ブラック企業の飲食店に注意すべきこと

ブラック企業の飲食店に注意すべきこと

ブラック企業の飲食店に入社しないように注意すべきことを発信していきます。
また、既に勤めてしまっている方は、このサイトを参考にして転職を心がけてみてください。

ブラック企業の飲食店に注意すべきこと記事一覧

”ブラック企業の飲食店が多すぎないか!?”と思いながら求人を見ている人だったり、既に働いていて、自分の飲食店がブラック過ぎて泣けてきている人もいらっしゃると思います。このサイトの題名のように、ホワイト企業の飲食店はありますし、就職・転職する事もできます。できますが……が、全体から見るとブラック企業が多すぎるのは残念ながら事実です。また、ホワイト企業の飲食店でも、飲食業界で働く上では覚悟しないといけ...

飲食店で働くのなら、多少の理不尽や求人の募集要項と面接時の労働条件の違い(悪い意味で)は覚悟しないといけない…という言葉を偶に聞きます。そして、実際に多くの方が、メディア等に取り上げられるほどのブラックバイトかどうかは不明ですが、多少の我慢は強いられていると思います。自分のお小遣いや欲しい物が欲しいだけの方でしたら、さっさと辞めて新しいアルバイト先を見つければいいですが、学生の一人暮らししで自分で...

個人が営んでいる飲食店で多い事例ですが、オープン前の仕込みや、閉店作業の時間に時給を発生させないオーナーや店長がいらっしゃいます。アルバイトが初めての方は、これが飲食店では常識なのかなと思い込んでしまう方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。労働には、必ずお金が発生します。間違っても無給で働く事のないようにしましょう。飲食店によっては、無給によるオープン前の仕込みや、閉店作業を強制するよう...

飲食店がブラック企業になりやすいと言われていわれていますが、原因として挙げられるのはアルバイト・パートの従業員が多いため、飲食店の仕事が外部に伝わりやすいことと、サービス業のため、仕事の様子が客観的に見られる機会が多いためだと思います。ブラック企業そのものは、飲食に限らず業界全体の問題といっても良いですが、やはり飲食業界は社員・非正規共に出入りが多く、職場も多いので、ブラックのイメージが定着しやす...

夜勤のある飲食店で、夜勤のシフトに恒常的に就くのはオススメできません。しかし、アルバイトの方で夜勤まで働きたいと言う人は少なく、余程夜勤の時給が良くない限り難しいでしょう。そのため、夜勤を避けたくてもシフトに入らざる社員や店長は多いと思います。夜勤のシフトが当てる私生活への影響人は、本来は昼に行動して夜に眠るサイクルになっています。時々ならまだしも、毎日に近い頻度ですと、体を壊す原因になります。ま...

アルバイトや社員が入社してもすぐに辞める人手不足なことからサービス残業・休日出勤を強制される売上が下がっているネットの口コミでも評判が低い給料が低い、または数年間上がっていない上記の項目が当てはまっているのでしたら…迅速に他の飲食店に転職してください。厳しい事を言いますが、おそらく今あなたが勤めている飲食店の経営が上向く事は無いと思いますし、あなたの待遇が改善されることはないです。その飲食店は、既...

飲食店に正社員として就職した人の中には、求人情報や面接時の条件と実際の条件や待遇が違うと不満や不安を述べる人は少なからずいらっしゃいます。具体的な条件や待遇の違いとしては、月の休日数、賞与の有無、勤務時間、残業代の支払い方法等になります。勤務時間に関しては、残業の時間によっても左右されるので、求人の情報や面接に記載されている目安の時間と異なる可能性はある程度妥協する必要があります。問題なのは、残業...

飲食店で働いている人の悩みの一つとして多いのが、人間関係と言えます。飲食店の仕事は、デスクワークではなく肉体労働労働が中心になるので、どうしても他の社員やアルバイトスタッフとのチームワークは大切になります。特にピークの時間などは、他のスタッフとコミュニケーションを取りながら働かないと乗り切れないと言えます。そのため、人間関係が悪い職場…具体的に言えばイジメ、無視などをされるとまともに働くことができ...

飲食店の社員として働いている人の中には、1日の労働時間が12時間、または13時間を超えている人もいらっしゃると思います。1日の残業時間にすると4〜5時間…少しの期間だけなら耐えることはできますが、常態化するとなると話は別です。1カ月の出勤日数を21日と考えると、時間外労働は80時時間以上になります。13時間の場合は、100時間という時間外労働になります。1カ月80時間の時間外労働が数か月間続くよう...

飲食業界に就職・転職を考えている人の中の心配事の一つは、どれだけ激務なのかどうかだと思います。飲食業界の店長・料理人の中には、過労死で亡くなってしまった人も残念ながらいらっしゃいます。これは、日本だけは無く外国の飲食店でも起こりうることです。ただし、過労死だったり、サービス残業の多さで取り上げられるは大手や有名店な事が大半になります。そのため、個人店などを含まれると、サービス残業や度を越した残業を...

