飲食店の社員は休みが少ないのか

飲食店の社員は休みが少ないのか

 

飲食店の社員は、休みが少なく、不定期である事が周知の事実とされていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

チェーン店の場合は、他のチェーン店からの応援を呼ぶこともできますが、個人店ですと応援を呼ぶことができません。そのため、人手不足の飲食店の場合は、必然的に社員の休日が少なる傾向がありますし、アルバイトにも無理を頼む事もあります。

 

ただ、一方で人手不足を防ぐために、従業員を多く雇っていることもあります。アルバイトやパートは時給計算になるので、多くの従業員を雇っていてもコストは一定になります。

 

時給が高かったり、シフトが柔軟に組める反面として、アルバイトやパートにとっては、シフトに思ったように入れない可能性があります。

 

逆に、社員にとっては、休日出勤や時間外の仕事のリスクが減ります。

 

しかし、過剰に人手を増やしてしまうと、アルバイトがシフトに入れない不満から辞めてしまうこともあるので、結局は適正人数を飲食店側が雇えるかどうか…という点が重要になると言えます。

 

では、具体低に飲食店の求人の日数はどのくらいが平均なのでしょうか?

 

おそらくですが、106日前後の休日が一般的かなと思います。

 

ホワイトと呼ばれる飲食店でしたら、年間120日程休めることもありますが、そのような求人を探しだし、その上採用して貰うのは難しい事が多いです。

 

むしろ、飲食店に関わらずに、他の業界を含めて年間休日120日行くのは、極一部だと思います。

 

求人サイトを見ていると、年間休日が120日の求人を沢山見ていると思うかもしれませんが、実際は大手の求人サイトに掲載できない中小企業や検索順位の下位にあるような求人含めれば、年間休日が120日を下回っている職場は多いと思います。

 

そのため、私生活を充実させるために、休日数が多い飲食店で働きたいなら、時間をかけて求人を探す必要があります。

 

なお前述したように、大手の飲食店チェーンですと、店長が有給等を使っても、他のチェーン店から社員の方が応援で来てくれることもあるので、有給を取得しても使えないと言うことは少ないです。ただ、一部のブラック企業はチェーン店でも応援を一切派遣しないようなブラック企業もあるので注意しましょう。

 

私が飲食店でアルバイトしていた時は、当日に店長が他の飲食店からの応援になっていた(店長は有給)ことがあり、普段と同じように働いていたら、細かい部分のミスでガンガン怒られ思いでがあります。アルバイト側からしたら、たった一日でも誰が派遣されるのかドキドキだったりもします(笑)

 

結論として、飲食店の休日が少ないか否かと言えば、おそらく休日が多い飲食店は業界の中では少ないと思います。ただ、圧倒的に休日が少ないかと言えば、他の業界と同様に、人件費を過剰に削減しようとしている飲食店でしたら、休日は少ないです。

 

一方で、通常の飲食店は週8日程の休日が一般的だと思いますよ。

 

むしろ、休日は他の業界よりも不定期なことの方が問題かもしれません。アルバイトやパート、そして他の店舗のチェーン店からの応援といった調整が必要になるので、どうしても休日の予定が作り難いです。

 

そのため、休日間するネガティブなイメージに拍車をかけているといえるかもしれません。

 

プライベートを充実させたいなら

 

プライベートを充実させたいのでしたら、やはり休日数が多く、有給休暇が柔軟に使用しやすい職場で働くしかありません。

 

ただし、前述した要に自分で探すには手間が掛かりますし、有給休暇の消化率など自分で調べられないことも多いです。

 

そのため、本気で希望に合った飲食店を探すなら、飲食業界に特化した転職エージェントを利用することオススメします。

 

転職エージェントでしたら、あなたの希望に合った求人を厳選し紹介してくれるので効率良く転職活動がkでいますし、求人に掲載されていない情報も教えてくれます。

 

詳しくは

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

 

を参考にして頂ければ幸いです。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top