未経験者が飲食店の正社員への転職を成功させる方法とは

未経験者の飲食業界への転職を成功させる

 

 

飲食業界に新卒で入社する方もいらっしゃいますが、中途として異業種から転職して来る方、同じ業界から転職して来る方まで幅広いです。

 

そして、離職率も高いです。

 

そのため、未経験者の方でも、店舗内の接客業務からでしたら、それ程転職する事が難しくない業界になります。

 

将来的に出世していく事を考えているのでしたら、店長候補として求人を出している企業に応募する事を考えても良いかもしれません。

 

注意して欲しいのは、前述したように離職率が高いというのは、単純に飲食の仕事が厳しいだけではなく、ブラック企業が多く存在する事も原因と言えます。

 

詳しくは飲食業界の正社員として働く事の将来性でも述べていますが、飲食店は独立しやすい業界になるので、利益主義の経営者が起業した飲食店なども多く、比例してブラック企業も多いです。

 

そのため、未経験者歓迎だからといって、安易に求人に応募する事のないようにしましょう。

 

求人に応募する際に注意すること

 

個人店に応募する事はリスクが高いのでオススメはしません。

 

料理人として修業を積むのでしたら話は別ですが、接客業から店長、エリアマネージャーまたはスーパーバイザー、、MD、バイヤー、企画などを目指すのでしたら、個人店や規模が小さい飲食店に入社しても、出世先の役職が無い上に、給与体系も定めっていないこともあり不安定になりがちです。

 

そのため、大手の飲食企業や、複数の店舗を展開しているような知名度の高い飲食店に入社する事をオススメします。

 

大企業でもブラック企業は存在する

大企業でもブラック企業は存在します。

 

そのため、大手の転職サイトの検索で上位に掲載されるからといって、安易に応募しないようにしましょう。一般的な転職サイトは、お金さえ払えば検索上位に求人を出す事ができるからです。

 

大企業のブラック企業の特徴は、人件費にお金を使うのではなく、採用活動費にお金を莫大に掛ける傾向があります。

 

ほとんどの社員が退職する事を前提で大量に社員を採用して、人が減ってきたら再度大量に採用する…このような負のスパイラルで短期的に大きな利益を稼ごうとします。

 

社員は育ちませんし、長期的なビジョンで見るとデメリットしかありませんが、目先の利益を稼ぐ分には一つの手段と言えます。福利厚生や給料を整えるは、短期的に見れば大きなコストになるのは確かです。

 

ただ…結果的にブラック企業というレッテルが張られて、応募者どころから、お客さえ来なくなりまが。

 

大企業といっても、急激に利益を増やして店舗数を拡大している新興企業には注意するようにしましょう。

 

信頼できる大手の企業に応募するようにする

 

 

地域密着型の中小の飲食店の中にも、待遇の良い職場もありますが、出世できるかと言うと微妙と言えます。

 

そのため、職種の選択肢が多く、ある程度の歴史のある大手企業がオススメです。

 

また、知名度が高い飲食店や、大手企業程に、労働者の口コミがサイトに流出したり、労基から監視も厳しくなるので、最近は労働環境と待遇の改善に取り組む姿勢が顕著になっています。

 

一方で、世間一般から見ても優良企業と言わる程に待遇が良いとなると、やはり競争率は上がります。

 

やはり、ホワイト寄りの飲食店企業は…目立ちます。また離職率も低いので、採用人数もそれ程多くありません。

 

そのため、求人を探す際は、就職・転職する上で、ある程度条件を絞って探すことが、転職を成功させる上で大切になります。

 

飲食店の求人を探す前にすること

 

飲食業界の求人を探す・選ぶ前にして欲しいのは、絶対に受け入れられない条件を決めることです。

 

例えばですが、社員の方の場合は、サービス残業、終電に間に合わない勤務時間、有給休暇が使えない、休みが週休1日で私生活を充実させることができない…などになります。

 

