飲食店の人間関係によるストレスで辞めたい

飲食店の人間関係によるストレスで辞めたい方へ

 

飲食店の正社員を辞めたいと考えている人で多いのが、人間関係によるストレスになります。

 

賃金の待遇面や長時間労働と同じくらい、人間関係のストレスで辞める人が多いと言っても過言ではないと思います(実際は、待遇面や長時間労働も合わさった上でだと思いますが)。

 

飲食店は人間関係が悪化しやすいのか

基本的に飲食店は人件費を抑えながら店を回そうとするので、少数精鋭になりやすいです。

 

そのため、1人のミスが他のスタッフに重く圧し掛かる上に、料理の提供までの時間が伸びると、クレームに繋がることもあります。

 

そのため、仕事ができるようになる前に、周りに迷惑を掛けて、居づらくなったり、一部の人から反感をかって、人間関係が悪くなるケースは少なくないです。

 

また、人間関係が悪くなった人と同じシフトだと、どうしても一緒に仕事をする事になるので、より気まずく感じるとも言えます。

 

店長の場合でも、本社の人間、パートやアルバイト、そしてお客様の接客……と人間関係が多いので、非常にストレスになります。

 

しかも、雇われ店長からしたら、本来アルバイトやパートよりも立場が上だったとしても、辞められては職場を回せなくなるので、案外アルバイトやパートにも強く出れないのが、よりストレスが溜まる原因と言えるかもしれません。

 

逆に言えば、すぐに辞められるアルバイトやパートと違って、正社員として働く場合は、とにかく人間関係を良好に保てるかが、長期的に働く上で大切な点と言えるかもしれません。

 

一方で一度悪化してしまったら、なかなか働き続けることは難しいかもしれません。

 

人間関係のストレスで辞めるのは甘えなのか

人間関係を辞める理由にするのは、賛否両論ありますが、結局は状況とあなたのストレス耐性次第と言えます。

 

イジメやパワハラがあるような職場でしたら、人間関係の問題を悩む前に、身を守るために転職した方がいいでしょう。

 

一方で怒りっぽい人や、必要最低限以外の会話は無視されるといった人間関係の悩みとなると、あなたが耐えられるかどうかになります。

 

どうでもいいと思える人もいれば、耐えられないと言う人もいます。前者の人からしたら、職場で自分だけ会話に交えて貰えなかったり、素っ気ない態度を取られてもダメージなどありませんが、後者の人ならストレスが非常に掛かると言えます。

 

この辺りは本人次第なので、周りからの言葉は参考程度にして、あなたが耐えられるかどうかを転職するかどうか基準にするべきと言えます。

 

ただし、転職するとなると、転職に費やす時間や、他業界に転職した場合の待遇の低下などのリスクを覚悟する必要もあります。

 

その点のメリットとデメリットも考えた上で、転職するかどうか決めてくださいね。

 

私個人の意見になりますが、周りからの甘え等の意見に左右され過ぎないことも大切です。

 

嫌な事があってすぐに辞めることを推薦はしませんが、周りが耐えられても、自分には絶対に耐えれないこともあるはずです。

 

それは、人間関係の悩みを度外視すれば、多くの人が自分だけの耐えられないものを何か持っている事の方が多いはずです。

 

そのため、周りが大丈夫だから、自分がおかしい、甘えているだけ……と思っていると、ストレスで鬱になったりするリスクもあるので注意しましょう。

 

人間関係の良好な職場の探し方

残念ながら個人の性格の不一致も考えると、絶対に人間関係を良好にできる職場を見極めることはできません。

 

ただし、待遇が良い飲食店の方が、働いている従業員の余裕もあります。

 

また、大手でしたら、店長のパワハラやイジメがあっても、本社に報告すれば、何らかの対応をしてくれる可能性はあります。

 

本社としても、店長に問題があって、あなただけではなく、他の従業員も一斉に辞める事態になれば、店舗経営ができなくなるからです。

 

そのため、リスクを避けるなら、慎重に待遇の良い飲食店を選び、大手寄りの飲食店を選ぶことをオススメします。

 

個人店の場合だと、店長兼オーナーも珍しくなく、その人との相性が悪かったり、パワハラしてくる人物だと、大手と違って配置換えもないので、地獄と化します。

 

そうなると、逃げる以外の選択は無くなると言えます。

 

飲食店の就職・転職先は慎重に、そして安心して働ける職場を選んで応募するようにしましょう。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top