飲食店に出勤したくない

飲食店に出勤したくない場合

 

朝起きて飲食店に出勤したくない。

 

夜眠る際に、翌日も飲食店の仕事があると思うとゲンナリする、涙が出てくる……と追い込まれている人もいらっしゃると思います。

 

あなたが働いている飲食店の職場環境がどのようなものかまでは私には分かりません。

 

しかし、パワハラやイジメ、また1日の勤務時間が当たり前のように10〜12時間程がり疲労が抜けきらない。

 

それに加えて賃金も安く、残業代も支払われない……このような拷問のような職場で働いているのでしたら、出勤する意欲が無くなる気持ちも分かります。

 

そんな気持ちを抱えながら無理に出勤していると、早い内に体調を崩したり、うつ病になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

出勤したくない理由を考えている

就職して間もないのでしたら、単純に仕事に慣れていないことに対する疲労感が原因になっているケースもあります。

 

ただし、前述した要にブラック企業特有の、意味のない叱りや、無視や悪口といったイジメ、長時間労働の常態化などがあるのでしたら、働き続けても改善される可能性は低いと言えます。

 

結論から言えば、転職する以外に解決する方法はありません。

 

ブラック企業の職場環境だった場合は、自分ではどうしようもないのが実状なのです。

 

ただし、待遇が悪くなく、純粋に店長といった一部の上司や同僚が問題があるだけでしたら、本社に連絡するのも一つの手段です。

 

本社側も店長が本社の意思に反して、パワハラや長時間労働、タイムカードの改ざんによるサービス残業をさせているでしたら、何らかの対応をしてくれるはずです。

 

特に大手の飲食店にとっては、店長の責任で現場のアルバイトや社員が辞めて店舗運営ができなくなるのが一番怖い事態です。

 

そのため、本社に報告するのも一つの選択です。

 

逆に、あなたが店長で、人手不足の中でサービス残業をしている、本社から無理難題を課せられている……となると、どうしもないのが実状です。

 

我慢して働き続けるか、それとも転職するか……よく考えて選択しましょう。

 

その際は、出世したり、店舗の配置換えが実行されれば環境が改善されるのかなどを考えた上で決めるとよいと思います。

 

どうにかなるだろう……安易に考えて働き続けていると、年齢を無駄に重ねて、転職しにくくなって、逃げられなくなるかもしれませんよ。

 

自分の向き不向きも考える

苦手だと思っていた仕事でも、時間と共に慣れて行くケースもありますが、どうにもならないケースもあります。

 

人間関係や待遇の悪さに関わらず、飲食店の仕事そのものが嫌なら見切りをつけて他業界に転職するとよいと思います。

 

お客の接客、アルバイトやパートの管理、本社からの指示……飲食店の仕事、特に店長になると単純に肉体労働による疲労だけではすみません。

 

むしろ他の業界よりも、人間関係に悩まされやすいと言えるかもしれません。

 

肉体労働で疲弊しながら、人間関係で精神面も擦り切れて行くと、やはりモチベーションも下がりますし、出勤することが苦痛になると思います。

 

一方で飲食店の仕事は好きだが、今の職場で働き続けることに将来が見えないのでしたら、同業他社の働きやすい飲食店に転職できるように行動を始めてみるとよいと思います。

 

甘えだと自分を貶めない

出勤したくないという気持ちに対して、自分が甘えているだけ……と評価して、頑張り続ける人も決して少なくありません。

 

その覚悟は尊敬しますが、体と心が拒絶している中で無理に働き続ければ、人間の体は簡単に壊れてしまいます。

 

自分の体が危険信号を出しているのでしたら、その信号に対して神経に悩み、どうすればいいのか考えるようにしましょう。

 

自分の体調管理は大切です。

 

それは、仕事を別とした体調管理ではなく、仕事による疲労も含めた上での体調管理になります。

 

このまま続けていては、働けなくなる体になると感じたのでしたら、早めに逃げるようにしましょう!

 

⇒ホワイト企業の飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top