飲食がブラック企業になりやすいと言われる原因

飲食がブラック企業になりやすいと言われる原因

 

飲食店がブラック企業になりやすいと言われていわれていますが、原因として挙げられるのはアルバイト・パートの従業員が多いため、飲食店の仕事が外部に伝わりやすいことと、サービス業のため、仕事の様子が客観的に見られる機会が多いためだと思います。

 

ブラック企業そのものは、飲食に限らず業界全体の問題といっても良いですが、やはり飲食業界は社員・非正規共に出入りが多く、職場も多いので、ブラックのイメージが定着しやすかったと言えます

 

ただし、サービス残業だったり、給料が低かっりする職場が多いので、決して嘘のイメージと言う訳でもないのは事実です。

 

むしろ、評判が簡単に広まる分、他の業界よりもブラックか否か判断しやすいというメリットもあります。そのため、ホワイト企業の飲食店の評判も広まりやすいですしね。

 

ブラック企業の飲食店

前述した要に、残念ながらブラックな飲食店が多いと言うのは間違ってはいません。

 

飲食店自体の数が多い事から、必然的にブラックな飲食店も増えます。

 

飲食店が多いという事は、雇用を生み出す場になりますが、人手不足になったり、経営を知らないサラリーマン等が一念発起して起業した個人店等は、ブラック飲食店になりやすいです。

 

通常の飲食店は、社員の方の場合は8時間勤務の1時間休憩で、忙しさやに合わせて残業することもあります。

 

ただ、慢性的な人手不足な飲食店で、かつ個人店や一部のブラック企業は社員の方に残業を無理強いさせることを当たり前としている場合もあります。

 

ここで、残業が某大手の居酒屋みたいにサービス残業でしたらブラック企業といえるののですが、残業代が全額支給されるのでしたら、ブラックか否かは個人の判断によって変わってきます。

 

稼ぎたい人でしたら、残業代全額支給で割増(25%)されるならむしろ有難いと思う方もいらっしゃいます。逆に、早く帰りたい人にとってはブラック寄りになる可能性もあります。個人的に言えば、残業代が全額支給されるなら、ブラックではないかと感じてしまいます。

 

ただ、一方で他の業界よりも、個人経営でサービス残業を当たり前のように押し付ける企業が多いと傾向があります。

 

特に、飲食は起業しやすく、稼ぎやすいという、何処から仕入れたか分からない素人が経営している率が多いですので、もし間違って入社したら、社員、アルバイト関係なくさっさと辞めて、まともな飲食店でも他の業界の企業に移る事をオススメします。

 

どのような飲食店だったらブラックではないのか

ブラック企業の基準は人によっても異なります。また、大手の場合だと店舗も多いので、パワハラなどの人間関係のリスクは店舗次第にもなってきます。

 

ただし、待遇面だったり、残業といった労働時間や条件に関わる部分でしたら、大手の飲食店の方が安心できます。

 

最近は、労基の監視も厳しいですし、ブラックのイメージによる損失も大手飲食店は理解しています。そのため、料理人として修業したいといった理由がないのでしたら、大手の飲食店などで働くのが無難と言えるかもしれません。

 

もし、飲食業界内での転職を考えているのでしたら、下記の記事も参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top