アルバイトを会社都合でシフトに勝手に入れる

アルバイトを会社都合でシフトに勝手に入れられる

 

アルバイトの4人に1人が会社側の都合でシフトを勝手に入れられているとされています。
学生の場合、勝手にシフトを入れられた場合は、講義と重なる可能性も増えてきます。
大学の講義が終わった後の時間でしたら、出勤することはできますが、それでも本来の予定が狂ったり、大学のレポートを作成する時間が減ったりなどします。
また、試験が迫っている週でしたら、学業に与えるダメージは非常に大きいです。
なお、シフトを勝手に変更されたり、希望していないシフトに入れる傾向が強い職場は、飲食店が一番多いとされています。
理由は、人手が不足しているこ事と、アルバイトとパートで成り立っていることが多い事、そして人の入れ替わりが激しいことがあります。
突然人が辞めれることも多いので、希望していないシフトにも勝手に入れられるリスクも高くなります。
もちろん、飲食店に限らず他の職場にも当てはまりますが、飲食店で働く学生が多いことから、一番アルバイトからの不満も多いと推測できます。

 

シフトが企業の都合で決められないようにするには


 
大切なのは、面接時に週に入れる回数と、絶対に入れない曜日を決めて置きましょう。
また、試験前はシフトの回数を減らして貰えるかどうかも聞いて置くと良いでしょう。
週の回数と、曜日に関しては、店側の不測の事態に合わせて、ある程度の妥協は求められます。

 

ただ、アルバイトにとって企業の都合よりも自分の都合を優先するべきたと個人的には思っています。

 

生活費や学費を稼ぐためでしたら、前述したように多少の妥協は求めらる事もありますが、そうでないのでしたら自分の都合を優先して、何時でも辞めても良い程度の思いの方が良いです。アルバイトに頭を悩ませて、学業や生活に支障をきたしては意味がありません。
そのため、アルバイトと学業やプライベートな時間には明確に線引きをするようにしましょう。

 

 

※なお、アルバイトだから仕事を適当にこなせば良いと言うわけではありませんよ!
あくまでも、事前の労働条件の変更や会社の都合によって学業や生活に支障をきたす事態を許容する必要はないという事です。

 

⇒飲食店のアルバイト・パートを探している人にオススメのサイト

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top