飲食店は長時間労働を避けることができないのか

飲食店は長時間労働を避けることができないのか

 

飲食店の社員の勤務時間は、長時間労働が当たり前という風潮があると思います。全ての飲食店という訳ではありませんが、基本的に仕事帰りのサラリーマンや休日の家族連れを集客して売上を上げている飲食店になると、営業時間は遅くなりがちになります。

 

居酒屋などになると、深夜まで営業している職場も少なくありません。

 

シフト管理がしっかりとされていれば、営業時間が長くても、長時間労働になりませんが、残念ながら人手不足の飲食店になると、労働時間が8時間を超える事が当たり前になってきますし、休憩時間も上手く取れない事も多いです。

 

また、人手があっても、急に従業員が出勤できなくなったり、ヘルプがこれなくなると、残業せざる得なくなる事もあります。

 

加えて言えば、飲食店の繁盛次第で、閉店するための準備も変わってきます。

 

そのため、正社員として働くのでしたら、ある程度の残業を覚悟する必要があると言えます。

 

サービス残業のない飲食店で働く

 

 

残業になると、割増賃金が発生するので、企業側としては人件費の負担が重くなります。また、社員の疲労や不満も蓄積されるので、人手不足の原因になることから、優良な飲食店でしたら、避けられない残業を除いては、シフト通りに帰宅させようとするのが一般的と言えます。

 

ただ、ブラックな飲食店になると、残業代を支払わずに従業員を酷使することもあります。短期的な利益を目的としていることから、辞められたら新しい人材を補充してギリギリの人数で営業できれば良い…残念ながらそのような飲食店もあります。

 

そのため、長時間労働の頻度が高い飲食店を避けるのでしたら、時間外労働に応じで全額残業代が支払われる飲食店で働くようにしてください。

 

そのような飲食店でしたら、無理な残業が求められる環境ではない可能性が高いです。

 

ただ、飲食店によっては、店長に対して、残業代は全額支払うけど、長時間労働も我慢して…といったスタイルを取っている事もあります。もしくは、残業代は固定だけど、給料が水準をかなり高い場合もあります。

 

実際に私も、そのような飲食店で働いていた事があります。

 

第三者からの視点になりますが、その店長は激務の代わり、ブランドの服、アクセサリー、そして高級車に載っていました(苦笑)

 

この辺りは、人によっても良し悪しが変わって来るので、あなた自身の判断で選ぶか否か決めると良いと思います。

 

将来を見越して働く

 

 

始めから休日・福利厚生が整っていて、長時間労働も少ない飲食店に拘るのも良いと思います。

 

逆に、ベンチャー企業に入社して、激務の代わりい、成果に見合った役職と給料を若い内から貰うのも一つの選択肢です。

 

飲食業界は、同業他社への転職も難しくないので、若い内に経験を積み、役職を得てから、大手のホワイトで有名な飲食店に転職して、好待遇で迎えて貰う手段を取るのも良いと思います。

 

絶対に避けたいのは、体を壊したり、鬱になる程の違法な長時間労働を課したり、仕事の忙しさに見合わない給料水準だったり、出世の見通しのない飲食店にしがみつく事です。

 

ブラックな飲食店に最初に入社すると、その飲食店が飲食業界の基準になりやすいですが、一度他の飲食店とも比較してみる事をオススメします。

 

飲食業界は、人手不足が常態化しているので、熱意があれば、それなりに働きやすい飲食店に転職する事は難しくありません。

 

むしろ、大切なのはブラック企業に転職しない転職活動をする事とも言えます。

 

⇒優良な飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top