料理人は沢山の飲食店で経験を積むべきなのか

料理人は沢山の飲食店で経験を積むべきなのか

 

調理師の方のキャリアプランは人によっても違うと思います。

 

キャリアアップしていき、有名店の料理長になりたい。または、店は小さくても独立して個人店を出したい。

 

他にも、大手の外食企業の商品開発を手掛けたりする人もいらっしゃると思います。

 

しかし、どのような道を選んでいくかで、求められる事にある共通点があります。

 

それは、やはり料理人としての技術になります。その上でコミュニケーション能力、マネジメント能力があるかどうかで、料理長や独立、商品開発などで活躍していけると私は思っています。

 

⇒料理長として働くためには

 

そのためには、一つの飲食店で働くのではなく、複数の飲食店で働いて、料理のジャンルを増やしたり、本場の味などを覚えることも大切と言えます。

 

一方で、一つの飲食店で修業を積むことが悪いのかと言われたら、そのような訳でもないと思います。

 

あなたの目的、ジャンルなども考慮して選び取っていくとよいと思います。

 

料理人の転職率は高い

料理人の転職率は高い傾向があります。

 

私の知り合いの料理人もほとんど転職経験者です。

 

ただし、この場合の転職とは、同業他社の転職になります。知り合いの飲食店、海外に修行するためなどになります。

 

必ずしもネガティブな理由による転職ばかりではありません。

 

むしろ、自分を成長させるためだったり、キャリアアップを目指した転職も少なくないと思います。

 

そのため、転職率が高いことからブラック企業ばかりとは思わなくてもよいと思います。もちろん…ブラック企業もあるので、転職する際は注意する必要があるのは事実ですが。

 

ただし、転職する場合は成長などが理由になるので、今の職場で一定の技術を身に着けていることが前提になります。

 

そうしないと、より自分の糧とできる職場に就職することは難しいと思います。

 

仮に就職したい飲食店に採用されても、技術不足で見習に近い立場からのスタートになる可能性もあります。

 

料理人の求人を見ると分かると思いますが、年収または給料の幅が広いことが分かると思います。

 

これは、経験や技術によっても任せられることが変ってくることが理由になっていることが多いです。

 

また、転職する際は、前職の職場に迷惑を掛けないことも大切です。あなたが思っている以上に飲食業界…特に料理人のコミュニティは狭いので、迷惑を掛けていると噂が流れることもあります。

 

実際に、知り合いの紹介などで転職先を決める人も多いので、料理人のコミュニティを軽視しないようにしましょう。

 

自分のキャリアパスをしっかりと考えて働く

純粋に腕を磨く事も大切ですが、独立して働くなら料理の腕以外にも経営能力なども大切になります。

 

独立する際のの土地選び、一緒に働く従業員の確保、仕入先、店内のレイアウト、予算管理…やるべき事を挙げれば切りがありません。

 

そういった面も勉強できる職場を選んだり、独立する際にサポートしてくれるような職場だったり、人を探すことも考えた方が、将来的に困ることも少なくなると思います。

 

また、出世して行く場合はも、既に料理人として出世していきたい職場があるのでしたら、早めに就職しておいた方が良いケースもあれば、海外に修行を積んで腕を磨いた方が良い場合もあります。

 

そのような点もしっかりと、確認しておくことは非常に大切です。

 

料理人の転職率は確かに珍しくありませんが、闇雲に転職したり、待遇の良し悪しだけに振り回された転職をしていると、あまり益にならない職歴だけを重ねることになりかねません。

 

もちろん、ブラック企業に就職してしまって、待遇の改善を狙って転職するのもよいと思いますが、それに料理人としてどのように働いて行くかも考えた上で転職活動をするとよいと思います。

 

⇒料理人にオススメの転職エージェント

 

注意点としては、見習期間はどうしてもブラック寄りの待遇になってしまいやすいので、経験や技術面のメリットと将来性なども考慮した上で、ある程度技術を身に着けられるまで耐えた方がよいこともあるので注意してくださいね。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top