飲食店の店長からのキャリアアップ

飲食店の店長からのキャリアアップを狙った転職

 

 

飲食店の店長として働いている人の中には、将来に不安を感じている人も多いと思います。

 

具体的には、

・店長に出世してたのに給料がそれ程上がっていない
・AC(エリアマネージャー)やSV(スーパーバイザー)に出世できない
・ずっと現場で体力が持つか不安

上記の3つの不安や不満を持っている人は多いのではないでしょうか。

 

一概に店長といっても、「正社員=店長」な職場もあれば、店長に出世するにも難しい職場があるので、給料といった待遇もやはり変わってきます。

 

また、飲食店は働いている職場によっても待遇の差は広がります。

 

そのため、今あなたが働いている飲食店は、将来的にキャリアを積んで行ける職場なのか確認した上で働き続けるか、転職するのか考える事が大切になります。

 

名ばかり店長の飲食店では長期的に働かない

 

 

店長になったら残業代が支払われなくなって、通常の正社員として働いていた方が給料は高かった…といった飲食店では働かない方が良いです。

 

そもそも、店長の役職手当で残業代が必ずしも免除される訳ではありません。

 

他にも店舗の責任を全て店長に押し付けて、人手が足りなければ店長が休日を減らして手当の出ない出勤を強制させるようなブラックな飲食店は少なからずあります(過去に問題になったブラックな居酒屋のように)。

 

そのため、責任だけを押し付けられるような、名ばかりの店長として働かされる飲食店で働く事は避けてください。

 

キャリアパスが整っている飲食店で働く

 大手のホワイト寄りの飲食店ですと、勤続年数に見合った成長をして行けば、ACやSVの出世を打診してくれます。

 

売上が順調な飲食店でしたら、新規店舗も増えるので、上の役職はそれなりに増えるので比較的に出世しやすいです。

 

また、キャリアパスを明確にしているので、将来に不安を抱えずに働く事ができます。

 

やはり、将来的にずっと店長のままで、現場で働き続けるのか…という不安を抱えている人は多いので、キャリアパスが明確にされると非常に安心すると思います。特に体力面の問題を抱えている人にとっては精神面・体力面共に負担が軽くなるはずです。

 

ブラック企業で働いているなら転職する

もし、今あなたが働いている飲食店がブラック企業と呼ばれる職場なら迅速に転職する事をオススメします。

 

飲食店の店長は、他の業界に転職する事は難しいですが、同じ飲食業界内で転職する分にはそれ程難しくありません。

 

実際に、少子高齢化の影響で店長として即戦力として働ける人は重宝されます。そのため、ブラックな飲食店で働いているのでしたら、ホワイト寄りの飲食店に転職できるだけで給料が大幅に上がる可能性もあります。

 

また、上の役職の席が全て埋まっていて、転職できずに悩んでいるのでしたら、店長からACやSVへのキャリアアップを狙った転職をしてみても良いと思います。

 

ハードルは多少高いですが、扱っている料理の傾向が似ている飲食店でしたら、十分狙えると思います。

 

また、前述したように将来のキャリアパスが明確にされている飲食店に転職すれば、能力が認められればスムーズに出世させてくれると思います。

 

何時までも待遇の悪い飲食店に止まるのではなく、もっとあなたの評価してくれる飲食店に転職する事を検討してみはどうでしょうか?

 

飲食専門の転職エージェントを利用する

 

飲食業界内で転職をするなら、飲食専門の転職エージェントを利用してください。

 

飲食の求人に特化しているので、あなたの希望に近い優良な飲食店の求人を紹介して貰えると思います。

 

また、担当のキャリアコンサルタントが応募書類の添削や面接のスケジュール調整、アドバイスなどをしてくれるので働きながらでも転職活動を効率的にできますい、採用される可能性も上がります。

 

注意点としては、信頼できる転職エージェントを利用する事です。転職エージェントによっては、サービスの質が悪かったり、求人数が少ない事もあります。

 

そのため、業界に精通しているキャリアアドバイザーを抱えていて、ある程度の規模の大きい転職エージェントを利用するようにしてください。

 

⇒オススメの飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top