人によって許容できる部分と、できない部分があると思いますので、あらかじめ妥協できる範囲と絶対に妥協できない部分を決めて置きましょう。

 

その上で、許容できる求人の中から、待遇の良い求人、積みたい経験ができる職場、勤務地などを比較しながら選ぶとよいと思います。

 

その際には、給料、休日数、業態などにも優先順位をつけておくとよいと思います。

 

この際に注意して欲しいのは、給料を優先し過ぎて、休日数が少なすぎる職場を選んだりすると、就職後に、激務すぎて後悔する結果になることもあります。

 

そのため、待遇面の優先順位に関しては、1番優先したい項目でも、妥協することも大切になってきます。

 

検索サイトの求人に書かれていることの信用度 

求人に書かれている内容と、実際に面接で聞いた内容と違うケースもあります。

 

酷い場合ですと、求人・面接で言われた事と、実際に働き始めた後の待遇が全く違うということもあります。

 

そして、そのようなケースも決して珍しくないのが飲食業界と言えます。

 

残念ながら求人の内容と面接だけで、確実に嘘か否かを見抜く方法はありません。

 

ただ、リスクを減らすことはできます。

 

当然ですが、ネットで評判を確認することは忘れないようにしましょう。

 

大手のチェーン店なら大体の情報を判断できます(ただ、大手のチェーン店の場合は支店によっても変わってきます)。

 

また、面接時の質問には、求人に書かれている内容を逐一確認していきましょう。

 

気になった点を箇条書きにして、面接時に一つ一つ確認してもよいと思います。

 

ただし、メモ帳などを書き込みながら面接を受けてもよいことを事前に許可して貰わないと、さすがに印象が悪いです。そのため、できる限り質問する内容は忘れないように覚えて確認しましょう。

 

ブラック企業に入社してしまったら

 

経済的に余裕がまだあるなら、さっさと辞めましょう。

 

特に社員の方は、職歴が付かない内に迅速に辞めることをオススメします。

 

辞める際に、故意に職場に損害をだしたりでもしなければ、賠償金が請求される事も滅多にありませんし、その請求が認められる可能性も非常に低いです。

 

そのため、ブラック企業に就職してしまったら、使い潰される前に転職する事をオススメします。

 

ただし、正社員の人場合だと、次の転職先が見つからないと、生活費の問題から簡単に辞めることができないケースもあると思います。

 

また、退職しても、転職先がまたブラック企業だと立ち直れなくなると思います。

 

そのため、転職先を考える場合は、他業界か飲食業界内で転職するか決めた上で、飲食業界に特化した転職エージェントを利用するとよいと思います。

 

未経験者でも飲食業界に特化した転職エージェントを利用できる

 

飲食業界に特化した転職エージェントとは、言葉通り飲食業界に特化した転職エージェントになります。

 

このサイトで紹介している転職エージェントなら、未経験者でも利用できます。

 

メリットとしては、一般の転職サイトでは公開されていないような、非公開求人を豊富に扱っている点と、あなたの希望に合った求人の紹介、そして求人に掲載されていない情報を提供して貰える点になります。

 

大手の求人サイトですと、求人数が膨大にありますが、一方で自分の条件面に合った求人を探すには時間が掛かります。

 

また、離職率、残業時間、職場の雰囲気などは、求人から知ることは難しいです。

 

転職エージェントの場合でしたら、担当のスタッフから、求人に掲載されていないことを代わりに聞いて貰うこともできるので、普通に応募するよりも、不安を軽減した上で応募できます。

 

また、転職エージェントは登録者の採用が決まることで、企業側から成功報酬が貰えます(求職者側は無料で利用できます)。

 

そのため、応募されないようなブラック企業の求人を扱っても意味がないので、比較的に優良企業の求人を豊富に扱っているのも、転職エージェントを利用するメリットと言えます。

 

もし、本気で飲食業界への転職を成功させたいと思っているのでしたら利用して損はないと思いますよ!

 

⇒未経験者の方でも優良企業が経営している飲食店に出会える転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top