劣悪な職場環境の飲食店から転職したい

劣悪な職場環境の飲食店から転職する

 

劣悪な職場環境の飲食店の仕事は、体力の消耗が激しい上に長時間労働と人間関係で精神面もすり減って行きます。

 

そのため、長期的に働き続ける程に思考力が落ちて行き、当たり前に感じるようになっていきます。

 

おそらくですが、ブラック企業で過労自殺したり、鬱になってしまったというニュースや話を聞いた人の大半は、

 

「体を壊す程のブラック企業なら転職すればいいのに」

 

と思うでしょう。

 

私自身も、そう思います。しかし、逃げるタイミングを逃してしまって、転職できない人も少なくないのです。

 

簡単に転職できない人を追い込んでいく

劣悪な職場環境の飲食店は、離職率が高いですが、一方で簡単には辞められないような人を採用しようとするケースもあります。

 

新卒の場合でしたら、社会人経験がないことにつけ込んで、サービス残業だったり、パワハラを社会で働く上で当たり前と思わせるような言動をして、洗脳するケースもあります。

 

実際に、そのような形で追い込まれて、辞めるという選択肢を考えらなくなってしまっている若者は少なくないです。

 

また、中高年の中途の方になると、他に転職先を見つけることが年齢的に難しいと判断してしまって、諦めてしまうケースも少なくないです。

 

そのようなマイナス思考に陥っている中で、長時間労働と休日数の少なさから、体力面でも、時間面でも働きながらの転職活動をすることが難しいとなると……例え劣悪なブラック企業からでも、抜け出せないのです。

 

ブラック企業にいると気づけたなら

この記事を読んでいるということは、あなたが今働いている飲食店が劣悪なブラック企業である事に気づいた人になると思います。

 

サービス残業があり長時間労働。パワハラにイジメ。休日数が異常に少ない。そして、給料も低い。

 

どのレベルのブラック企業かは、分かりませんが、当てはまるのでしたら、早期に転職するために行動することは非常に大切です。

 

転職は若い人程に有利です。20代の方でしたらいくらでもやり直しがきくと思います。

 

飲食業界に拘りがあるのでしたら、もっと働きやすい飲食店で働けるように転職活動をしていもよいと思います。逆に、飲食業界に嫌気が差してしまったのでしたら、他業界に転職することを考えてもよいと思います。

 

若いというのは、それだけ選択肢が多いと言う事を忘れないようにしましょう。

 

逆に30代以上となると、応募できる求人が減る上に、1からキャリアを積み上げるのに苦労します。

 

企業によっては、20代に就職した若手を優先して出世させることも少なくないです。そのため、転職するなら、同業他社…この場合ですと、もっと働きやすい飲食店に転職して、即戦力として働いた方がいいかもしれません。

 

しかし、絶対に飲食店で働き続けたくないなら、リスクとデメリット覚悟で他業界に転職するのも一つの選択だと思います。

転職活動する際の落とし穴

転職を決意した人の大半は諦めます。

 

何故なら予想以上に、働きながら転職活動する時間を捻出するのが難しいからです。

 

そして、最初に応募した企業から一発で内定が得られるという訳ではありません。

 

そうなると、ただでさえ仕事でプライベートの時間が少ないのに、転職かつ活動で更に削られる日々に、モチベーションが下がってしまい、結局転職を諦めてしまうのです。

 

また、劣悪なブラック企業でも、生きていける給料を貰っていると、

 

「結局自分は今の企業が相応しいのか」

 

と思って諦めてしまうことも珍しくないのです。

 

人間のモチベーションは簡単に上がり、そして簡単に下がります。自己啓発の本を読んだ直後は、自分を変えることに高いモチベーションを感じたとしても、1日経てばあっという間に、その高いモチベーションを失ってしまっていることも珍しくないのです。

 

そうならないためにも、自分の中で「絶対に転職しないといけない理由」と確固たるものしましょう。

 

また、退職して転職活動するのも一つの手段です。リスクはありますが、絶対に転職先を見つけないといけない状態に追い込まれます。

 

転職エージェントを利用する

飲食業界内で転職するにしても、他業界に転職するにしても、転職エージェントを利用する事をオススメします。

 

自分だけで転職するとなるとどうしても効率が悪くなりますし、モチベーションが下がりやすいです。

 

そのため、転職エージェントを利用して、担当のスタッフと一緒に転職活動するとよいと思います。それに加えて、非公開求人を紹介して貰える可能性もありますし、応募書類の添削、面接のアドバイスなども受けられますし、絶対に不採用になる求人は基本的に紹介されません(転職エージェント側に依頼を受けている企業から成功報酬が支払われないので)。

 

もし、飲食業界内でのホワイト企業を探しているのでしたら下記の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に就職・転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top