飲食業界の現状は厳しいのか

飲食業界の現状は厳しくなっているのか

 

飲食業界で働く事を考えている人にとっては、現状の飲食業界の景気や待遇などは気になると言えると思います。

 

また、既に働いている人の場合でも、現場の近くで働いていると、飲食業界全体の動向や自分の待遇の良し悪しなどを客観的に見る事ができずに、不安を感じている事はあると思います。

 

そのため、ここでは飲食業界全体の現状と、労働者側の待遇の現状に関して述べて行きたいと思います。

 

飲食業界の市場規模は低下している

飲食店の数は横ばい、または少し増加の傾向になっていますが、一方で少子高齢化の影響もあって、需要面は伸び悩んでいます。

 

食に関しては決して需要が無くならないことと、参入する上での戦略も企業によって多種多様にとれることから、個人事業主から大手のグループ会社まで参入することが飲食店の増加の要因となっていると言えます。

 

また、大手だから絶対に売上を伸ばせるわけではありません、個人でも大成功するチャンスがある事も、飲食業界の大きな特徴言えるかもしれません。

 

そのため、飲食店同士の競争も年々激しくなっていますし、差別化による戦略も多様と言えます。

 

逆に言えば、それだけ飲食業界には可能性があるとも言えます。

 

最近では、食品会社と提携して、新商品の試食を飲食店で実地して貰ってアンケートを書いて貰い、代わりに食品会社は報酬を飲食店に支払う…といった方法で収入源を増やしているようなお店も拝見します。

 

したがって、問題なのは飲食業界全体の景気ではなく、勤める・勤めている飲食店の経営の良し悪しに注目する必要があると言えます。

 

待遇の悪いブラック企業が多いのか

 

 

個人店まで含めると、飲食店の待遇は多様で、非常に悪質なブラック企業も残念ながら存在します。

 

そのため、安定して働きたいのでしたら、ある程度の規模があり、知名度がある飲食店で働く事をオススメします。

 

一部の大手企業のブラックな待遇が露見したことで、飲食業界自体がブラックなのではないと思われやすくなったことから、少子高齢化も合わさって人手不足に拍車がかかっています。

 

そのため、ブラックな印象を与えないために、待遇を向上させて、社員・アルバイトを積極的に募っている飲食店も増えています。

 

はなまるうどん、富士そばといった飲食店は、他の大手飲食店と一線を画すようなホワイトな待遇を整えて、企業のイメージアップにも成功しています。

 

このようなホワイト寄りの飲食店を探すことは難しいですが、最近は飲食専門の転職エージェントなどもあるので、自分で求人を探すことに固執しないのでしたら、ブラックな飲食店に就職する事を回避すること自体は難しくないです。

 

したがって、現状の飲食業界で働くのでしたら、他の業界以上に慎重に情報を集めて、自分以外のサポートをも受けた上で、就職先を選ぶと良いと思います。

 

飲食業界の待遇の現状

 

 

前述したように、飲食店によって待遇は様々です。現状では大手同士でも、待遇が全く違うことも当たり前です。

 

週休1日で深夜まで仕事がある飲食店もあれば、週休2日で有給休暇も使用しやすい飲食店もあります。

 

出世や給料に関しても、キャリアパスを会社が示してくれて、勤続年数と役職によって確実に給料を増やせる飲食店もあれば、役職に付いたら残業代が払われなくなって給料が下がるようなブラックな飲食店もあります。

 

人件費を減らして経営をしているような飲食店は、余程の事が無いと改善しないので、もし今の職場で出世もできず、給料もほとんど変わらずに何年も経っているのでしたら、一度他の飲食店に転職する事を考えてみても良いと思います。

 

収入が低く思われがちな飲食業界ですが、年収600〜700万円前後でしたら、待遇が整っている飲食店に勤めて、勤続年数を重ねて出世して行けば十分届きます。

 

そのため、飲食店で働いているから、激務で多少給料が低くても仕方がない…何てことは決して思わないようにしてください。

 

他の飲食店に転職すれば、休日も増えて、給料も増えるかもしれませんよ。

 

⇒ホワイト企業の飲食店で給料を上げる・休日数を増やして働く方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top