飲食店から転職すれば待遇は上がるのか

飲食店から転職すれば待遇は改善できるのか

 

今働いている飲食店の待遇が悪いことから、他業界に転職を考えている人は決して少なくないと思います。

 

具体的な不満点としては、

 

・休日が少ない
・給料が上がらず少ない
・勤務時間が長い

 

上記のような点が大部分を占めると思います。

 

逆に上記の点で不満を抱いていないのでしたら、簡単には転職を検討しないとも言えるかもしれません。

 

現場の飲食店の給料は店長職も含めて、給料は企業にもよりますが、休日は少なく、勤務時間は長くなりやすいです。

 

サービス残業は別ですが、残業自体を避けたい人は、残念ながら飲食店で働く事は避けた方が良いかもしれません。

 

アルバイトやパートを中心に職場を回すことが前提になるので、シフトも毎日上手く回せるという訳ではないですし、お客の数も毎日同じではないですし、ピークの時間もずれたりするので、どうしても残業は発生してしまいます。

 

休日に関しては、週休2日の月8日休み程度なら、人を大切にしている飲食店なら十分可能です。

 

一部のホワイト寄りの飲食店だと夏休みや冬休みもあることがあります。

 

逆にブラックだと、週休1日程度しか休めず、月休み5日以内の事もあります。

 

もし、月休みが5日や6日、それ未満で不満を感じているのでしたら、他業界に転職する事を考える前に、もっと働きやすい飲食店に転職する事を考えても良いかもしれません。

 

飲食店から他業界に転職すれば待遇は上がるのか

 

 

飲食店の待遇は、他業界から比べて良いとは言えませんが、悪いとも言えません。

 

正確に言えば、どの業界にもブラック、そしてホワイト企業はあるので、結局は就職した企業次第と言えます。

 

年収1千万円などを目指すのでしたら、業界や就職するべき企業も限られてきますし、飲食店勤務で目指すのは非常に難しいと言えます。

 

ただ、年収500〜600万円前後でしたら、飲食店勤務…正確に言えば店舗の管理者やエリアマネージャー、スーパーバイザーなどに出世すれば目指せる範囲内と言えます。

 

店長職でも、インセンティブ制度などが整っていたりすれば、目指せる可能性はあります。

 

現場の飲食店で働き続けるのではなく、本社勤務側の立場まで出世を目指すのも選択肢に入るので、もし既に飲食店で長年働いているのでしたら、飲食業界内で転職した方が待遇が上げられる可能性もある事を覚悟した方が良いです。

 

飲食店で働く事が向いていないと早期に理解したら転職した方が良い

飲食店の仕事は、体育会系の傾向があるので、デスクワークなどの仕事が向いている人には、やはり長期的に働くのは辛いと言えます。

 

逆にデスクワークよりも体を動かす事の好きない人は、一度飲食業界から他業界に転職してから、また飲食業界に戻ってくる人も意外にいらっしゃいます。

 

ただ、向いているかどうかは、他の仕事と比較してみないとはっきりしないこともあるので、若い人でしたら、一度他業種に転職してみて、その上で飲食業界に戻る事を考えても良いかもしれません。

 

ただ、その分出世は遅れるので、まったくリスクが無い訳でもないので注意は必要です。

 

隣の芝生は青く見える

ブラック企業だったり、耐えられない不満がある職場からは転職した方が良いですが、今までのキャリアが活かせない職場に転職する場合は、待遇が悪くなることもあります。

 

逆に、同じ業界内で待遇の良い職場に転職した方が不満を改善できる事も少なくありません。

 

待遇の不満を仕事そのものが自分に向いていないと勘違いしないようしましょう。

 

他の仕事ならもっと、楽しく、そして待遇も改善して働ける…と思っていても、結局は期待通りにならないことも少なくありません。

 

もし、本格的に転職を考えているのでしたら、飲食専門の転職エージェント等を利用して、求人を紹介して貰ってはどうでしょうか?

 

今の職場と紹介して貰った求人を比較して、その上で他業界への転職を検討しても遅くはないと思いますよ。

 

⇒優良な飲食店の求人を紹介して貰える飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top