飲食業界で働きながら結婚できるか

飲食業界で働きながら結婚できるか

 

飲食業界で結婚するのは、難しいと聞くことがあります。

 

理由としては、休日が不安定であることと、勤めている店舗によっては深夜近くまで仕事がある事が挙げられます。

 

職場内の出会いに関しては少なからず存在しますが、アルバイトスタッフが多い店舗になると、なかな付き合いまでに発展する事は少ないかもしれません。

 

やはり、指示する立場と従う立場になると、それぞれ不平不満が溜まりやすいですし、仕事をする時間も限られていることから、社員同士のようにお互いを理解し合う事は難しいです。

 

ただし、その一方で店長とアルバイトスタッフが付き合っているという噂を沢山とは言いませんが、聞くこともあるので極端に可能性が低い訳でもないと思います。

 

恋愛まででしたら、本人の人柄や業務時の教育の上手さ、休憩中のフォロー、そして容姿次第によっては、難しいと感じない可能性もあります。

 

しかし、結婚となると年収、家族の時間、協力などが関わってくるので、やはり休日が少なく、給料が低い職場で働いていると難しいかもしれません。

 

どうしても、激務の職場で働いていると、付き合っている相手側も結婚後の生活に不安を感じてしまう可能性があるからです。

 

休日・残業時間に関しては企業によって変わってくる

飲食業界で働いていると、なかなか社外で出会いを探すことが難しいです。知人の紹介などは別ですが、やはり休日が平日になりやすい点が原因と言えます。

 

オフィス街の飲食店でしたら、平日と土曜日に出勤する事が多いので、日曜日と祝日が休めることもありますが、基本的には土日・祝日の出勤が求められる事が一般的です。

 

就業時間に関しては、飲食店によって変わりますが、ブラック企業だったり、人手不足の職場だと、朝早くから終電まで働かされることもあります。

 

そのため、飲食業界の店舗勤務は、通常の社会人と時間を合わせにくいので、社外での出会いの機会も減って行きますし、付き合えても時間を合わせ辛いといったデメリットがあります。

 

また、連続した休みが取りにくいので、遠出して出会いを探す事が難しいのも結婚しにくい原因かもしれません。

 

ただし、出会いの機会が少ない業界なのは事実ですが、それでも休日が全くないようなブラック企業ではないのでしたら、休日にどれだけ活動できるか、または職場の異性の割合次第の部分もあります。

 

そのため、あくまでも出会いが少なくなりやすい原因の説明であることを忘れないでくださいね。

 

給料が低く結婚できないのか

 

 

給料に関しては飲食店の仕事で給料を上げるにはで詳しく述べていますが、ブラック企業に勤めていたり、料理人の修業期間でもない限り、極端に給料が安い事は少ないです。

 

安いと思われがちなのは、人手不足の店舗が多い事から、40代、50代で職を失った方も受け入れる事がある事が挙げられます。

 

当たり前ですが、全く関係業種に転職するキャリアはリセットされるので、大幅に給料は削減されます。

 

そのため、年齢の割に給料が安い40代、50代の方がいらっしゃるのです。

 

逆に、20代の頃から経験を積み、複数の店舗管理や商品開発、企画などのスキルを持っていれば、マネージャーとして年収600〜800万円程稼ぐ方も結構いらっしゃいます(激務ですが)

 

そのため、適切な企業で真面目に働き続ければ、給料の低さで結婚できないという事はないと思います。

 

結婚相手との時間が合わない

休みの日程や生活の時間が合わない可能性は高いです。前述したように、勤めている飲食店の種類によっては深夜帰りが当たり前になる可能性もあります。

 

また、現場の仕事ではなくても、土日休みな場合は少ないです。

 

サラリーマンがメインターゲットなっているオフィス街の飲食店でしたら、土日の方が客が少ないこともありますが、基本的には定休日などは無いシフトで休むことの方が多いと思います。

 

そのため、結婚を考えるとお互い一緒に入られる時間に不安を感じてしまう方は多いかもしれません。
結婚をしている飲食勤務の男性に聞くと、起きている子どもの顔を見られないと嘆いていましたし…

 

ただ、これは飲食業界だけではなく、サービス業全般に言える点でもあります。また、使っている相手もシフト制で休日を柔軟に変えられるのでしたら、それ程大きな障害にならないかもしれません。

 

勤務時間や休日数を見直してみる

恋愛、そして結婚後のことを考えて、または実際に結婚した後に、自分、家族の時間を増やすために転職をする人も決して少なくない業界にないます。

 

一言で飲食業界といっても、深夜営業の有無、残業の長さ、定休日の有無、出世のしやすさと給料の違い…様々です。

 

そのため、自分の時間をもっと増やしと思っているのでしたら、飲食業界に特化した転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか?

 

求人からでは分からない職場の雰囲気、残業時間、離職率を事前に知れる可能性もありますし、条件に合った求人を紹介して貰いやすいので、効率的に転職活動です。

 

また、業界に特化している方が、優良企業の非公開求人も豊富です。

 

一度、今の職場よりも希望に合った職場がないか探してみても損は無いと思いますよ。

 

⇒飲食業界の正社員として働く事の将来性

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top