独立開業をするために飲食店で働く

独立開業を視野にいれて飲食店で働く

 

将来的に独立を目指しているのでしたら、独立支援をしてくれる飲食店で働くのも一つの手段です。

 

一言で独立を目指すといっても、シェフとして自分の店を持つために独立するのか、オーナーとして裏方やマネジメント、接客を中心にしていくのかでも変わってきます。

 

シェフとして独立を目指すのでしたら、やはり修行する飲食店で経験を積むことで、将来的にのれん分けをして貰ったり、食材の仲介会社と知り合いになれるといったメリットを受けられる可能性があるのが大きいと言えます。

 

また、飲食店によっては、チェーン店ではなくても、将来的に独立できるように、経営のマネジメントや開業する上で土地の選び方なども教えてくれる環境を整えてくれていることもあります。

 

一方で料理ができないと独立開業できないのかと言われると、そういう訳ではありません。

 

ただ、そのために優秀な料理人を雇うことができる資本力を持っているかどうかが大切になります。

 

または、フランチャイズに加入して独立開業する方法もあります。

 

飲食店の独立支援制度とは

 

 

独立支援制度は、就職する飲食店・企業によっても変わってきます。

 

フランチャイズの場合でしたら、加盟店のブランド、ノウハウ、そして本部からのサポートがあることが多く、比較的に迷わずに独立開業することができます(フランチャイズによって人材ノヘルプなども出してくれることがあるようです)。

 

一方で加盟金、ロイヤリティの支払ないなどがあるので、メリットばかりではないことも理解しておきましょう。

 

なお、フランチャイズの飲食店を独立開業するなら、その飲食店に就職して、経験積むことで独立制度を利用する事が多いです(フランチャイズによって条件も支援内容も変わるので注意は必要です)。

 

フランチャイズなどに加入せずに独立開業を目指す場合だと、大手か個人店に近い経営をしている飲食店のどちらが良いか悩むと思います。

 

どちらにもメリットとデメリットはあります。

 

大手だからといってマニュアル通りの調理や接客ばかりしている訳ではないので、個人店や地元密着型の飲食店の方が良いという事はありません。

 

大手の場合でしたら、どのような場所に店舗を開業しているのか等の戦略などを知る事ができます。

 

個人店の場合でしたら、地元の仲介業者や個人店だかこそのマネジメント方法などを知ることができると思います。

 

将来的に、どのように独立開業するのかを考えながら選ぶとよいと思います。

 

なお、当たり前ですが、独立支援制度があるかどうか、どのような内容なのか求人、そして面接時に確認することは忘れないでくださいね。

 

※ここで記載していることは、あくまでも私の個人的に調べた範囲内になるので、もし独立開業する事を考えて働くなら、自己責任で職場を選ぶようにしてください。

 

⇒独立支援制度のある飲食店の求人が探せる転職エージェント

 

シェフが独立開業を目指す場合の注意点

料理を作る事と経営は全く違います。

 

どれだけ美味しい料理を作る事ができても、お客が足を運んでくれなければ意味がありません。

 

また、大きな店舗になる程に人の管理も大切になりますし、従業員の採用も慎重になる必要があります。

 

最近は、ネットの評判などで料理が美味しくても、接客などでミスが起こると、一気に評価が悪くなって、客足が遠のくこともあります。

 

他にも価格設定、コスト面の節約、周辺地域のPR…料理以外にするべき事は沢山あります。

 

そのため、美味しい料理を作ることに力を注ぎ、評価されたいのでしたら、開業などを目指さない方が良い事もあります。

 

それよりも勤めている飲食店が、新しい店舗を開業する際などに、オーナー等と一緒についていって料理長等への役職へ出世を目指していった方が、将来的に職に困る事もなく、年収も上げて行くことができるかもしれません。

 

自分の店を持って、自分の料理を提供したい…という気持ちを持つシェフは多いですが、それを実践するのは非常に難しく、リスクも高いことは覚悟すべきです。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top