料理長として働くためには

料理長として働くために努力すべき事とは

 

料理長として働いている人の中には、将来的に料理長として働きたいと思っている人もいらっしゃると思います。

 

しかし、調理長は基本的に、厨房に1人しか配置されないので、出世するのはなかなか難しいのも事実です。

 

実際に、求人などを探しても料理長を募集している求人を探すのは難しいですし、あったとしても待遇がブラックなものが多いのではないでしょうか?

 

これは当たり前とも言えます。

 

料理長は、他の調理師の指示、味付けなどは勿論ですが、季節にあったメニューの開発、教育、仕入れ、予算管理など、厨房の仕事だけではなく、店長などと相談して話を進める内容もあります。

 

そのため、外部から雇った人をすぐに料理長として働かせることは非常に稀です。

 

したがって、簡単に料理長になることはできません。

 

ただ、チャンスを貰うことはできます。

 

求人に掲載されているのは料理長候補・副料理長

料理長になるために転職する場合は、料理長候補や副料料理長の求人に応募して、認めて貰うのが一つの方法になります。

 

また、どうしても料理長として働きたい職場が決まっているのでしたら、一般の調理師から認めて貰えるように努力するしかありません。

 

ただ、どちらにしろ料理人としての腕や経験、そして管理者としての能力がないとキャリアをアップすることは難しいと思った方が良いと思います。

 

そのため、料理長になるために、いくつかの飲食店で働いたり、海外で経験を積むなどをした方が良いと思います。

 

特に知名度の高いレストランなどで働きたいと思っているなら尚更です。

 

また、横の繋がりで料理長を頼まれたりすることも決して珍しくありませんし、むしろ有名店の場合は紹介で働ける方が多いかもしれません。

 

そのため、横の繋がりも大切にしながら、信頼されるような働き方をしましょう。

 

理不尽な料理長にはならにようしましょう

料理長になると、厨房の指揮を執り、後輩の育成も業務もなります。

 

その際に、言葉が乱暴になってしまったりすることも珍しくありません。特に忙しい場合は尚更です。

 

ただ、度を超した理不尽な怒り方をしたり、仕事とは関係ない暴言をしたりするとパワハラになることもあります。

 

訴えられることはなくても、耐えられずに辞めて行く可能性もあります。実際に私が働いていた飲食店では、料理長が非常に厳しい上に、言葉遣いも酷かったことから、辞めて行く料理人も少なくありませんでしたら。

 

厳しくするならと言いませんが、仕事後のフォローをしたりといった心の余裕を持てる人物になっておくことをオススメします。

 

結局は、人が去っていけば、そのシワ寄せは料理長にもきます。

 

料理長として働くなら、職場の雰囲気を悪くしないコミュニケーション能力も大切だと思って、経験を積んでいく中で身に着けるように意識するとよいと思います。

 

また、料理人同士の横のつながりで、職場を紹介されたりすることもあるので、決して無駄になる事はありません。

 

逆に、意外に飲食業界内は狭いので、悪い噂は広がりやすいので注意しましょう。

 

料理長を続けるのには覚悟がいる

 

有名店の料理長になると、年収は非常に高くなります。一方で基本的に、度の飲食店の料理長も業務は激務になります。また、上から指揮する立場になるので、上手く立ち回っても怖がられたり、不満を与えてしまう事も少なくありません。

 

そのため、体力面は勿論ですが、メンタルの強さも必要になると言えるかもしれません。

 

また、料理の味付けや新メニューの責任なども負うことになるので、負担も重いと思います。

 

やりがいは非常にある仕事になりますが、相応の覚悟求められる職種と言えます。

 

そのため、料理長になる前に、しっかりと自分に自信が持てる経験を積んでおくとよいと思います。

 

料理長になるための転職活動

横の繋がりなどで紹介して貰う事が難しいのでしたら、飲食業界に特化した転職エージェントを利用して求人を探しましょう。

 

料理長をできるような人材は人手不足です。

 

一方で、飲食店の味を決める人にもなるので、ブラック企業を除けば、そう簡単には採用して貰うことはできません。

 

そのため、一般の転職サイトを利用して求人を探すのは効率が悪いです。

 

飲食業界に特化した転職エージェントを利用して、あなたの経歴や希望に近い求人を、プロに厳選して貰った上で紹介して貰った方が効率がいいと思います。

 

また、転職エージェンでしたら、非公開求人も豊富なので、あなたの希望を超える求人と出会える可能性もあります。

 

スタッフも業界の知識が豊富な人が多いので、面談で相談することもできますし、応募書類の添削や面接のアドバイスを貰う事も出来ます。

 

もし、本気で料理長に転職することを考えているのでしたら、利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

⇒料理人にオススメの飲食業界に特化した転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top