サービス残業がないホワイト企業の飲食店とは

飲食店でサービス残業が多い理由と解決方法

 

何故飲食店でサービス残業が多いかと言うと理由はしっかりとあります。
まず、サービス残業が多い前に基本的に飲食などのサービス業は残業がどうしても発生するリスクが付きまといます。

 

それは、お客と直接接する仕事になるので、相手の都合次第では仕事が遅くなるリスクは常に付きまといます。

 

飲食店でも、お客が閉店時間になっても帰らなかったり、シフトで帰宅の時間になっても、お客の波が引かずに帰れないという事は頻繁にあることです。

 

また時間通りに閉店ができても、閉店の準備…皿洗いや清掃、翌日のオープンをスムーズにさせるための準備などもあります。そのため、なかなか時間通りに帰宅できないのが実状です。

 

一部の優良な飲食店ですと、閉店までにお客をしっかりと帰らせたり、シフトとも閉店の準備などを考慮して作成されているので、残業自体が発生しませんが、そのような飲食店は限られていると言えます(優良な飲食店の探し方は後述します)。

 

そのため、飲食店で働く上では、ある程度の残業は許容する覚悟がないと行けません。

 

度を越えたサービス残業に我慢してはならない

 

許容できないのがサービス残業です。給与・時給に反映されないサービス残業など本来はやってはいけません。ただ、それでも飲食業界ではサービス残業が横行している事が多いです。

 

理由としては、飲食店を経営している本社が店長に低い予算を突き付けている事が挙げられます。簡単に言えば、売上の利益を増やすために、費用の数字を抑えろということです。

 

そのため、店長は費用を予算の内に収めようとしますが、避けられれない残業は発生します。特に、ギリギリかサービス残業を見越して低い予算を守らせようとするブラック企業の飲食店なら、むしろ余計に残業が増えてしまいます。ただ、費用は抑えないといけない。

 

そうなると、タイムカードを切った上での仕事、つまりはサービス残業をせざる得なくなります。

 

要するに、本社側、個人店の場合はオーナー側が現場の事を把握していない、むしろ把握した上でサービス残業を強制させていることになります。

 

よく飲食店は、同業者との低価格競走になっていて、人件費を抑えないと経営できないという戯言を言う従業員や経営者がいますが、そんなことはありません。

 

もし、サービス残業を仕方がないと思っている方は『サービス残業=違法』だと再認識しましょう。

 

サービス残業なしで利益を出している飲食店


有名なのが、居酒屋の天狗、はなまるうどん、富士そば等が挙げられます。

 

この辺りの飲食店は、他の業界の一般企業よりも優良企業とされています。

 

はなまるうどんは、完全週休2日で、夏・冬の休みありで、引っ越し費用も全額持ちといった羨ましい程の待遇です。

 

ただ、大手の飲食業界では数少ないといっていいでしょう。その反面として、ホワイト企業としての評判がよく、利益も出し続けています。

 

逆に、社員やアルバイトを締め付けていた企業は黒字から一転して赤字に陥る時がきます(おそらく復活しないでしょう)。

 

個人の経営している飲食店も、しっかりと従業員が大切な事が分かっているオーナーと、いわゆる目先の利益のみを追求しているオーナーに分かれます。
間違っても目先の利益に捕らわれている飲食店では働かないようにしましょう。

 

ただ、やはり競争は激しいので、従業員の待遇を良くしたくても、そう簡単に行かないのが現状です。違法な行為は論外としても、一定の範囲で妥協できるなければ飲食店で働く事はオススメしにくかもしれません。

 

優良な飲食店に転職する方法

 

飲食店自体の数が多いので探す事は難しいですが、代表的なはなまるうどん、富士そばといった大手の飲食店以外にもホワイト寄りの飲食店はあります。

 

最近はベンチャーの飲食店も増えているので、激務の代わりに上手くいけば将来的に幹部などになれる可能性もありますし、高年収を得る事も可能です。

 

また、ベンチャー以外でも人手不足なことから、一部の飲食店は福利厚生を整えて、休日なども週休2日を徹底させることで社員を募っています。

 

ただ、普通の転職サイトやハローワークを利用しても、そのような優良な飲食店の求人を探す事は難しいです。

 

理由としては、飲食店側も良い待遇に見合う人材を雇いたいことから、不特定多数の応募がくる求人を避けたい事が挙げられます。

 

そのような飲食店専門の転職エージェントなどに求人を依頼して、応募条件に沿った人材だけを紹介して貰える形を取っている事も多いです。

 

飲食専門の転職エージェント:itk

 

itkは、外食産業の求人数・実績共にNo.1の飲食専門の転職エージェントになります。

 

他の転職サイトでは公開されていない非公開求人が豊富で、

・年収600万円以上を目指している

 

・週休2日が徹底されている

 

・賞与、昇給、福利厚生、労働環境が整っている

 

・キャリアアップしていける

上記のような飲食店を探している人にオススメの転職エージェントになります。

 

年収600万円となると、それなりの経験が無いと流石に転職しただけでは達成できませんが、将来的にキャリアアップしていけば達せられる職場を紹介して貰う事はできます。

 

なお、全てを条件通りに満たすことがでかえきない場合もあるので、ある程度の優先順位は決めて置くと良いかもしれません。

 

itkは、求人の紹介以外にも、応募書類の添削、面接のアドバイス、入社後のアフターフォローまでトータルにサポートしてくれます。

 

itkの転職支援は無料になるので、今よりも待遇の良い飲食店に転職したいと思っているのでしたら、利用を考えてみてはどうでしょうか?

 

itkの転職支援サービスはこちら

 

※itkの注意点としては、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に特化しています。

 

そのため、他の地域で働くことを考えている人は、全国に対応しているエフジョブと呼ばれる転職エージェントを利用してみてください。

 

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top