飲食店の求人内容は信用できないのか

飲食店の求人は信用できないのか

 

 

飲食店に正社員として就職した人の中には、求人情報や面接時の条件と実際の条件や待遇が違うと不満や不安を述べる人は少なからずいらっしゃいます。

 

具体的な条件や待遇の違いとしては、月の休日数、賞与の有無、勤務時間、残業代の支払い方法等になります。

 

勤務時間に関しては、残業の時間によっても左右されるので、求人の情報や面接に記載されている目安の時間と異なる可能性はある程度妥協する必要があります。

 

問題なのは、残業代が残業時間通りに支払われなかったり、体を壊しかねない程の残業時間を毎日のように課せられるケースになります。

 

また、月に8〜10日休めると言われていたのに、実際は月に4〜6日しか休めないといった質の悪い企業に入社してしまった体験を聞くことがあります。

 

賞与に関しても、企業側に義務がある訳ではありませんが(就業規則に記載されている内容にもよります)、求人や面接の段階で賞与があると言われたりのに、貰えないのは企業に悪意があって嘘をついた思っても仕方がないと言えます。

 

ブラックな飲食店ばかりではないですが、求人に記載されている内容や面接の話を信じて上記のような体験をする事になった飲食店の社員がいる事も無視してはいけないと言えます。

 

求人情報で騙されないためには

 

 

結論から言えば、求人に記載されているだけの情報から内容の正確性を確認することは、ほぼ不可能と言えます。

 

しかし、求人の条件を確認す上で注意すべきポイントはあります。

 

具体的には、「週休2日制」、「基本給のみで残業代について触れられていない」、「店舗によって休日日数が異なる可能性がある」といった点になります。

 

これは、飲食業界だから…という訳ではないので、仮に飲食業界に以外に就職する場合も注意してください。

 

週休2日制とは、転職業界では月に1回でも週に2回休日があることを指します。毎週2日の休みがあるのは、「完全週休2日制」になります。

 

そのため、週休2日制と記載されている場合は、月の休日数を確認することが大切…と言えますが、やはり前述したように「求人の記載されている内容が嘘ではない」場合が前提となります。

 

そのため、面接時に休日出勤などが無いかしっかりと確認して、店長が言いよどむようなことがあれば注意すべきと言えるかもしれません。

 

また、飲食店によっては店舗によって休日数が異なることもあり、それを求人では細かく載せていないこともあるので注意しましょう。

 

そして、残業代に関しては、固定給で注釈なして基本給に含まれている求人も偶にあります(基本給を高くして人を集める手法になります)。

 

基本給とは別途残業代が貰えると思ったら貰えないこともあるので注意しましょう。

 

また、店長に出世したら役職手当の代わりに残業代が貰えない可能性もあります。

 

実際は、店長になったからと言っても、簡単に残業代の支払いを停止することはできませんし、偶に裁判になることもある程です。

 

大体は名ばかりの管理者であることが証明されて、残業代が支払われますが、そのような手間を回避するためにも、事前に店長になっても残業代が支払われる確認すべきと言えます(または残業代が不要な程に手当が高いか)。

 

優良な飲食店で働くには

 

 

もし、個人で求人や面接の内容の真偽を判断することに自信が無かったり、ブラックな飲食店に就職するリスクを抑えたいと思っているのでしたら、飲食店専門の転職エージェントを利用する事をオススメします。

 

飲食店専門の転職エージェントを利用したからといって、絶対に希望合った職場に出会える訳ではありませんが、転職エージェント側が求人の内容を確認していますし、不安なら転職エージェントの担当スタッフに質問する事も出来ます。

 

そのため、自分で求人を探して、求人や面接に聞いた際の待遇・条件が正しいかどうか判断するよりもリスクを大幅に下げることができます。

 

また、情報の信頼性が高いだけではなく、希望に合った求人を非公開求人も含めて厳選して紹介してくれます。

 

そのため、一般の転職サイトやハローワークでは出会えないレアな求人を紹介してくれる可能性もあります。

 

他にも応募書類の添削や面接のアドバイス、待遇面の交渉なども全てしてくれます。

 

このサイトで紹介しているような飲食店専門の転職エージェントは、無料で登録・サービス利用ができるので、もしブラック企業や入社後のギャップを防いで転職したいのでしたら利用する事をオススメします。

 

⇒優良な飲食店の求人に出会える転職エージェント

 

既にブラックな飲食店に入社してしまったら

もし、既にブラックな飲食店に入社してしまっているのでしたら、無理に働かずに転職活動を始める事をオススメします。

 

求人や面接の内容と異なるようなブラックな飲食店で働いても不満が溜まるだけですし、働いていても時間と体力を無駄に消耗するだけの結果に繋がるケースもあります。

 

生活費などの問題で不安なら、前述したように飲食店専門の転職エージェントに登録して、働きながら転職を目指すと良いと思います。

 

飲食店は求人が多いので、比例してブラックな飲食店に就職するリスクも高くなります。

 

だからこそ、安心して応募できる求人に出会えるように転職活動する事が大切になります。

 

⇒ホワイトな飲食店に就職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top