週休1日の飲食店から抜け出したい

週休1日の飲食店から抜け出したい

 

ホールスタッフや店長、そしてキッチン側の料理人や料理長、またはエリアマネージャー、スーパーバイザー問わずに休日の少なさに頭を悩ませている飲食店勤務の人は決して少なくないです。

 

しかし、飲食店勤務だからといって、週休1日といった極端に休日数が少ない飲食店で働かなければいけない訳ではありません。

 

週休1日あるかどうかのような職場で働いていたら、プライベートの時間などほとんど取れませんし、貴重な休日に体を休めるのと、炊事洗濯で終わってしまいます。

 

旅行どころか、日帰りで友達と遊びに行くのも難しいと言えます。

 

仕事が人生の生きがい…という人なら別ですが、仕事とプライベート両方を充実させたり、家族との時間も大切にしたいと思っているのでしたら、週休1日のような極端に休日数が少ない飲食店で働き続けることはオススメしません。

 

飲食店正社員の休日は本当に少ないのか

飲食店次第ですが、個人店やサラリーマンだけをターゲットにしているような飲食店などを除けば、基本的に定休日などを作っていないことが多いです。

 

そのため、連休を取る事は、飲食店で働きながらだと少し難しいと言えます。

 

しかし、週休1日というのは飲食業界全体でも少ないと言えると思います。

 

年間100日を超える飲食店自体は、それ程少ない訳ではありませんし、見つけることも難しくないと思います。

 

料理人の場合だと少し求人数に制限がありますが、それでも探すことは難しくありません。

 

ホールスタッフ、そして店長やエリアマネージャー、スーパーバイザーという職種で働くのでしたら、飲食店の種類に拘らなければ年間休日数120日以上の飲食店を探すことも決して難しくはないと思います(簡単でもありませんが)。

 

個人的な意見も含まれますが、やはり全国に店舗を展開しているような飲食店程に、人材の確保と流出阻止が大切になります。

 

そのため、休日面や給料面がブラック企業の評価にならないようにしている気を配っていることも多いです。

 

逆に個人店や、数店舗しかないような飲食店だと、優良企業も勿論ありますが、一方でブラック企業の方が目立ちやすいのでないかと思います。

 

やはり、個人店だと、人が休んだ際に他の店舗からヘルプを呼んだりすることができなかったり、シフトに入っていないアルバイトに無理を押して出勤して貰える人材が少ないなどが挙げられます。

 

そして、人の少なさをカバーするには、どうしても正社員に負担が重く圧し掛かります。

 

ただ、高級レストラン、和食店などでも、週休1日に近いような職場もあるのは事実ですし、前述した要に個人がやっているような店でも社員の事をしっかりと考えている職場もあります。

 

そのため、結局は飲食店の規模やブランドに関わらず、就職前にしっかりと待遇面…給料や休日数を確認する事が大切と言えます。

 

実際に働いたら求人の内容と違うリスクを減らすには

休日数が違う、終業時間が違う、基本給に固定残業代が含まれていることが記載されていなかった…残念ながら、実際の待遇と求人に掲載されている待遇内容との違いが発生するリスクを絶対に防ぐ方法はありません。

 

その点を考えると、大手の飲食店の方が絶対ではなくても、安心できると言えるかもしれません(あまりにも違うならネットの口コミなどで書き込まれる可能性が上がりますし)。

 

個人的にオススメな方法としては、やはり飲食業界に特化した転職エージェントなどを利用する事です。

 

こちらも、絶対という保証はありませんが、間に転職エージェントが入っているので、求人の内容を確認してくれている可能性がありますし、転職エージェントを通して、不安な点を確認して貰うことができる場合もあります。

 

転職エージェントは基本的には、企業からの成功報酬が利益の中心になるはずなので、待遇の悪い求人を扱ってもメリットはありませんし、求人内容に違いがあれば転職エージェントの信頼も落ちます。

 

そのため、飲食業界で働くなら、飲食業界に特化した転職エージェントを利用する事をオススメします。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top