飲食店の雇われ店長はブラックなのか

飲食店の雇われ店長はブラックなのか

 

雇われ店長の大半が大手の飲食店の店長か、中小企業の一部の地域でチェーン展開している飲食店の店長になると思います。

 

個人店で、オーナーに店を任せられて働いている極僅かになると思います。

 

そのため、ここでは大手と中小企業のチェーン展開している飲食店で働く、雇われ店長の待遇や職場環境について述べて行きたいと思います。

雇われ店長の待遇は悪いのか

本社のエリアマネージャーやパートやアルバイトの間に挟まれて人間関係の面で悩まされやすいのは共通ですが、待遇に関しては飲食店次第と言えます。

 

個人的な意見になりますが、選ぶなら大手の飲食店がオススメです。

 

それは、雇われ店長からエリアマネージャー・スーパーバイザー等に出世できる可能性があるのと、やはり大手の方が体力があるので待遇面も良い傾向がありますし、改善される可能性も高いからです。

 

また、周りからの目もあるので、度を越したブラック行為がしにくいですし、したとしても問題になりやすいという点もあります。

 

逆に個人店や中小企業の飲食店になると、周りからの監視が緩くなりますし、ネットでも評判を確認しにくく、ブラック企業かどうか判断しにくいといった面があります。

 

必ずしも大手企業が働きやすくて、中小企業の飲食店が働きにくいという訳ではないのですが、リスク面を考えるなら、やはり大手の飲食店で、雇われ店長として働いた方が安心できると思います。

劣等感を感じやすい

飲食業界は、世間一般でブラックなイメージが強い業界になります。

 

そのため、例え大手の飲食店の雇われ店長でも、他に働き口がなかったのだろう、待遇が悪いんだろう……嫌なイメージを持たれることもあります。

 

実際は、飲食店次第で、待遇の良い大手の飲食店があったとしてもです。

 

また、上記のようなイメージから自分に対して強い劣等感を感じてしまう雇われ店長もいらっしゃいます。

 

雇われ店長だからといって恥ずかしいことはありませんし、出世してエリアマネージャー、本社配属で活躍している人もいらっしゃいます。

 

ただし、元々他に就職先・転職先が見つからなかったことで、雇われ店長を選んだ人程に、「好きで就職したわけではない」という気持ちから、劣等感を感じやすくなるので注意が必要と言えるかもしれません。

 

また、体力の消耗が激しいことと、人間関係の面でも悩みを抱えやすいので、もともとネガティブ思考になりやすい人ですと、消耗も合わさって落ち込みやすくなるかもしれません。

 

雇われ店長として働く場合の注意点

飲食業界に特化した転職エージェントを利用して就職先を探しましょう。

 

求人には記載されていない情報を事前に知る事ができるので、事前に担当のスタッフから出世の可能性だったり、残業時間、待遇面の存在、離職率などを確認しておくと良いと思いますし、質問ができるのが大きなメリットと言えます。

 

特に中小企業の飲食店の場合は、ネットからでも情報収集することが難しいので、転職エージェントを利用して、しっかりと情報を得て応募するか決めましょう。

 

将来性のない飲食店で、雇われ店長として働くのは避けるようにしてくださいね。

 

⇒飲食業界に特化したオススメの転職エージェント

 

向いていないと感じたら無理に就職しない

飲食店の仕事には向き不向きがあります。

 

体力の消耗が激しいですが、体育会系ではなくても、仕事に慣れれば基本的に誰でも続けることはできると思います。

 

しかし、嫌々就職した人になると、確実に仕事の忙しに待遇が見合わないと感じると思います。

 

大手のチェーン店等の場合は、基本的に店の看板でお客が来てくれますし、集客が悪くても店舗の立地条件が悪いなどが理由になるので、売上の低さがそれ程店長の責任にならないので、集客や料理を売らせるといった面で悩ませることは実は少なかったりします。

 

そのような店長として本来考えることをあまり考える必要なく、業務に集中できるのも雇われ店長として働くメリットと言えますし、逆に言えば売上を上げることに対するインセンティブが低い傾向があるというデメリットとも言えます。

 

どちらかと言えば、どれだけ問題なく店舗を運営しながら、アルバイトやパートの方に気持ちよく働いて貰えるかが大切と言えるかもしれません。

 

そのような働き方が向いていないと感じるなら、あまり雇われ店長として働くことはオススメできないかもしれません。

 

⇒ホワイト企業の飲食店で働く方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top