飲食店で働く方の悩み

飲食店で働く方の悩みと疑問

飲食店で働く社員、アルバイト、パートに関わらずに、貴方の抱える悩み、疑問等を解決することに貢献できる情報を発信していきたいと思いますので、参考にしてみてください。

飲食店で働く方の悩み記事一覧

人手不足と言われている、飲食店業界ですが、地域によってはアルバイトの人手が足りているのはなく、戦力過剰になっていることも以外にあります。特に、仕事が地方のアルバイト先が限られている地域や、可も不可もないチェーン店で見る現象です。人が十分以上に足りているので、学生やパートは稼ぎたくてもシフトに入れる回数が決まってしまっている、もしくは減らされることもあるので思った以上に稼ぐことはできません。アルバイ...

何故飲食店でサービス残業が多いかと言うと理由はしっかりとあります。まず、サービス残業が多い前に基本的に飲食などのサービス業は残業がどうしても発生するリスクが付きまといます。それは、お客と直接接する仕事になるので、相手の都合次第では仕事が遅くなるリスクは常に付きまといます。飲食店でも、お客が閉店時間になっても帰らなかったり、シフトで帰宅の時間になっても、お客の波が引かずに帰れないという事は頻繁にある...

飲食店で社員として働くとなると、自由に休むが取れないと思うかもしれませんが、飲食店の種類と、場所によっては意外に固定の休みをつくっている職場を見つけることができます。土日休みがある飲食店の例としては、オフィス街の飲食店になります。具体的には、サラリーマンをターゲットにした飲食店になります。サラリーマンをターゲットにしている場合は、サラリーマンが休む土日・祝日に開店していても、客入りを期待する事が難...

飲食店の社員は、休みが少なく、不定期である事が周知の事実とされていますが、実際はどうなのでしょうか。チェーン店の場合は、他のチェーン店からの応援を呼ぶこともできますが、個人店ですと応援を呼ぶことができません。そのため、人手不足の飲食店の場合は、必然的に社員の休日が少なる傾向がありますし、アルバイトにも無理を頼む事もあります。ただ、一方で人手不足を防ぐために、従業員を多く雇っていることもあります。ア...

「飲食店の頻繁な異動は当たり前なのか」と聞くと、当たり前ではないが、飲食店なら仕方がないという返答もあります。個人的に言えば、あなたの勤めている飲食店と異動の頻度にもよると言えます。全国展開している飲食店でしたら、普通はあなたの住まいから通える範囲内で済まそうとしてくれます。将来的に本社の幹部候補生等でしたら話は別ですが、普通の雇われ店長に、引っ越しを伴う異動を頻繁にさせるのは、企業側が従業員側を...

飲食店で培ったスキルを他の業界で活かすのは、なかなか難しい面があります。ただ、全く活かすことのできないわけではありません。店長でしたら、店舗の予算を管理する能力や、アルバイトや社員の教育、マネジメントの経験は、他業界に転職する際にも評価されます。また、店長ではなくても、日本酒やワインといったお酒の資格を持っていれば、食品会社に転職する際に重宝されることがあります。飲食の現場以外にも評価されるスキル...

大学の学費、生活費を稼ぐためにアルバイトをしている人は、簡単にはアルバイトを辞めることはできません。そのため、職場の環境が悪くても、無理してアルバイトを続けざるをえない学生も多くいらっしゃいます。また、ブラックな職場ではなくても、賃金の高さから深夜のアルバイトを中心にして、昼間の学業に集中できないといった学生もいらっしゃいます。学費を稼ぐためのアルバイトで、学業に支障をきたして意味がありません。そ...

アルバイトの4人に1人が会社側の都合でシフトを勝手に入れられているとされています。学生の場合、勝手にシフトを入れられた場合は、講義と重なる可能性も増えてきます。大学の講義が終わった後の時間でしたら、出勤することはできますが、それでも本来の予定が狂ったり、大学のレポートを作成する時間が減ったりなどします。また、試験が迫っている週でしたら、学業に与えるダメージは非常に大きいです。なお、シフトを勝手に変...

個人的に働くのでしたら、食券とカウンターのみのお店が比較的に楽です。理由としては、カウンターのみの店ですと、家族連れで来る方が少ないからです。そのため、お客が立て続けに来ても、それ程困る事は少ないです。運が良ければ、ラーメンや丼もの系単品一つで済みます。また、追加オーダーも比較的に少ないので、満席状態でもそれ程苦ではありません。ただ、時短目的に選ばれていることもあるので、後度片付けから、食券を貰い...

飲食店の社員の勤務時間は、長時間労働が当たり前という風潮があると思います。全ての飲食店という訳ではありませんが、基本的に仕事帰りのサラリーマンや休日の家族連れを集客して売上を上げている飲食店になると、営業時間は遅くなりがちになります。居酒屋などになると、深夜まで営業している職場も少なくありません。シフト管理がしっかりとされていれば、営業時間が長くても、長時間労働になりませんが、残念ながら人手不足の...

将来的に独立を目指しているのでしたら、独立支援をしてくれる飲食店で働くのも一つの手段です。一言で独立を目指すといっても、シェフとして自分の店を持つために独立するのか、オーナーとして裏方やマネジメント、接客を中心にしていくのかでも変わってきます。シェフとして独立を目指すのでしたら、やはり修行する飲食店で経験を積むことで、将来的にのれん分けをして貰ったり、食材の仲介会社と知り合いになれるといったメリッ...

結論から言えば、調理師免許が無くても飲食店で働く事はできますし、料理をする事は出来ます。また、調理師免許が無くても開業する事も出来ます。開業するのに必要なのは、食品衛生責任者の資格であり、各都道府県が実施している講習を受ければ、1日程で取得できる資格になります。また、食品衛生責任者は、店舗ごとに一人いれば良いので、全員が取得する必要もありませんし、オーナーではなく従業員が取得していても大丈夫です。...

料理長として働いている人の中には、将来的に料理長として働きたいと思っている人もいらっしゃると思います。しかし、調理長は基本的に、厨房に1人しか配置されないので、出世するのはなかなか難しいのも事実です。実際に、求人などを探しても料理長を募集している求人を探すのは難しいですし、あったとしても待遇がブラックなものが多いのではないでしょうか?これは当たり前とも言えます。料理長は、他の調理師の指示、味付けな...

調理師の方のキャリアプランは人によっても違うと思います。キャリアアップしていき、有名店の料理長になりたい。または、店は小さくても独立して個人店を出したい。他にも、大手の外食企業の商品開発を手掛けたりする人もいらっしゃると思います。しかし、どのような道を選んでいくかで、求められる事にある共通点があります。それは、やはり料理人としての技術になります。その上でコミュニケーション能力、マネジメント能力があ...

飲食店の正社員として、店長やエリアマネージャーを目指して働こうと思っている人の中には、家族や友人、または彼女から止められて困っている人もいらっしゃるかもしれません。おそらくですが、やはり飲食業界にブラックなイメージを抱えている人が多い事が原因だと思います。正直に言えば、飲食業界で働くなら、相応の覚悟を持った方が良いのも事実です。就職することはそれ程難しくない業界ですが、一方で接客業の店長として仕事...

飲食店で働いていると、お客から接客態度や料理、店内の環境といった点でクレームが来るリスクは多かれ少なかれあります。店の落ち度であることもあれば、明らかに理不尽な内容のクレームまで多種多様です。そして、飲食店で働く場合は、このクレームに悩まされるのではないか不安に思う人もいらっしゃると思います。飲食店次第ですが、正直に言えばアルバイトとして働くなら、それ程クレームに頭を悩まされる事は無いと思います。...

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top