家族から飲食店への就職を止められている

家族から飲食店への就職を止められている

 

飲食店の正社員として、店長やエリアマネージャーを目指して働こうと思っている人の中には、家族や友人、または彼女から止められて困っている人もいらっしゃるかもしれません。

 

おそらくですが、やはり飲食業界にブラックなイメージを抱えている人が多い事が原因だと思います。

 

正直に言えば、飲食業界で働くなら、相応の覚悟を持った方が良いのも事実です。

 

就職することはそれ程難しくない業界ですが、一方で接客業の店長として仕事をすることは、基本的に体力勝負の仕事になります。

 

しかも、職場のスタッフとも連携して働く必要があるので、人間関係も大切になるので、意外に精神面でも消耗する可能性もあります。

 

逆に後者の人間関係の問題が無い職場でしたら、体力勝負にだけになりやすいので、体育会系寄りの人や考えるよりも体を動かす事が好きな人には向いているかもしれません。

 

逆に当然ですが、デスクワーク寄りの仕事がしたい人にはオススメしにくい仕事になります。

 

将来性はあるのか

大手の飲食店でしたら、絶対ではありませんが、簡単に倒産することは少ないと思います。

 

また、飲食業界は比較的に同業他社の転職もしやいですし、年齢によって落とされることも少ないのでリスクが少ない業界とも言えます。

 

特に離職率が高い業界とも言えるので、店長経験やエリアマネージャー経験のある人でしたら、それ程待遇を落とさずに転職する事も出来ると思います。

 

衣食住の食になるので、需要の変動はありますが、需要が全くなくなることがないという点では、将来性の話はそれ程する必要が無いとも言えます。

 

大切なのは、将来性のある飲食企業で働けるかどうかという点になるかもしれません。

 

待遇の悪い飲食店では働かない

あなたの親や友人が心配するように、待遇の悪い飲食店も多いです。また、休日数が少なかったり、サービス残業があるようなブラック企業もあります。

 

大切なのは、そのような飲食店に就職しないようする事です。

 

最近は、人手不足から賃金を上げたり、休みやすい環境を作っている飲食店も少しずつですが増えています。

 

また、ホワイト企業を目指しているような飲食店もあります。

 

ネットの発達などでブラックである事が消費者の足を遠ざからせることも企業側が理解し始めていることも理由として挙げられるかもしれません。

 

ただ、それでも業績の悪い企業だ、どうしようもない事から人件費を削っていることも珍しくないので注意しましょう。

 

求人サイトなどで探すことはオススメしない

既に働きたい飲食店が決まっているのでしたら別ですが、まだ決まっていないのでしたら、求人サイトを利用するのではなく、飲食業界に特化しているような転職エージェントを利用すると良いと思います。

 

一言で飲食業界といっても業態・職種も多様です。

 

そして求人数も膨大にあります。その中から、穴の他希望の業態・職種を選び、親を安心させることができる待遇の良い飲食店を探すの非常に時間が掛かりますし、見落としもあります。

 

また、求人が必ずしも正確ではないというリスクもあります。更に言えば、総合求人サイトの場合は幅広い業界の求人を扱っていて、不特定多数の人が見るので、志望度が低い人も応募します。

 

そのため、本当に飲食店で働きたいと思っている人だけを採用したいような飲食店は、総合求人サイトなどに求人を掲載せずに、飲食業界に特化した転職エージェントに求人の依頼をしていることも珍しくありません。

 

そして、転職エージェントでしたら、あなの希望に合った業態、職種、そして待遇の求人を厳選して紹介してくれるので、効率良く就職活動する事が出来ます。

 

その上で、求人同士を比較してみて、あなたが一番惹かれる求人応募して選考を受けてみてはどうでしょうか?

 

⇒飲食店のホワイト企業に就職・転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top