飲食業界の正社員として働く事の将来性

飲食業界の将来性と働き方

 

飲食業界は、業界の中でも企業の乱立は最大規模と言えます。

 

理由としては、『個人が起業しやすい』、『海外の企業が進出』、『需要が絶対に無くならない』など様々です。

 

時代ごとのトレンドを把握すれば、一気に企業を大きくする事ができるのも魅力的と言えます。

 

一方で、チャンスが多く、参入する事業者が多いという事は、ブラック企業も多いという事です。

 

参入の敷地が低く、起業しやすいという事は経営ノウハウを知らない事業者も多いです。

 

また、競争率も非常に高いので、少しでも利益を得るために、人件費といったコスト面を締め付ける企業も非常に多いです。

 

これは、個人店の飲食店から全国展開している外食企業全てにあてはまります。

 

そのため、飲食業界で働く事を考えているなら、接客、管理者、料理人問わずに、社員を利益を稼ぐための使い捨ての駒のように扱う企業に就職・転職しないよう、慎重に職場を選ぶことが求められます。

 

飲食業界の給料は低いのか

 

一部の大手ブラック企業や個人店の飲食店になると、仕事の割に合わない低い給料の場合もあります。

 

一方で、ブラックではない全国に出店している飲食企業のマネージャーなどになれば、勤続年数次第では年収700〜800万円稼ぐ事も出来ます。

 

また、上場しているような大手の飲食企業が経営している飲食店なら、休日や福利厚生の面もそれなりに充実しているのでメリットは多いと言えます。

 

他にも、外食ベンチャー企業に就職して、素早く出世していくという選択肢もあります。

 

もちろん、しっかりと成長して行く外食ベンチャー企業を選ぶ必要があります。

 

結果を出す必要がありますが、成長企業になるので、役職も企業の成長と共に増えるので、出世しやすいと言えます。

 

注意点としてはベンチャー企業は失敗するリスクもありますし、上手く行っていても仕事は激務になりやすいです。

 

しかし、忙しさに見合った給料を貰う事はできます。

 

また、個人店や地域密着で複数の店舗を持っている企業でも、人を集めるために高い給料設定にしている事は意外に見かけます。

 

ただ、飲食業界で給料が高く、それでいて接客ではない店長、エリアマネージャー、スーパーバイザー、マーチャンダイザーなどになると人気が高いので、求人を探すには少し苦労するかもしれません(オススメの探し方については後述します)。

 

注意して欲しいのは、前述したように大手の企業の中にも、利益主義に走っている企業も存在するので、一概に大手の大企業だから安心だろうとは思わないことです。

 

入社する前に、しっかりとネットや面接でキャリアプランが明確化、給料は上がって行くのか確認する事をオススメします。給料がしっかりと上がって行く場合は、求人で明確に述べている事が多いです。

 

飲食業界は福利厚生が整っていないのか

 

飲食業界は、サービス業に分類されます。例え現場の仕事ではなくても、多かれ少なかれ関わる事が多いので、休日は不定期になりやすいです。

 

ただ、給料を多少下げても良いと妥協でき、企業の選別も入念にすれば週休2回制(探せば完全週休2日制も見つかります)の企業や残業代が全額支給されるような職場で働く事も可能です。

 

大手企業の代表例で言えば、はなまるうどん、富士そばなどになりますね(変わっていたらすみません)。

 

安易な転職などをせずに、入念に探せば、それなりに働きやすい企業は大手にも中小企業は見つかりますし、転職する事も可能です。

 

社員として働き続ける事に将来性はあるのか

 

少子高齢化が進んでいるからといって、衣食住の食を担う飲食業界が成り立たなくなる事はないと言えます。

 

また、人手不足になりやすい業界でもあるので、経験とスキルを積んだ方は重宝されやすいです。

 

特に現場の指揮が上手かったり、複数の店舗を管理できる方となれば、企業を選べば好待遇で迎えられます。

 

定年まで働けるのかと問われると、勤めている企業、そして就いている職種によっても変わってくるので一概に返答する事はできません。

 

ただ、基本的にデスクワークの仕事ではないので、それなりの体力を使う仕事ではあります(定年前になったら体力面の不安から本社の事務職に異動させられるケースもありますが)。

 

また、出世していき、本社の課長や部長、役員まで出世を目指すといった選択肢もあります(実力だけではなく運も必要になりますが)。

 

飲食業界の優良企業に就職する事が出来れば、定年までのキャリアパスがある程度整っていることもあるので、そのような職場に就職することができれば、比較的に安心して働けるかもしれません。

 

どちらにしろ、あなたがどのように飲食起業の社員として働いて行くか問わず、社員を使い捨てるようなブラック企業では絶対に働き続けないようにしましょう。ただ、これに関しては飲食業界だけではなく、全ての業界にあてはまる事になります。

 

飲食業界で定年まで働く事は出来ますし、社員として働く上で将来性もあります。

 

しかし、企業に将来性があるかどうかは、企業次第です。

 

そのため、業界問わずに定年まで働けられる企業かを慎重に考えて選び、時には転職を決意する事が大切です。

 

待遇のよい飲食企業に働く方法

 

私のオススメとしては、飲食業界専門の転職エージェントを利用することです。

 

通常の転職サイトの場合ですと、高いお金を出せばブラック企業でも検索上位に求人を出す事ができます。利用しない方が良いとまで言いませんが、リスクは高いのでネットの情報や面接などで入念に調査する手間が掛かります。

 

一方で飲食専門の転職エージェントとでしたら、事前に転職エージェント側がブラック企業かどうかチェックしてくれる事が多いので、リスクが下がります。

 

また、飲食専門になるので接客以外にも、レア求人であるマーチャンダイザー、スーパーバイザー、店長、店舗管理者といった待遇の良い求人も多いです。

 

通常の転職サイトには掲載されていないような大手の有名企業の非公開求人を取り扱っている事もあります。

 

それなりの、職歴とスキルがないと紹介して貰えない可能性もありますが、転職エージェントは基本的に登録料からサービスまで全て無料で受けられます。

 

飲食業界に特化した転職エージェント:フーズラボエージェント

 

 

・5年、10年先を見据えて働いて行きたい
・店長、料理長以上の役職として働いて行ける飲食企業で働きたい
・本社の役職を目指して働きたい
・就職・転職前に企業の内情を詳しく知っておきたい
・自分の時間を増やしたい
・高年収目指せる職場で働きたい
・週休2日は欲しい

 

上記のような希望を抱えているのでしたら、外食産業・飲食業界に特化した転職エージェントフーズラボエージェントの利用をオススメします。

 

飲食業界に特化した転職エージェントの中では、歴史浅いですが、その代わりに非常にアグレッシブにサポートをしてくれますし、親身なって相談してくれます。

 

そのため、転職相談実績も年間1000名以上と信頼できる数字を出しています。

 

扱っている求人の業態や職種に関しても非常に豊富なので、飲食点で働いている人から未経験者でも利用する事ができす。

 

業界の知識が豊富なスタッフが多いので、相談もしやすいですし、他の転職サイトや転職エージェントには掲載されていないような飲食店の求人も扱っています。

 

就職・転職絵支援も求人の紹介だけではなく、応募書類・面接のアドバイスから条件の交渉のための面接同行までトータルにサポートしてくれます。

 

無料で利用することができるので、就職・転職を検討している人は利用を検討してみてください。

 

注意点としては、東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県に限定されているので利用する際は注意してください。

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top