飲食業界のブラック環境がなかなか改善されない理由

飲食業界のブラック環境がなかなか改善されない理由とは

 

飲食業界がブラックというイメージを持っている人は多いと思います。

 

実際に、他の業界と比較すると、残念ながらブラックな飲食店の割合が多い傾向があります。

 

残業代が全額支払われなくてサービス残業が存在したり、年間休日数が少ないなどは、飲食業界で働く上では覚悟しないといけないブラック要素と言っても過言ではないのが実状と言えます。

 

そのため、若者が飲食店で働く事を避けて、人手不足が深刻になっており、より現場の負担が重くなっているという、負の連鎖状態になっています。

 

なぜブラックな環境が改善されないのか

大手の飲食店に関しては、ブラックな環境は改善傾向にあります。

 

飲食業界はメディアに取り挙げられやすいですし、ネットで簡単にブラックかどうか評価も調べられるので、劣悪な環境で働かせば人手が不足して、新しい店舗を出店するどころか、既存の店舗でもまともに経営できなくなるリスクがあります。

 

また、ブラックなイメージから消費者が離れるケースもあります。

 

そのため、大手程にブラックなイメージに神経質になっていると言えるかもしれません。

 

ただし、大手の飲食店以外になると、ブラックな環境・待遇の改善には消極的です。

 

理由としては、そもそも社員の数が少ないので、アルバイトでどうにかすれば……といった、「どうにかなるだろう」といった甘い考えと、人件費を抑えて少しでも利益を沢山稼ぎたいと思う経営者が多いのです。

 

また、大手のように職場の評価までネットに広まりにくいのもあるかもしれません。

 

個人店になる程に大手程に体力ない職場になるので、簡単に待遇が上げられなかったり、職場を改善できないのもあるかもしれません。

 

飲食業界は競争が激しい業界になるので、簡単に人件費を上げる手段が取れず、規模が小さい飲食店に改善に手を出す余力が無いとも言えます。

 

また、個人店の場合は、経営マネジメントの勉強などせずに、起業したケースもあります、利益主義に走りやすくて、人材を軽視しているケースもあります。

 

飲食業界は他の業界よりも忙しく待遇が悪いのか

 

飲食業界だから必ずしもブラックというわけではありません。前述したように大手寄りの企業は、改善傾向にあります。

 

そもそも、どの業界にもブラック企業はあります。

 

そのため、他の業界に転職すればブラック企業から抜け出せるとも思わない方が良いです。

 

もし、今働いている企業が、長時間労働で残業代も払って貰えなかったり、休みも週休1日だったり、給料も何年間か全く上がらないといった不満から転職を考えているのでしたら、あなたが今勤めている企業がブラックだからと判断した方が良いと思います。

 

そのため、今の企業に不満があるのでしたら、安易に他業界に転職せずに、経験を活かせる飲食業界内での転職を最初に検討する事をオススメします。

 

ただし、飲食業界にブラック企業が多いのも事実なので慎重に転職活動する必要があります。

 

有名店だとブラックではないのか

大手と違って、個人店の有名店などはブラックではないのか……と思うかもしれませんが、残念ながらブラックな職場は少なくないです。

 

むしろ、有名店で働けるというブランドと経験を提供する代わりに、激務に耐えることを求められる事もあります。

 

実際に、料理人の場合だと、待遇よりも経験と実績が必要になる時期もあります。

 

ただし、アルバイトや接客の正社員として働くことを考えると、割に合わない事の方が多いと思います。

 

そのため、接客のアルバイトや正社員の店長などを目指すなら、やはり大手の飲食店で働くようにした方がいいかもしれません。

中小企業の飲食店で働くなら慎重に

個人店や中小企業の飲食店がブラック企業ばかりという訳ではありません。

 

ただし、割合的には……ブラック企業が多いです。

 

そのため、もし大手以外の飲食店に就職する場合は、飲食業界に特化した転職エージェントなどを利用して、事前に待遇面や職場環境などを教えてもらった上で、応募するようにしましょう。

 

自分で求人を探して応募するとなると、求人に掲載されている以外の情報をネットで調べるのは困難ですし、面接の条件と違うといったリスクもあります。

 

そのようなリスクを回避するなら、後述するような飲食業界に特化した転職エージェントを利用して、求人に掲載されていない離職率や職場の雰囲気といった情報も収集した上で応募することをオススメします。

 

外食産業専門の転職エージェント:itk

 

頼れる伝手がないのでしたら、外食産業に精通している転職エージェントをを利用してみてはどうでしょうか?

 

オススメの転職エージェントとしては、itkになります。

 

外食産業に特化した転職エージェントになり、東京・埼玉・千葉・神奈川の求人を扱っています。

 

⇒他の地域にお住まいの人は飲食・外食産業の転職サイトランキングを参考にしてみてください。

 

外食産業専門の転職エージェントの中では、実績・求人数ともにNo.1のエージェントになります。

 

キャリアコンサルタントは、外食産業に精通していることから、あなたの就職・転職における悩みや不安に対して真摯に対応してくれますし、希望に合った求人を厳選して紹介してくれます。

 

経験者も未経験者も対応してくれるので、キャリアアップを考えている人から、1からキャリアを積んで行きたい人でも利用する事が可能です。

 

また、求人の紹介以外にも応募書類の書き方、面接の調整やアドバイス、そして面接の同行及び待遇(給料や休日など)の交渉、そして就職後に問題があった場合のアフターフォローまで最初から最後まで全て無料でトータルにサポートしてくれます。

 

効率良く就職・転職活動できますし、他の求人サイトでは発見できないようなレアな求人も多数扱っているので、もし外食産業の優良企業で働きたいのでしたら、絶対に利用すべてエージェントと言えます。

 

itkの転職支援サービスはこちら

 

今のブラック飲食店に限界を感じている

今あなたがどのような飲食店に働いているいるか私には分かりません。

 

個人店か、それとも中小企業の飲食店か、大手の飲食店か。

 

どのタイプの飲食店にもブラック飲食店はあります。

 

企業側が自発的に改善してくれる可能性にかけるのも一つの手段ですが、労基などの立ち入りがあったり、問題として取り上げらでもしない限り、企業側は現状維持を取りやすいです。

 

そのため、今の飲食店に将来性が無いと感じたり、ブラックな環境に耐えられないのでしたら、早期に転職というカードを切ることも検討するとよいと思います。

 

飲食業界内で転職するのもよいと思いますし、若いのでしたら他業界に転職するのもよいと思います。

 

後悔の無い選択を選ぶようにしましょう!

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top