新卒で働く飲食店を探す方法

新卒で働く飲食店を探す方法とは

 

 

飲食店は比較的に学歴関係なく応募できる事が多いので、一言で新卒といっても高卒・専門卒・大卒の人でも就職が狙える業界になります。

 

一方で飲食業界は少子高齢化の影響と接客業を避ける人の増加によって、人手不足になっている飲食店が増えているので、求人数も多い業界になります。

 

また、飲食業界は個人・法人関係なく参入しやすい業界である事からも求人数が多い理由と言えるかもしれません。

 

そして、求人数が多く、参入者する事業者が多様であるという事は、ブラック企業が生まれやすい業界でもあるという事です。

 

おそらく、新卒で飲食店で働きたい…と思っていても、『ブラック企業が経営している飲食店に就職してしまったらどうしよう…』といった気持ちは少なからずあると思います。

 

もしくは、『多少待遇が悪いのは覚悟の上!』と強い気持ちを持っている人もいらっしゃるかもしれません(料理人を目指している人は修行のため覚悟が固い人が多い傾向があります)。

 

しかし、やはり働くなら少しでも良い待遇の飲食店で働きたいというのが本音だと思いますし、就職する前の覚悟を挫く程のブラック企業は、飲食業界に限らずに存在します。

 

そのため、新卒の就職活動で飲食業界を希望するのでしたら、働く飲食店を慎重に探す事が求められます。

 

そして、ブラック企業に就職するのではなく、出来る限りホワイト企業の飲食店に就職できるように就職活動をしましょう。

 

飲食店の求人を探す方法と注意点

 

 

求人を探す方法としては、求人サイト、ハローワーク、そして転職エージェントになります。

 

オススメとしては、飲食専門の転職エージェントで求人を紹介して貰う方法になりますが、紹介して貰える地域が限定されていることもあるので注意が必要です。

 

そして、新卒として就職活動をするのでしたら、時間にはある程度余裕があると思うので、複数の媒体を利用した上で、自分が一番行きたいと思った飲食店の内定を受諾して、就職するとよいと思います。

 

それでは、自分で探す求人サイト・ハローワークを利用する場合と転職エージェントを利用する場合とを分けて説明して行きたいと思います。

 

自分で求人を探す場合の注意点

 

 

求人の内容を疑う事を忘れない方が良いです。

 

これは、飲食業界だからと言う訳ではなく、どの業界でも共通する点になります。

 

具体的に疑う点としては、基本給に注釈なしで固定残業代を含めていないか、もし固定残業代なら残業代は全額支払われるのか、そして「週休○日」と言う記載だけで、年間の休日数が不透明にされていないか…求人からの情報では判断できなければ、面接でしっかりと聞くようにしましょう(ここで挙げたのは例の一つです)。

 

他にも残業時間や離職率など聞きにくい質問でも聞いておきましょう。

 

仮に企業にとって不都合な質問をされて落としてくれるなら、そのような企業に就職せずに済んで良かったと思いましょう。

 

逆に真摯に質問に答えてくれて、ブラック企業の要素が無い、または許容範囲内でしたら、内定を得るために、あなた自身の熱意をしっかりと伝えましょう。

 

しっかりと、面接の対策をしていて、ブラック企業ではない飲食店でしたら、離職率や残業に関する質問をしただけで落とされる事はありません。

 

飲食専門の転職エージェントを利用する

 

 

求人情報の見極めや面接で聞きにくい質問などを聞けるか不安だったり、効率が悪いと思っているのでしたら、飲食専門の転職エージェントを利用するとよいと思います。

 

転職エージェントは、企業と求職者側の間に入って、お互いの希望がマッチするように結びつける役割を果たしてくれます。

 

そのため、希望を伝えれば条件に合った、または条件に近い求人を厳選して紹介してくれます(新卒だと高い希望を伝えるとマッチした求人がないと言われる可能性もあるので、妥協も必要です)。

 

また、求人に記載されていない情報を転職エージェント側のスタッフは持っていますし、気になる疑問に関しては、事前にスタッフに確認を取って貰うといった手段が取れる事もあります。

 

転職エージェントは、信頼が大切になることから、絶対にブラック企業が無い…とまでは言えませんが、求人を紹介しても応募してくれる求職者がいなかったり、すぐに辞めてしまうような求人を紹介しても、成功報酬を得ることができません(転職エージェントによって利益の出し方は異なるので絶対ではありませんが)。

 

そのため、紹介しても問題ない求人を取り扱っている事が多いので、ブラックな飲食店を紹介されにくいですし、スタッフがしっかりと相談に応じているのでしたら、不安な点も確認しやすいです。

 

逆にスタッフの対応に疑問を感じるようでしたら、他の飲食専門の転職エージェントを利用するようにしてください。

 

必ず信頼できる飲食専門の転職エージェントを利用するようにしましょう!

 

⇒飲食専門のオススメ転職エージェント

 

飲食業界はどれくらいの待遇が狙えるのか

飲食店の規模やキャリアによっても異なってきますが、勤続年数を積んだ店長やエリアマネージャーになれば年収500〜700万円になることもあれば、他の飲食店では同じ役職でも年収300〜400万円前後の場合もあります。

 

また、一言で飲食店といっても、接客・調理・店長・エリアマネージャーといった職種以外にも、スーパーバイザー、マーチャンダイザー、料理長、店舗開発、栄養士…とあまり耳にしない職種から資格が必要な職種もあります。

 

また、休日に関しても年間休日120日前後で夏休みなどが取れるホワイトな飲食店もあれば、年間休日が100日を下回っていて、有給休暇が禄に取れないブラックな飲食店もあります。

 

だからこそ、新卒の就職活動では慎重に求人を探して、少しでもホワイトな飲食店で働くようにしましょう。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top