勤務先の飲食店と自宅の通勤時間を考慮して転職先を探すべきか

勤務先の飲食店は通勤時間を考慮して転職先を探すべきか

 

飲食店に就職・転職する場合は、どれくらいの通勤時間が最適なのか少し悩む人もいらっしゃると思います。

 

近い程に良いと思う一方で、近すぎると急に呼び出されたりしないか不安を感じる人もいらっしゃると思います。

 

ただ、私の個人的な意見を言えば、正社員として働くなら職場に近い方が働きやすいと思います。

 

社員として働くなら、結局シフトに穴が空いたりした場合は、シフトを変えて勤務する必要が出てくるので通勤時間は短い方が便利と言えます。

 

また、深夜まで営業があるのでしたら、終電で帰られない可能性もあります。

 

車で通勤するなら帰宅できますが、駐車場が無い場合は店舗で寝泊まりせざるを得ません。

 

ただ、自電車や徒歩で通える範囲内なら夜遅くまで働いても帰宅して休息を取る事ができます。

 

また、車で帰宅する場合でも、疲労しながら車で運転する時間を減らす事ができるメリットは大きいと言えます。

 

数年単位で担当の店舗が変る場合

チェーン店で働いている場合は、社員の人がずっと同じ店舗で働き続けることは少ないと思います。

 

店長の場合でも、数年単位で職場が変わることは決して珍しくないです。

 

引越す必要のある勤務先の変更なら別ですが、近場で職場が変わるとなると、引越す必要が無いので、会社から引越しのための手当が支給される可能性も低いと思います。

 

少しでも早く帰るために、その度に自腹で引越すのも一つの手段ですが、やはり勿体ないですし面倒だと思います。

 

そのため、勤務先が一定の間隔で変るなら、車通勤の利便性が高い場所に住むようにした方が良いかもしれません。

 

駐車場が無い店舗の職場となると…どうしようもありませんが。

 

個人的な意見になりますが、深夜まで仕事があり、自宅に帰れない状況は避けた方が良いです。

 

そのため、手当が出なくても引越して、通勤時間を短くし、自宅に帰った方が良いと思います。

 

正直言って、勤務先で寝泊まりすると、自分の時間がほとんど持てませんし、疲労もなかなか取れません。

 

もちろん、個人差はあり、大丈夫と言う方もいらっしゃいますが、年齢と主に体の負担は重くなると思いますよ。

 

後は、終電を逃すことのない飲食店を、就職する際の検討材料にするのも決して悪くないと思いますよ。

 

通勤時間の無駄と疲労を見つめてみる

往復の通勤時間が1時間と聞くと、決して長くない、または短い方だと思うサラリーマンの方が多いかもしれません(片道30分ですしね)。

 

しかし、1日の24分の1を通勤時間で消費しているとも言えます。

 

この時間を睡眠や趣味に費やすことができれば、それだけで私生活今よりも充実しますし、体力も回復させることができると思わないでしょうか?

 

もちろん、通勤時間を0にする事は在宅勤務の人しかできないので、飲食店で働く事を考えると、不可能と言えます。

 

ただ、通勤時間は単なる時間の消費だけではなく、自宅と勤務地を往復する体力も消費しますし、車の運転などがあるので、疲労による事故のリスクも発生します。

 

少し大げさに通勤時間のは短い方が良いとこの記事で述べてしまったことも否めませんが、長い事によるメリットはほぼないと事を考えると、やはり短い方が良いです。

 

就職・転職の際に、通勤時間の優先順位を高く付けても決しておかしくはないと思いますよ。

 

⇒自宅から近い優良企業の飲食店を探すなら飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top