ボーナスの貰える飲食店で働きたい

ボーナスの貰える飲食店で安心して働く

 

ボーナスの有無は、社員として働いて行く上で年収に大きな影響を与えることは、誰でも知っていることですし、実感している人も多いとと思います。

 

そのため、今働いている会社ではボーナスが出なかったり、寸志程度のボーナスしか貰えないとなると、将来性に疑問を持って転職を考えることも間違っていません。

 

男性のボーナスの平均(1年間)は、年によっても違いますが約70〜80万円前後が一般的です。

 

その年収を基準に、大幅に下回っていないか見直してみるとよいと思います。

 

ボーナスの有無が会社の将来性を決める理由

ボーナスは、基本的に本人の会社内での立場、そして会社の業績を考慮して支給されます。

 

飲食店の場合でしたら、勤めている店舗が目標を達成しているかどうかも考慮される事があります。

 

そのため、ボーナスに更にインセンティブが考慮されると言えます。

 

ただし、大手の飲食店になると、「数か月分の給料」として、固定されていることもあります。

 

逆に中小企業は、前述した要に会社の業績や本人の評価によって変わる事が多い傾向があります。

 

どちらにしろ、ボーナスがしっかりと支払われるというのは、会社の成長を社員に一部還元する役割を担っているとも言えます。

 

逆に、このような還元されないという事は、業績が悪い、または成長する見込みがない状況と言えます。または、利益が上がっていても、会社に還元せずに、上層部が独占している可能性も考える事ができます。

 

最近はボーナスがない会社も増えていると述べる人もいますが、それは成果主義を採用しているような会社になります。また、大手でしたら成果主義の会社でもボーナスは支給されます。

 

そのため、ボーナスの有無は会社の将来性、そして社員に対する利益の還元が考慮されてるか判断する材料とも言えます。

 

したがって、ボーナスとして支払われる金額が低かったり、無いのでしたら、転職を検討してみるのもよいと思います(修行中の料理人などは別ですが)。

 

ボーナスの評価が定まっている飲食店で働く

飲食店は、店舗の売上も考慮されてボーナスを評価されることもあると述べましたが、複数の店舗を展開させているような会社になると、一律に売上のみで考慮するとボーナスの評価が正確では無くなる可能性もあります。

 

※大手の場合は、ボーナスに上乗せられるインセンティブが評価で計算されることもあると思います。

 

具体的には、売上の悪い店舗を改善するために、売上の良い店長を配置換えすることもあります。

 

その事を考慮されずに、まだ改善段階の店舗の目標売上のみを考慮されたら配置換えされた店長としては納得いきません。

 

優良な飲食店でしたら、そのような危険性はありませんが、ブラック寄りの飲食店だと、理不尽な評価をされて、ボーナスを大幅に減らされたりすることもあります。

 

また、このような理不尽な評価をしている会社は、他の部分(出世や昇給など)でも不備がある可能性があります。

 

逆に言えば、しっかりとキャリアパスや残業の管理がされているなら、ボーナスの評価も整って可能性が高いと言えます。

 

転職サイトの求人などを見ても、ボーナスがどのように評価されるか判断されるかわからないので、労働環境全体が整っているかどうかを考慮した上で決めると良いと思います。

 

会社の業績が悪いなら逃げだすことも大切

 

 

ボーナスが支払えない程に、自分が働いている会社の経営が悪化している中で、転職するのは気が引ける…と感じる人も少なからずいらっしゃいます。

 

ただ、そのような飲食店で働いていても、将来性はありませんし、最悪会社と共倒れ…と言った結果もあります。

 

飲食業界は同業他社の転職が比較的に難しくないので、今よりも待遇のよい職場に転職できるチャンスは多いです。

 

そのため、一つの会社に依存することなく、自分、そして家族の生活を第一優先にして飲食業界で働いていくようにしてください。

 

業績が悪くなると人手不足が深刻になり、飲食店側も必死になって引き止めてくる可能性もありますが、自分を優先することをオススメします。

 

逃げ遅れたことによる責任は、結局あなたが背負う必要があることを忘れないようにしましょう。

 

⇒優良な飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top