飲食店で固定の休みは取れないのか?

飲食店で曜日固定の休みは取れないのか?

 

 

飲食店で社員として働くとなると、自由に休むが取れないと思うかもしれませんが、飲食店の種類と、場所によっては意外に固定の休みをつくっている職場を見つけることができます。

 

土日休みがある飲食店の例としては、オフィス街の飲食店になります。具体的には、サラリーマンをターゲットにした飲食店になります。

 

サラリーマンをターゲットにしている場合は、サラリーマンが休む土日・祝日に開店していても、客入りを期待する事が難しいです。

 

そのため、バーや居酒屋といった飲食店の方が、意外に日曜日が定休日になっていることが珍しくありません。

 

もし、固定の休みが欲しい場合は、飲食店の立地に焦点を当てて、求人検索で調べて見ると効率よく、条件の合った求人を見つけられるかもしれません。

 

逆に、サラリーマン以外にファミリー層や学生をターゲットにしてるような飲食店の場合は、固定の休みは諦めた方がいいです。

 

また、チェーン店の場合は、例えオフィス街でも土日・祝日など関係なく、年中無休で開店していることも珍しくないので注意しくてださい。

 

定休日があると年間休日も多いのか

 

定休日のある飲食店と聞くと、休日数が多い飲食店というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、あまり関係ありません。日曜日が定休日でも、年間休日数が100日を下回る職場もあります。

 

逆に、定休日がなくても、年間休日が120日を超える職場もあります。

 

定休日があれば、予定は立てやすいですが、それだけに固執することはオススメしません。特に、ブラック傾向の強い職場程に、日曜日の固定休だけを求人でアピールしてくる事が多いです。

 

そのような文言に惑わされずに、待遇面をしっかりと確認することを忘れないようにしましょう。

 

飲食店で働くなら固定の休みは諦める

飲食業界で働くなら、固定の休日は諦めた方が良いです。
それよりも、平日休めることで、土日混む観光地をストレスなく楽しめたりする事のメリットを享受することをオススメします。

 

また、有給休暇を使用して連休をとるといった方法もあるので、固定の休みの有無よりも、有休休暇の消化率の方に注目した方が、プライベートを充実させられる可能性もあります。

 

優良な飲食店でしたら、夏休みや冬休みなどもあります。

 

飲食店勤務だと、アルバイトやパートのシフトを優先することになるので、自由に取得するのは難しいですが、大手の人手不足になりにくい優良企業なら、ヘルプの助けなどで休みを取りやすいこともあります。

 

求人から読み取れる情報以外にも、休みに関する情報は沢山あるので、面接などを通して事前に収集しておくことをオススメします。

 

転職エージェントを利用する

 

休日数や有休休暇を優先して転職活動するなら、飲食業界に特化した転職エージェントがオススメです。

 

求人から読み取れる情報以外にも、有休休暇の消化率やシフトの希望が通りやすいかどうか、そして休日以外の職場の雰囲気や離職率といった面の情報も選考を受ける前に知る事が出来る可能性があります。

 

転職エージェントでしたら、独自のパイプから一般の転職サイトでは掲載されていない求人もありますし、転職に向けてのサポートもあるので利用して損はないと思います。

 

もし興味がありましたら、下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top