飲食店の頻繁な異動は当たり前なのか

飲食店の頻繁な異動は耐え続ける必要があるのか

 

「飲食店の頻繁な異動は当たり前なのか」と聞くと、当たり前ではないが、飲食店なら仕方がないという返答もあります。

 

個人的に言えば、あなたの勤めている飲食店と異動の頻度にもよると言えます。

 

全国展開している飲食店でしたら、普通はあなたの住まいから通える範囲内で済まそうとしてくれます。

 

将来的に本社の幹部候補生等でしたら話は別ですが、普通の雇われ店長に、引っ越しを伴う異動を頻繁にさせるのは、企業側が従業員側を単なる駒として思っていない可能性もあります

 

ただ、はなまるうどん等は引っ越しを伴う異動を命じざるを得ない時は、家族を含めた引っ越し費用を全て企業が負担するなどをしてくれます。

 

そのため、企業の従業員に対する誠意が異動に込められているかによって、企業が従業員を単なる駒とみているか、大切な仲間と見ているか分かると思います。

 

異動は避けられないのか


大手のチェーン店に勤めているのでしたら、ある程度は避けて通れません。

 

ある店舗の売上が悪かったり、店長と従業員の間で問題が起こったりしたら、否応なしに店長を変える必要が出てきます。

 

ただ、異動の対応に従業員に対する配慮がなければ、長期的にその企業に勤めることはおすすめしません。

 

ましてや、家庭があるのに、単身赴任を何度も強制させ続ける企業にいたら、私生活を犠牲し続けることになります(一時的な数年の単身赴任は覚悟する必要はあるかもしれませんが)。

 

ある程度の年齢でも、飲食業界内の転職でしたら、他業界への転職よりも難易度は下がります。もし、数年、もしくはそれ以下の頻度で引越しを伴う異動が多ければ、転職を考えた方が良いと思います。

 

ましてや、引っ越し費用を払わないような企業でしたら尚更です。私は、引っ越しが全額負担ではなく、頻繁に引っ越しを伴う異動をさせられそうだったので、転職しました(あくまでも転職をする切っ掛けの一つですが)。

 

いわゆる転勤貧乏になる勢いでしたよ(笑 )

 

もし、度重なる異動と引っ越しで体力的にも精神的にも参っているなら、転勤が少ない飲食店や、異動に伴う引っ越しを最大限配慮してくれる大手の飲食チェーン店に転職する事を視野に入れた方がいいですよ。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top