飲食店のエリアマネージャーになるのは難しいのか

飲食店のエリアマネージャーになるには

 

飲食店で働いている人、またはこれから飲食店で働く事を考えている人の中には、将来的にエリアマネージャー、そして更に出世して行く事を考えている人もいらっしゃると思います。

 

一方で、「エリアマネージャーになるのは難しいのか」、「どうすればエリアマネージャーになれるのか」と悩んでいる人もいらっしゃると思います。

 

エリアマネージャーは、現場と本社との間で働く中間管理職としての立場になるので激務になりやすいですが、一方で給料も高くなりやすいですし、更に出世して行ける可能性もあるので、管理職としてのキャリアアップを目指して働いて行くなら、避けられない職種とも言えます。

 

エリアマネージャーに求めらる能力

 

 

エリアマネージャーに求められる事は、簡単に言えば店の売上を上げるためのバックアップになります。

 

後は、本社と現場との橋渡し役とも言えます。

 

具体的には、店舗のレイアウトや本社が決めたキャンペーンの企画が現場で上手く回るようにする。また、店長が現場の教育や運営を上手くできるように指導・アドバイスする役割も持っています。

 

企業次第で仕事内容も変わりますが、他店の調査や企画・メニューの提案などにも関われることもあります。

 

そのため、現場の仕事、店長の役割、そして本社から受ける仕事と幅広い業務を同時にこなしていく必要があります。

 

したがって、仕事を効率よく進めていく必要があります。

 

また、店長や現場で働く従業員の悩みを本社側に届ける役割もあるので、良好な人間関係を構築していく能力も大切と言えます。

 

…というのが建前になりますが、大切なのは担当している店舗が売上のノルマを達成して、従業員同士の問題やお客からのクレームが起こらないようにすることになります。

 

それができれば、先ほど挙げた能力は備わっている…と判断されるるのではと思います(あくまでも個人的な意見になりますが)。

 

エリアマネージャーになるのは難しいのか

 

 

未経験者からすぐにエリアマネージャーになるのは難しいですが、店長の経験がなどがあるのでしたら、エリアマネージャーの候補として雇って貰って、能力があると判断したらすぐにエリアマネージャー、またはスーパーバイザーとして働けることもあります。

 

未経験者の場合でもエリアマネージャー候補として採用される可能性はありますが、その場合は現場の仕事、店長の仕事を経験した上で、やはり能力的に問題がないと判断された場合の出世になると思います。

 

正直に言えば、候補として採用される、またはキャリアパスが整っている外食企業で事前に出世の意思を伝えていれば、それ程エリアマネージャーになることは難しい訳ではないと思います(すぐになれるという訳ではありませんが)。

 

大切なのは、エリアマネージャーになる意思と、そのための努力をすることができるかどうかと言えます。

 

後は、間違って個人店やチェーン展開していても店舗数が少ないような外食企業に就職しない事も大切です。

 

エリアマネージャーの役職がそもそもなかったり、店舗数が少ないことから、空きがないこともあるからです。

 

そのため、大手の外食企業や外食ベンチャー企業などに就職・転職して、出世を目指すとよいと思います。

 

ホワイト企業で有名な飲食店などになると、流石に競争率が上がる可能性がありますが、一方で勤続年数に応じた出世のキャリアパスが整っている可能性もあるので、やはり勤続年数に見合った経験と能力があれば、出世できる可能は絶対ではないですが、十分あると思います。

 

問題なのは、エリアマネージャーが狙える企業に就職することのハードルになります。

 

更に言えば、エリアマネージャーに就職できても、待遇が悪いようなブラック企業は誰でも嫌だと思います。

 

そのため、優良企業の飲食店のエリアマネージャーに就職できるかどうか…となると、なかなか難しくなります。

 

オススメの方法としては、やはり非公開求人を扱っている転職エージェントなどを利用する事になります。

 

詳しくは、

 

⇒ホワイト企業の飲食店で働く方法

 

で記載していますので、もし本気で転職・就職を考えているのでしたら参考にしていただければ幸いです。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top