学費・生活資金を稼ぐ学生アルバイトが注意すべき事

学費・生活資金を稼ぐ学生アルバイトが注意すべき事とは

 

大学の学費、生活費を稼ぐためにアルバイトをしている人は、簡単にはアルバイトを辞めることはできません。そのため、職場の環境が悪くても、無理してアルバイトを続けざるをえない学生も多くいらっしゃいます。
また、ブラックな職場ではなくても、賃金の高さから深夜のアルバイトを中心にして、昼間の学業に集中できないといった学生もいらっしゃいます。
学費を稼ぐためのアルバイトで、学業に支障をきたして意味がありません。そのため、アルバイトによって学業が疎かにならないように注意する必要があります。

 

アルバイトをする前に確認するくべき注意点

 

当たり前ですが、学費を稼ぐために、アルバイトをして学業に支障を与えていては、本末転倒です。
深夜のアルバイトが悪い訳ではありませんが、学業の講義との時間を調整した上で夜勤のシフトに入るようする必要があります。
また、夜勤は非常に体を壊しやすいので、無理をしない範囲で抑えましょう。
そのため、夜勤のシフトに入る日数などは、事前に企業に聞いて置き、柔軟に対応できる職場かどうか確認しておくことが大切です。
企業によっては、あなたに柔軟な対応を強制する場合もありますが、そのような企業でアルバイトをすることはオススメしません。
もちろん、多少の妥協は許容する必要がありますが、それば企業側が緊急時にお願いする一時的なシフト変更程度を限界にするべきです。
間違っても、学業や生活に与えるレベルの妥協をしないようにしましょうね。

 

なお、ブラック企業によっては、あなたが簡単にアルバイトを辞めることができない人材かどうか確認することがあります。
それこそ、入社した直後から求人内容、面接時とは全く違った雇用条件を押し付けて、辞めるかどうか判断してくるのです。この方法は意外に多く、簡単に辞めない、もしくは辞めることが出来ない人材だと分かった上で、違法な労働条件を押し付けてきます。
そのような、企業でアルバイトスタッフとして働いていると、学業に支障を与えるどころか、就職活動や日常生活にも悪影響を与えます。
そのため、入社してすぐに違法なサービス残業や、時給が事前の知らされていた金額よりも低い、研修期間が異様に長い等を感じたら、さっさと辞めることをオススメします。
長く働く程に辞め辛くなりますし、引き止めも酷くなる可能性があります。

 

言い方は悪いですが、アルバイトは所詮アルバイトです。
オススメはしませんが、一方的に辞めると言って、出社を拒否しても訴えられることはありません。
また、生活資金や学費のために働いていて辞められないと述べるかたもいらっしゃいますが、アルバイト先は探せばいくらでもあります。
それこそ、1日の短期のアルバイトで、次の長期的に働けるアルバイト先が見つかるまで耐える事も出来ますし、親に頭を下げるなどして何とか耐えましょう。

 

アルバイトのせい、学生生活に支障をきたす事のないようにしましょうね。

 

⇒飲食店のアルバイト・パートを探している人にオススメのサイト

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top