飲食業界の店長は過労死する程に激務なのか

飲食業界の店長は過労死する程に激務なのか

 

飲食業界に就職・転職を考えている人の中の心配事の一つは、どれだけ激務なのかどうかだと思います。

 

飲食業界の店長・料理人の中には、過労死で亡くなってしまった人も残念ながらいらっしゃいます。

 

これは、日本だけは無く外国の飲食店でも起こりうることです。

 

ただし、過労死だったり、サービス残業の多さで取り上げられるは大手や有名店な事が大半になります。

 

そのため、個人店などを含まれると、サービス残業や度を越した残業を強制しいてる飲食店は、業界内にもっとある可能性があると言えます。

 

その点を考慮すると、就職・転職する上では非常に覚悟と職場を選ぶ際の慎重さが必要になると言えます。

 

大手はブラックイメージの回避に力を入れている

大手の企業だと、問題が発覚した際に、メディアに取り上げられるリスクが非常に高い上に、裁判にもつれ込むとイメージ悪化による被害が甚大になります。

 

実際に、ブラック認定を受けた大手の飲食店の中には、経営が大きく傾いた例もあります。

 

そのため、全国展開しているような飲食店は、全体的に職場改善を進めている傾向があります。

 

ただし、それでも飲食店によっては長時間労働といっても過言ではに職場はありますし、サービス残業が常態化していることもあるので、「大手=安心」とは思わない方がいいです。

 

しかし、中小企業となると、なかなかメディアなどにも取り上げられない上に、業績の悪化から違法覚悟でサービス残業などを強制してくるケースもあります。

 

そのため、中小企業程に経営が上手く行っているのか、待遇は求人通りなのかどうかの確認が重要となると言えるかもしれません。

 

激務は覚悟すべきなのか

 

飲食業界で働くなら激務は覚悟すべきです…しかし、過労死する程かと言えば、それは極端なブラック企業に限ります。

 

要は、どの業界にも存在する悪質なブラック企業の一つに就職・転職してしまったケースと言えるかもしれません。

 

または、上司となった先輩に大きな問題があるケースも考えられます。そして、このような過労死が起こりかねないブラック企業の飲食店に就職・転職してしまわなければ、過労死を覚悟しなければいけない程に激務になることは少ないと思います。

 

後は、本人の性格の部分もあります。ブラックでも、素早く逃げたり、手を抜ける人でしたら倒れずに働けることもあれば、違法な長時間労働でも真面目に全て受け入れてしまう人では体力の消耗も違います。

 

その点も、考慮して頂ければと思います。

 

少し話は脱線しましたが、飲食業界は激務になりやすいです。むしろ、激務にならなかったら、倒産や店舗の潰されるリスクがある職場と言えます。

 

問題なのは、人手が足りていて、激務でも残業が度を越していないか、休日はしっかりと取れるかどうか…と言う点を確認することが大切です。

 

そして、長期的に働くなら、店長からエリアマネージャーや本社の役職などに就けるかどうかも確認する必要があります。

 

そのため、面接の段階でもキャリアパスなど事前に質問しておくと良いと思います。そして、個人店などの場合はそもそも出世先がないので、長期的に働くなら避けることをオススメします。

 

転職エージェントなどで信頼できる情報を得る

自分で希望条件の求人を探す、その求人の情報を信頼できるか、職場の雰囲気などに問題ないか、離職率が高くないか…といった点を調べるのは非常に難しいです。

 

また、転職活動の面でも効率が悪いと言えます。

 

そのため、飲食業界で働くなら、専門の転職エージェントを利用しましょう。

 

希望条件に合った求人の厳選、離職率や残業時間などの情報、職場の雰囲気の良し悪しなどを選考前に知る事ができる可能性がありますし、希望に合わない求人に間違って応募するリスクも下がります。

 

また、飲食業界に特化していることで、総合転職サイトには無いパイプを持っている事が多いので、飲食業界でも優良な企業の求人で出会える可能性を高めてくれます。

 

もし、本気で飲食業界の店長として働く事を考えているので、転職エージェント等利用して、ブラック企業に就職しないようにしましょう。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイト

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top