夜勤のある飲食店で働くデメリット

夜勤のある飲食店で働くデメリット

 

夜勤のある飲食店で、夜勤のシフトに恒常的に就くのはオススメできません。

 

しかし、アルバイトの方で夜勤まで働きたいと言う人は少なく、余程夜勤の時給が良くない限り難しいでしょう。

 

そのため、夜勤を避けたくてもシフトに入らざる社員や店長は多いと思います。

 

夜勤のシフトが当てる私生活への影響

人は、本来は昼に行動して夜に眠るサイクルになっています。

 

時々ならまだしも、毎日に近い頻度ですと、体を壊す原因になります。

 

また、多くの人が日中に活動して夜は休むので、深夜以降の夜勤が多いと、人との付き合いも減って行く事になります。加えて言えば、飲食店は、土日の仕事が多いので、よりプライベートの人付き合いが減って行きます。

 

そして一番の問題は、結婚がしにくいという事です。

 

職場内の結婚は別ですが、夜勤が多かったり、休日が少なすぎると企業外の出会いが大幅に減少します。

 

また、結婚することができても、生活サイクルが全く違うとすれ違いも生みやすいし、配偶者に体を心配されやすいです。

 

そして何よりも、夜遅くまで仕事があると、恋人、または配偶者や子供との接触が減ってしまいます。

 

終電を逃す夜勤と24時間営業の飲食店から転職する

終電に乗れない夜勤勤務や、24時間営業の飲食店は珍しくないかもしれませんが、従業員の事を考えている飲食店かと言えば、考えていないことの方が多いです。

 

逆に、大手の飲食店で従業員の事を考えている飲食店は、遅くとも終電前には従業員に帰って貰い、閉店時間も厳守させたり、24時間営業や夜勤が避けられなければ、休日を充実させるなどの取り組みをしています。

 

最近では、若者の飲食店を敬遠する風潮に危機感を持った飲食店は、完全週休2日制や有休が自由に使える等、従業員の私生活を守るようにしている飲食店も少しずつ増えています。

 

ただ、残念なことにブラックな飲食店の方が多いため、求人の山から探すのは至難を極めます。また、転職が失敗するリスクを考えると、そう簡単に今の仕事を辞められないのが現状だと思います。

 

希望条件を満たした飲食店に転職する方法

 

夜勤の無い職場で働きたい、休日が多い飲食店で働きたい、キャリアアップしたい…と考えている人にオススメなのが、飲食専門の転職エージェントになります。

 

itkやエフジョブといった飲食専門の転職エージェントには、飲食業界に対して理解が深いスタッフがいますし、会社側もブラック企業を紹介しないために、求人の精査から求人に載っていない企業の情報も集まてくれます。

 

そのため、飲食専門の転職エージェントに登録して、スタッフに希望の条件を伝えれば、あなたが応募できる求人の中から希望に近い求人を厳選して紹介してくれます。

 

効率良く就職活動をすることができますし、求人に掲載されている以上の情報を持っているので、気になる点があったら自分で調べるのではなく、担当のスタッフ質問すれば答えてくれると思います。

 

自分で求人を探して、情報の正しさに疑いを持ったり、調べたりするよりも効率的ですし、正確性もあるので、もし飲食業界の転職を成功させたいのでしたら、積極的に利用することをオススメします。

 

⇒オススメの飲食専門の転職エージェント一覧

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top