飲食業界で出世して行くための働き方

飲食業界に出世の進路と働き方

 

飲食業界における出世とは何か具体的に思い浮かぶでしょうか?

 

接客の仕事で経験を積んで、店長、そしてエリアマネージャーまで出世できれば良い方と考えている方は多いのではないでしょうか?

 

確かに一般的な飲食業界における出世の定番は上記になりますが、飲食業界には現場以外の仕事も多数あります。

 

キャリアアップに分類される職種

前述した、店長やエリアマネージャー以外にも、MD、商品企画、バイヤー、SV、商品開発など職種は様々あります。

 

勤めている企業によっては、存在しない職種もあったり、店長が兼任していることもありますが、大手の企業などで働くと、それなりに分かれています。

 

また、一概に飲食業界といっても、小売店として商品を売る販売を中心にしている事もあるので、経験の積み方によっても選択肢は変わってきます。

 

そのため、現在就いている職種によっては、簡単に就けないキャリアアップの職種もありますが、店舗運営をする店長やエリアマネージャーといった職種でしたら、他の職種にも応用が利きやすいです。

 

職種別の仕事内容

 

全ての職種になりませんが、下記は代表的な接客・店長以外の職種になります。
簡単な説明になりますが、飲食で働く上のキャリアアップの参考の一つにしてみてください。

 

MD(マーチャンダイザー)

仕事内容としては明確に決まっている訳ではありませんが、簡単に言えば複数の店舗の統括者としての立場になります。
店舗の企画や扱う商品の選定、売上の確認、売れ筋の料理・商品のデータを分析してマーケティング戦略を練ると仕事内容は幅広いです。
そのため、複数の職種の経験を積む必要があり、また出世を考える上では一つの終着点とも言えます。
仕事内容は、非常に忙しいですが、その分企業が経営する店舗を動かして行く立場になるんで非常にやりがいのある仕事とも言えます。
なお、個人店や店舗の少ない企業では職種自体が無い事もあります。

 

バイヤー

飲食業界におけるバイヤーの仕事は、料理に必要な食材の仕入れになります。
必要な食材を予算内で購入できるように価格交渉したり、在庫数を把握しなら発注作業する等が主な仕事になります。

 

新しい料理・商品を作る際は、料理人や企画、MD、SV等と相談して食材の選定を話し合ったりもします、必要なら海外に出張することもあります。
人気のある職種になるので、ポスト争いが激しいです。また、MD程ではないですが、料理や食品関して、ある程度の知識が求められます。そのため、ただ接客の仕事をしているだけでは就くのは難しく、積極的に商品を知識を自主的に獲得して行く必要もあります。

 

SV(スーパーバイザー)

エリアマネージャーとスーパーバイザーは同一になっている事も多く、仕事内容も似ています。
簡単に言えば、担当地域の店舗を巡回しながら料理・商品の指導、在庫管理、本社の情報の伝達、スタッフ教育の指導法の確認などになります。
MDは、SVの統括者といった立場と言った方が良いかもしれません(MDを置かない企業もありますが)。

 

現場の仕事は基本的にしませんが、店舗と本社の橋渡しとして役割を持つ中間管理職としての立場になるので激務になりがちですし、ストレスも溜まります。もちろん、忙しさは企業によっても異なるので一概に言えませんが、楽とは思わない方がいいです。

 

ただ、大手の企業で出世していく事を考えると避けては通れない道ですし、将来的にずっと現場で働き続ける事を避けたいと思っているのでしたら、挑まざる得ない役職とも言えます。

 

なお、待遇が良い大手企業になれば、役職の名称は異なることもありますが(店舗管理者など)、年収600万円〜800万円程になる事もあります。

 

転職も考えながら働く

 
 
将来を見据えて飲食業界で働くのでしたら、今の企業で出世していけるか考えながら働く事が大切です。
企業によっては、店長を一つの役職として手厚い待遇で受け入れて貰えることもあれば、逆に名ばかりの店長として一般の社員と同額の賃金、酷いと残業代が貰えず、一般の社員よりも給料が下がる事もあります。
前者の企業で働いているのでしたら良いですが、後者の企業で働いていても将来性はありません。仮に出世しても、給料が増えない可能性があります。

 

そのため、飲食業界で働きながらも、『今の企業で出世できるのか?』、『出世しても給料増えて行くのか?』を考えましょう。
そして、もし将来性がないと感じたら、今の職歴とスキルでもっと待遇の良い企業に転職できないか検討してみましょう。

 

ただ、働きながら転職活動するのは非常に手間が掛かりますし、待遇が良い求人を探すのは難しいです。

 

そのため、働きながら転職活動をするのでしたら、通常の転職サイトだけではなく、飲食専門の転職エージェント等を活用して、ブラックではないホワイト寄りの待遇の良い企業の求人を紹介して貰う事をオススメします。

 

⇒フーズラボエージェントを利用して転職

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top