ホールスタッフや店長、そしてキッチン側の料理人や料理長、またはエリアマネージャー、スーパーバイザー問わずに休日の少なさに頭を悩ませている飲食店勤務の人は決して少なくないです。しかし、飲食店勤務だからといって、週休1日といった極端に休日数が少ない飲食店で働かなければいけない訳ではありません。週休1日あるかどうかのような職場で働いていたら、プライベートの時間などほとんど取れませんし、貴重な休日に体を休...

有給休暇の申請をしたら怒鳴られて断られた。イライラをぶつけられる。店長やオーナーからストレス発散の相手と認定されている気がする。すぐに怒鳴ってくることから、一緒の職場で働くのが怖くて仕方がない……このような店長やオーナーに対して恐怖心を抱きながら働いている飲食店の社員さんもいらっしゃると思います。何故このような人の上に立つ役職に、このような横暴で子供のような人がいるのかと頭を抱えている人もいるので...

飲食店の正社員として働いている人の中には、勝手に店長に自分のタイムカードを改ざんされて、残業代を支払って貰えない……なんて職場環境で働いている人もいらっしゃると思います。働いた時間に賃金を支払わないのは違法ですし、タイムカードを改ざんして働いた事をなかったようにするのは更に悪質と言えます。しかし、実際にそのような扱いを受けたことがある人もいるのが現実と言えます。飲食業界に限った話ではありませんが、...

飲食業界がブラックというイメージを持っている人は多いと思います。実際に、他の業界と比較すると、残念ながらブラックな飲食店の割合が多い傾向があります。残業代が全額支払われなくてサービス残業が存在したり、年間休日数が少ないなどは、飲食業界で働く上では覚悟しないといけないブラック要素と言っても過言ではないのが実状と言えます。そのため、若者が飲食店で働く事を避けて、人手不足が深刻になっており、より現場の負...

朝起きて飲食店に出勤したくない。夜眠る際に、翌日も飲食店の仕事があると思うとゲンナリする、涙が出てくる……と追い込まれている人もいらっしゃると思います。あなたが働いている飲食店の職場環境がどのようなものかまでは私には分かりません。しかし、パワハラやイジメ、また1日の勤務時間が当たり前のように10〜12時間程がり疲労が抜けきらない。それに加えて賃金も安く、残業代も支払われない……このような拷問のよう...

雇われ店長の大半が大手の飲食店の店長か、中小企業の一部の地域でチェーン展開している飲食店の店長になると思います。個人店で、オーナーに店を任せられて働いている極僅かになると思います。そのため、ここでは大手と中小企業のチェーン展開している飲食店で働く、雇われ店長の待遇や職場環境について述べて行きたいと思います。雇われ店長の待遇は悪いのか本社のエリアマネージャーやパートやアルバイトの間に挟まれて人間関係...

今の飲食店の正社員を辞めて、他の飲食店に転職したい、他業界に1からスタートして行く、とりあえず退職してから今後を考える……と思って退職届を出したはいいが、店長やオーナーに引き止められて、なかなか辞めせて貰えないと頭を抱えている人もいらっしゃると思います。退職届を拒否する程ですと、余程人手不足の飲食店になると思います。いやいや、大手の飲食だからだ大丈夫だろう! と思っている人もいらっしゃるかもしれま...

基本的に労働者の休憩時間は1時間程になると思います。実際に、飲食店の店長として働いている飲食店の大半は、規定上は1時間程休憩できるとされていると思います。ただし、実際に1時間ずっと休める人は少ないと思います。お客からの電話予約。本社からの連絡。ホールで何かあった際の対応。人手不足なら、休憩時間もデスクワークの処理。私の働いていた飲食店の店長は、休憩時間にまかないだけ食べて、それですぐに仕事をしてい...

劣悪な職場環境の飲食店の仕事は、体力の消耗が激しい上に長時間労働と人間関係で精神面もすり減って行きます。そのため、長期的に働き続ける程に思考力が落ちて行き、当たり前に感じるようになっていきます。おそらくですが、ブラック企業で過労自殺したり、鬱になってしまったというニュースや話を聞いた人の大半は、「体を壊す程のブラック企業なら転職すればいいのに」と思うでしょう。私自身も、そう思います。しかし、逃げる...

飲食店の正社員として働いている人の中には、このまま働き続けても、夢も希望も抱けないどころから、絶望しかないのではないかと頭を抱えている人も決して少なくないと思います。出世の道が見えない。給料が低すぎて結婚できる展望がない。長時間労働と休日数の少なさからプライベートを楽しめる時間が無い。このままでは、仕事、仕事、仕事だけの人生になってしまう。しかも、その職場環境も劣悪……まさに絶望的な状況にいません...

入社した飲食店の同期や先輩がどんどんいなくなっていく飲食店で働いていて、自分はこのままでいいのかと悩んでいる人もいらっしゃると思います。まず間違いえないで欲しいのが、周りに流されないことです。働き方は人それぞです。周りが退職しているから、自分も退職した方がいいのではないか? 逆にブラックな職場だと思っていても周りが我慢しているから自分も我慢した方がいい……などと思う事です。周りが必ずしも正しい行動...

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top