飲食はブラックバイトだけではない

飲食のブラックバイトを妥協してはならない


飲食店で働くのなら、多少の理不尽や求人の募集要項と面接時の労働条件の違い(悪い意味で)は覚悟しないといけない…という言葉を偶に聞きます。

 

そして、実際に多くの方が、メディア等に取り上げられるほどのブラックバイトかどうかは不明ですが、多少の我慢は強いられていると思います。

 

自分のお小遣いや欲しい物が欲しいだけの方でしたら、さっさと辞めて新しいアルバイト先を見つければいいですが、学生の一人暮らししで自分で生活費を稼がないと行けない方は、簡単にバイトを止められません。

 

やはり、生活費が掛かっていると、今のバイトを辞めて、すぐに新しいバイトが見つかるか分かりませんし、より条件が悪いバイトに決まってしまうかもしれないという不安もあります。

 

特に、初めてのバイト先の方ですと、他のバイトの経験がないので、なかなか辞める踏ん切りが付かないのかもしれません。

 

ただ世の中ブラックバイトと呼ばれるものばかりではありません。

 

確かに、多少の理不尽、例えば人間関係やシフトの調整、お客とのトラブルなどなどには目を瞑らなければ仕事はできませんが、サービス残業や、契約時と異なるシフト回数の増加(一時的ではなく)、給与の一方的な減額などに耐えていてはいけません。

 

それこそ、学生の本分である、学業にまで影響が出てしまいます。実際に、大学のテスト前なのに通常のシフトを組まれるどころか増やせる等の嫌がらせや、就活に入ってもバイトを辞めさせて貰えない等の相談は沢山存在します。

 

もし、そのような状況になっているのでしたら、一度冷静になりましょう。

 

アルバイト先等探せばいくらでもあります。

 

確かに、時給の差はでますが、従業員を使い捨てにするような飲食店の時給が高いことなど少ないです。それこそ、アルバイトにサービスに残業をさせる等まともな経営ができていないと言ってるようなものです。

 

もし、辞める時に損害賠償等で脅されているのでしたら、辞めるという意思表示だけして2度と行かなければいいだけです。事前に辞めると言っていた、アルバイトが来なくなっただけで、店に目に見えて損害が発生するなら、それは店の問題です。社員でも損害賠償など取られる事など滅多にないのですから、訴えらえることなどありません。

 

ブラックな職場を避けるには

 

どのようなアルバイトの求人サイトを利用しても、絶対にブラックなバイトを避ける事はできません。

 

やはり、少ならずのリスクは発生します。絶対に回避したいのでしたら、ホワイトで有名な企業に絞るのも一つの手段です(それでも店舗によって働きやすさは変わってきますが)。

 

もし興味がありましたらホワイト企業の飲食店を参考にしていただければ幸いです。

 

アルバイト先を決める上で時給や仕事内容も大切ですが、面接の段階でテスト前とテスト期間中の休み、シフト時間外の仕事等がないかを確認しておくことが大切です。

 

もし、曖昧な回答をされたり、戸惑うような反応をしたのでしたら警戒した方が良いかもしれません。

 

最後に知っておいて欲しいは、前述したようにアルバイト先は沢山あります(特に都市部)。

 

全国的に少子化の影響で人手不足のため時給が上がっている程なので、ブラックな職場に入社してしまったら、さっさと辞めて新しいバイト先を探した方が効率的です。

 

間違っても我慢して時給外の仕事をやパワハラなどに耐えることのないようにしてください。

 

飲食専門の求人サイト

.

 

アルバイトの場合は、転職エージェントなどを利用できないので、自分で求人を比較してホワイ寄りの職場を探す必要があります。

 

そこでオススメなのが、飲食専門の求人サイトであるフーズフーになります。

 

フーズフーは、アルバイト・パートの求人を扱っています。

 

規定の期間、勤続すればお祝い金として3万円を貰う事もできます(期間限定なので予告なく終わる可能性もあります)。

 

他のアルバイトサイトと違って、飲食の求人が中心になるので、求人同士の比較もしやすいですし、他の求人サイトにはレアな求人が見つかることもあります。

 

もし、飲食店のアルバイト先を探しているのでしたら、利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

注意点としては、ホワイト寄りの企業かどうかは自分で判断する必要があるので、キャリオクなどの使用も考えながら、自分に合った飲食店の求人を探すと良いと思います。

 

飲食業界専門求人サイト【フーズフー】

 

※正社員を希望している人の場合は、コチラを参考にしていただければ幸いです。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top