すのは至難の技です。

 

 

 

何故なら、個人店は地元密着の事が多いので、一度信頼できる従業員を雇えてしまった後は、人手不足になっても信頼できる従業員の友達を紹介して貰ったり、評判の良さを聞きつけてアルバイトや社員として雇って欲しいという人材が求人を出さなくても来てくれます。

 

また、オープン時や運悪く人手が足りなくなった時も、基本的に一般の検索サイトに求人を出してくれません。

 

理由は簡単で、応募が沢山来ても選考する時間も人手もないからです。したがって、求人を出す場合も、飲食専門の転職エージェント等を活用して、求人者を厳選する傾向があります。

 

もし、このようなホワイト企業の飲食店で働きたいけど伝手がない場合は、飲食専門の求人サイト等を活用する事をおすすめします。

 

正社員による転職を希望している方は飲食専門のオススメ転職エージェント

 

料理人を目指す訳ではないなら個人店は避ける

料理人として修行先を探す場合は別ですが、ホールスタッフから店長などに出世していくことを考えるなら、そもそも個人店はミスマッチです。

 

規模が小さいので、そもそも出世先が少ないですし、オーナーが店長と料理長を兼任しているケースもあり、出世先が無いこともあります。

 

また、個人店だとどうしても倒産のリスクも高いです。そのため、長期的に働く事を考えるなら、やはりオススメできないと言えます。

 

そのため、管理職として働いていることを目標にしているのでしたら、大手のチェーン店や外食ベンチャー企業などに就職して、出世を目指すことをオススメします。

 

しかし、大手や外食ベンチャー企業にもブラック企業はあります。また、消費者にとってはイメージの良い有名店でも、労働側にとっては非常にブラックなケースもあります。

 

そのような職場に転職しないためにも、慎重に就職・転職活動をする必要があります。

 

そこまでして、飲食業界に働く必要があるのか…と思うかもしれませんが、やはり人手不足な業界なので職歴に傷があったり、逆に職歴が無くても挑戦しやすいのはメリットと言えます。

 

また、優良な飲食店で長期的に働けば、サラリーマンの平均年収、または超える程度に稼ぐことができる可能性があるのも魅力と言えるかもしれません。

 

そのため、先ほど説明したように、業界に特化した転職エージェントなどを上手く利用して、求人を探しましょう。

 

⇒ホワイト企業の飲食店を探す方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top