40代の飲食業界への転職方法

40代から飲食業界へ転職できるのか

 

飲食業界は、人手不足になりがちな業界になるので、大手、中小企業関わらずに採用を貰うための競争率自体は低い傾向があります。
特に現場の接客業でしたら、苦労する事は少ないと思います。

 

ただ、他業種からの転職になるとキャリアはリセットされることになるので、大幅に給料が下がる可能性はあります。
特に40代以降になると前職の給料次第では、失業手当よりも給料は下がる可能性がありますし、仕事内容も肉体労働になるので、デスクワークの仕事をしていた方には辛いかもしれません。

 

そのため、転職先が見つからないからといって安易に異業種に転職せずに、前職の経験を活かせる企業に転職できないか徹底的に転職活動する事を忘れないようにしましょう。

 

その上で、飲食業界で働く事を決めたのでしたら、簡単に他の業界に転職しない事を覚悟して働くようにしましょう。

 

40代以降の未経験業種となると、年齢給による積み重ねが少ないので、下手に関係ない業界を転々とすると給料もドンドン下がって行く可能性もあるので注意しくてくださいね。

 

仕事内容の選び方

 
 
飲食業界で一番簡単に転職できるのは、やはり接客業になります。将来的に出世を考えるのでしたら、店長候補者を募集している求人に応募した方が良いかもしれません。

 

また、飲食業界といっても、接客以外にも店舗内で製造された商品を販売するは販売員や、お酒を提供するソムリエ、バーテンダー、そしてバリスタや栄養士といった職種もあります。
資格を持っているのでしたり、経験があるので、接客以外の選択肢を取るのも一つの手段です。

 

ただ、資格などがないのでしたら、無難に店長候補として接客から始めた方が良いかもしれません。

 

なお、飲食店の出世に関して詳しく知りたい方は飲食業界で出世して行くための働き方を参考にして頂ければ幸いです。

 

妥協した転職活動をしない

 

 

飲食業界に転職を考えている人でしたら、ブラック企業が飲食業界に多い事は知っていると思います。
全てとは言いませんが、個人店や中小規模の企業は、給料体系などが明確に定まっていない事もあります。そのため、ある程度の安定を重視するのでしたら、大手の企業を選ぶことをオススメします。

 

また、大手だからといってブラックじゃないという保証はありません。
ただ、大手の場合でしたらネットなどで事前に評判も調べる事ができますし、あまりに悪質な事をしていれば労基が動くはずなので、ある程度の労働環境は保証されています。

 

ただ、飲食業界の中にも探せば働きやすいホワイト寄りの企業も存在しますし、未経験でも就く事はできます。
そのため、人手不足の業界だからといって安易に求人に応募せずに、待遇の良い企業を探すように心掛けましょう。

 

飲食専門の転職エージェント:itk

 

エフジョブは、業界でも珍しい飲食専門の転職エージェントになります。
未経験者の方でも利用できますし、40代の方でも応募できる求人も扱っています。
また、扱っている求人の中には、通常の転職サイトではあまり掲載されない大手の有名企業も含まれます。

 

職種も接客以外にも豊富ですし、ブラック企業と思える求人は少ないです。
もし、飲食業界に転職する際のリスクを最小限に抑えて転職するのでしたら、飲食専門の転職エージェントであるitkを利用してみてはどうでしょうか?
興味がありましたら、下記のページで詳しく内容を説明しているので、興味がありましたら読んでみてください。

 

⇒フーズラボエージェントを利用して転職

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top