飲食店 休日増やしたい

飲食店 休日を増やてプライベートな時間を確保したい

 

飲食店で働いている社員の人にとって、休日の少なさは切実な悩みだと思います。飲食店の仕事は、シフト制で土日や祝日も仕事がある事が多いので、2連休を取るのも難しい人が多いです。

 

そのため、プライベートで友達と遊びに行ったり、家族と旅行に行く事が、なかなか出来ない人も多いと思います。

 

実際に、家族との時間が取れない事で飲食業界を去って行く人も少なからずいらっしゃいます。

 

特に深夜まで勤務があると、子供が起きている姿を見る事もできない日々が続く事になります。

 

ただ、せっかく飲食店で働いてきた経験を無駄にして、他の業界に転職するのも勿体ないです。

 

特に飲食の仕事が好きな人にとっては、できる事がなら飲食の仕事を続けながら、ある程度の休日…出来れば有給休暇を少しでも自由に使えるなら、飲食の仕事を将来的に続けて行きたいと思っている人も多いと思います。

 

休日が整っている飲食企業も増えている

 

 

少子高齢化の影響で、アルバイトも含めて飲食店で働く人は年々減っている傾向があります。

 

そのため、大手から中小まで全体的に待遇を向上させている動きが活発になってきています。

 

実際に、はなまるうどん、富士そばといった大手のホワイト寄りの飲食店は社員だけではなく、アルバイトにも条件を満たせば有給休暇を使う事ができます。

 

他の飲食店でで、週休二日制を徹底させたり、旅行に行けるように連休が取れる環境を整ている職場も少しずつですが増えています。

 

ネットの普及でブラックな飲食店の情報なども事前に知られるようになってきていますし、企業同士で比較もされやすくなったので、待遇が目に見えて悪いとアルバイトも社員も集まらなってきているのも飲食店が待遇を改善し始めた理由と言えます。

 

休日が多いからといって給料が低い訳ではない

 

 

休日が福利厚生が整っていると給料が低いのでは…と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、あまり比例していない事が多いです。

 

ベンチャーの飲食企業の場合は、激務の代わりに給料が高く、出世しやすいといった側面がありますが、大手や中小・個人の場合は、単純に経営が上手くいっているかどうかで決まる事が多いです。

 

売上が順調に伸びて黒字を出している企業程に利益を人材に還元できますし、一方で赤字で従業員の待遇を上げられない企業程に人材が不足して休日も福利厚生も悪くなって行きます。

 

そのため、少ない休日で頑張っていても待遇が上がらずに報われないことも多いです。むしろ、給料・休日が整っている企業の方が、キャリアパスを示してくれている事が多いので、経験年数と能力に応じた役職と待遇を提供してくれる事の方が多いです。

あなたの働いている飲食店はどうでしょうか?
友人や家族と遊びに行ける休みを貰えていますか?
熱が出て具合が悪くなった際に気軽に有給休暇を使い事ができます?
将来のキャリアプランを考える事ができる飲食店でしょうか?

もし、上記に不満や不安を抱えているのでしたら、他の飲食店に転職する事を考えてみてはいかがでしょうか?

 

休日が整っている飲食店に転職してプライベートを楽しむ

 

 

仕事は生きて行く上で避けて通れない人がほとんどですし、人生の多くの時間を費やす事になります。

 

ただ、『仕事=人生』が成り立っている人は、極わずかだと思います。

 

働いている人の大半は、自分の生活・家族の生活を支え、人生を楽しむ時間を作るために働いていると思っています。

 

その人生を楽しむ時間が理不尽に少ない職場で働いているのでしたら、一度転職を考えてみてはどうでしょうか?

 

飲食業界は、休日が少なくて当たり前と考えている人も多いですが、何度も言うように休日が多く、有給休暇が使いやすい飲食店も増えています。

 

転職活動を始め、今の職場と他の職場を比較だけでもしてみはどうでしょうか?

 

⇒休日が多い飲食店の求人を紹介して貰える飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top