飲食店のシフトに入れない

飲食店のシフトに人手が余っていて入れない

 

人手不足と言われている、飲食店業界ですが、地域によってはアルバイトの人手が足りているのはなく、戦力過剰になっていることも以外にあります。
特に、仕事が地方のアルバイト先が限られている地域や、可も不可もないチェーン店で見る現象です。
人が十分以上に足りているので、学生やパートは稼ぎたくてもシフトに入れる回数が決まってしまっている、もしくは減らされることもあるので思った以上に稼ぐことはできません。
アルバイトを十分以上に雇える程なので、条件面ではそれほど悪くないく、シフトも変更しやすい反面、学費や生活資金を稼いでいる学生・パートにとっては辞めるか否か悩みどころだと思います。

では、なぜ一週間のシフトを回せる以上のアルバイト・パートを雇ってしまうの方と言うと、一言で言えば人手不足にならないためです。

飲食業界は基本的に人手不足です。特に社員といった安定してシフトに入れれる人材は少ないです。
アルバイトやパートの方ですと、学業や家庭の事情で急に辞められたりするケースもある上に、辞める方が重なることも頻繁にあります。
そのような事態を防ぐためにも、飲食店側として週のシフトを回せる以上の従業員を確保して置きたいというのが本音です。基本的にアルバイト・パートは時給なので、シフトに入れなければコストも掛かりませんしね。
あと、もう一つ理由がありまして、週の勤務時間が一定時間超えてしまうと、雇用保険に強制加入することになります。強制加入の目安としては、20時間以上になります。
飲食店側だけではなく、アルバイトやパートの方でも雇用保険の加入が嫌でギリギリに抑えて欲しいという要望も多いため、より人手が増えることになってしまいます。
そのため、飲食店によってはアルバイトとパートにでシフトの取り合いになることもあります。

 

今の仕事を続けながら他の仕事を探してみては?


せっかく飲食店で働いていた経験があっても、他業界のアルバイトやパートに移ってしまうと、また時給は未経験からのスタートになります。また、同じ飲食店のアルバイトやパートでも、時給の金額は未経験からのスタートになる事が多いです。
私としては、飲食店のアルバイト・パート経験を活かして、最低でも時給の据え置き、もしくは上げて貰える飲食店を探すことをオススメします(もちろん、シフトも増やして貰って)。

 

普通に、自分で求人を探して応募するやり方ですと難しいですが、飲食店で働いていた経験がある人や、シフトに沢山入ってくれる人をスカウトしたい企業が使っている求人サイトを使えば時給や待遇を良くする事も可能です。
私のオススメとしては、キャリオクと呼ばれる飲食店を経営している企業側があなたの登録したプロフィールを見てオファーする仕組みを提供している求人サービスを活用するこです。もしかしたら、たまに聞くスカウトシステムかと思うかもしれませんが、キャリオクは他の求人サイトとは全く違った形式をとっており、基本的にあなたの条件以下のオファーはこないように設定することできます。
あなたの採用を前提にしたオファーしかこないので、無駄な面接で時間を費やすこともなく、働きながら次の職場を探すのに最適です。

 

求職者側は、無料でサービスを受けることができますので、もし詳細に興味がありましたら、下記の記事も覗いて見てください。

 

⇒ホワイト企業の飲食店で働く方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top