飲食店の正社員の仕事は楽か

飲食店の正社員の仕事は楽なのか

 

ブラックなイメージが付きまといがちで、就職・転職しやすいイメージもある飲食店の正社員になりますが、仕事自体は楽なのか、どの辺りが大変なのか。

 

イメージだけではなく、本当のことを知った上で、就職・転職するか決めたいと思っている人もいらっしゃると思います。

 

飲食店次第と言ってしまうと、それまでなので、あくまでも私の個人的な体験を元に述べて行きたいと思います。

 

覚えることは多くない

料理人や1流ホテルのレストランなどの、料理を説明したり、マナーを徹底するような職場は別ですが、チェーン店だったり、居酒屋系の飲食店なら、覚える仕事量は多くありません。

 

チェーン店の場合でしたら、アルバイトやパートにも任せる仕事になるので、とにかくマニュアルを整えて、未経験者が即戦力になれるようにしているので、仕事自体は覚えやすいようになっているのです。

 

ただし、正社員になると、料理人を雇っている飲食店は別として、チェーン店などは正社員の従業員がキッチンとホール両方をカバーすることになるので、最初に覚える量は少し多いと言えるかもしれません。

 

それでも、アルバイトに任せるような調理は、ほとんどが料理をしてくれる機械を扱うだけなので、覚えること自体は、それ程難しくないと思います。

 

どちらかと言えば、どれだけ効率良く、ホールとキッチンを回すかが重要になると言えるかもしれません。

 

それよりも店舗内を歩き回る体力勝負の面が辛いと言えるかもしれません。ただし、体力勝負なのも慣れでどうにでもなるケースがほとんどです。

店長になると仕事は難しくなるのか

仕事が難しくなるというよりも、仕事量が大幅に増えます。

 

現場の仕事は勿論ですが、食材の発注、シフトの作成、店長会議の準備、出席、キャンペーンの研修、アルバイト、パートの採用……マニュアルが整備されている大手の場合でしたら、一つ一つの仕事が難しいという訳ではないのですが、限られた勤務時間の中で全てこなしていくのは、やはり簡単ではありません。

 

だからこそ、飲食店の店長は長時間労働になりやすいと言われるのです。

 

また、飲食店の忙しさは日によっても違いますし、アルバイトやパートの数が足りているかどうかでも変わります。

 

そのため、なかなか予定通りに行かない事も覚悟する必要がると言えます。

楽だと感じる人とは

実際に店長として働いている人に聞くと、デスクワークの仕事が合わない人にとっては、やはり飲食店の店長の仕事の方が楽……と述べていました。

 

デスクワークの仕事もなくはないのですが、やはりメインはピーク時に現場を指揮して、乗り切ることです。

 

そのためには、店長が特に体を動かしてサポートしていく必要があります。

 

飲食店の体力消耗は慣れでどうにでもなる事が多いですが、楽と感じるには、体を動かして働く方が精神的に楽だ……という気持ちがあるかどうかが大切と言えるかもしれません。

 

※高級レストランなどでは私は働いた事が無いので、そちら方面に関しては参考にならないのと思うので注意してくださいね(私が働いた事があるのは、大手のチェーン店や居酒屋などになります)。

 

少しでも仕事が楽な飲食店で働きたい人へ

少しでも楽な職場で働きたいというのが本音だと思います。

 

仕事を覚えるという点で楽をしたいのでしたら、やはりマニュアルが整っている大手の飲食店がオススメです。

 

ただし、仕事の忙しさという点に関しては、楽ということは無いので勘違いしないでくださいね。

 

また、チェーン店で働くとなると、将来的にはほぼ確実に店長として働く事になると思います。

 

そうなると、仕事の忙しさもありますが、それ以上にアルバイトやパートの管理だったり、エリアマネージャーから小言など、人間関係の面で疲労する事が増えると思います。

 

人間関係の悩みに関しては、どの企業でも多かれ少なかれ発生しますが、店長まで出世は、早いことが多いので、社会人経験が浅い状態で、面倒な中間管理職として働かされる覚悟も持つ必要があると言えるかもしれません。

 

逆に言えば、出世しやすいのがメリットと言えるかもしれません。

 

飲食業界は給料が安いと思うかもしれませんが、勤続年数をしっかりと重ねて、出世していけばサラリーマンの平均年収か、それ以上になることも珍しくありません。

 

ただし、ブラック企業の飲食店に就職すると給料は低いですし、他業界からの中途だと給料が上がるまでに時間が掛かるといった注意点もあります。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に就職・転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top