カフェの正社員として働く方法と仕事の辛さ

カフェの正社員として働く方法と仕事の辛さとは

 

 

カフェの仕事は、正社員・アルバイト関わらずに、飲食業界の中では人気の高い職場の一つになります。

 

理由としては、やはりカフェの落ち着いた雰囲気が好きだったり、人がくつろげる空間に貢献しながら働きたい、カフェで働く人に憧れている、そして将来的に個人開業するため…といった給料面以外に大きな期待を持って就職する人が多い事が挙げられます。

 

一方で、カフェに対する期待値が高いことから、就職した後の実際の仕事とのギャップに打ちのめされて、すぐに辞めてしまう人が多いのがカフェの職場でもあります。

 

カフェの正社員の待遇

カフェのホールスタッフの平均年収は、約300万円程とされています。

 

カフェ自体の給料は、個人店も含めると幅もあるので、平均のみで見るのはオススメしませんが、それでも飲食業界全体から見ると比較的に低い水準になりやすいと言えます。

 

大手のチェーン展開しているカフェでも、待遇が良い企業で年収400〜500万円程度(店長やエリアマネージャーといった管理者以上で)になることが多いようです。

 

また、大手でも年収400万円に届かない企業もあります(勤続年数や売上などによっても左右されると思いますが)。

 

個人店の場合は、そもそも正社員など採用せずにアルバイトやパートのみで経営している事がほとんどになりますが、仮に正社員として採用していても、アルバイトの時給と大きな差が出ない事も珍しくないです。

 

そのため、カフェの正社員として働いて行く事を考えるのでしたら、大手の待遇の良いカフェなどで働く事を前提にした方が良いかもしれません。

 

カフェの仕事で辛い点とは

カフェの正社員として働く場合は、あなた以外は基本的にアルバイトやパートになると思った方が良いと思います。

 

ホワイト寄りでしたら、正社員よりを2名程配置して有給休暇などを取りやすくしてくれていることもあるかもしれませんが、あまり期待しない方が良いかもしれません。

 

そのため、正社員のスタッフは現場の仕事は勿論ですが、アルバイト、パートのマネジメント、食材の発注、売上高の管理、キャンペーン時などの対応など店舗管理の全てをする必要があります。

 

現場が忙しければアルバイトやパートと一緒に現場の対応をして、落ち着いたら裏で事務処理などをする…といった働き方になると思いますし、必要に応じて店長会議などにも出席を求められることもあります。

 

そのため、落ち着いた空間で、お客と一緒に過ごせる…とは思わない方が良いと思います。

 

カフェでバリスタ技術や調理技術を磨けるか

 

 

将来的に独立を考えている人の場合は、一度カフェに就職してバリスタ技術や調理技術を磨こうと思っている人もいらっしゃると思います。

 

ただ、大手のチェーン展開しているようなカフェの場合は、バリスタのためのマニュアルが整備されてしまっているので、全てマニュアル通りにコーヒーを作る必要があります。

 

チェーン展開している場合は、未経験者の学生アルバイトや主婦の人でも短期間で仕事ができるようにする事が大切なので、本格的なバリスタ技術を現場に導入できないといった事情があるのです。

 

調理に関しても同様です。

 

もちろん、同じ大手のチェーン店でも手の掛けようは変わってきますし、本格的なバリスタ技術を磨けることを魅力として、人材を呼び寄せていることもあります。

 

そのため、将来的に独立を前提にしているのでしたら、就職する前に、どのような事が学べるのかを事前に調べることが大切と言えます。

 

ただ、本格的な修行ができる職場程に、教え得て貰える分給料が低かったり、労働時間が長くなることも少なくないので、激務になる覚悟は必要と言えます。

 

なお、お金は掛かりますが、専門学校に通うといった選択肢もあるので、技術を学ぶなら現場で働く以外にも方法はあるので、選択肢に入れても良いと思います。

 

⇒カフェに就職を考えている人にオススメの飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top