飲食企業のスーパーバイザー(SV)の仕事内容と転職方法

飲食業界 スーパーバイザー(SV)の仕事内容と転職の方法

 

飲食業界で働いているとスーパーバイザー(以降SVと呼びます)という役職を聞く事があると思います。

 

大手企業ですと、ほぼ確実に存在する役職になり(エリアマネージャーと呼ぶ事もあります)、逆に個人店や地域に数件の店舗だけしか持たない場合はSVの役職を置いていない事もあります。

 

基本的には、店長よりも上の役職であり、店舗勤務ではなく本部所属として扱われる事が多いです。

 

そのため、給料も店長から大幅に上がる事も多く、企業によっては年収800万円以上貰えることもあります。

 

SVの仕事内容

 

SVの仕事内容は、担当地域の店舗管理業務になります。

 

店長から運営に必要な商品の発注の確認やキャンペーンの内容や方法の伝達といった日々の業務の連絡から、赤字の原因から黒字に転換するための協議や店長の教育など仕事内容は幅広いです。

 

簡単に言えば、マネジメントをして売上を上げる役割と言えるかもしれません。

 

本社側からの指示と店舗側からの相談の板挟みにもなるので責任が重いですし、仕事内容も幅広いので激務になりがちです。

 

ただ、優良な企業でしたら、仕事の忙しさに見合った給料が支払われるといったメリットもあります。

 

なお、店舗の仕事のサポートをする事もありますが、メインはマネジメントになるので、現場の仕事は大幅に減ると思って頂いて良いと思います(企業によっては、現場の仕事が多い場合もあるの注意は必要ですが)。

 

人によっては、店長として働いていた方が気が楽と思って出世を望まない方もいらっしゃいますが、給料に結構な差ができる事が多いので、目指してみて損する事は無いと思いますよ。

 

SVに転職する方法

 

SVに転職するには、まず直営店を持っている企業か、フランチャイズを運営している企業になります。

 

最近は飲食店のベンチャー企業も増えているので、今までに店長としての経験をある程度踏んでいるのでしたら、SVとして働ける企業を探す事は難しくないと思います。

 

ただ、SVの仕事は激務になりがちです。そのため、仕事に見合った給料、そして体を壊さず、プライベートの時間もある程度持てる休日の保障や福利厚生の整備なども考慮した上で求人を探すように心掛けましょう。

 

しかし、そのような求人を探すとなると通常の転職サイトやハローワークではなかなか見つけられません。

 

また、求人が正確ではなく、入社したら実際の待遇と求人で記載されていた内容と違う…といった事が発生する可能性もあります。

 

したがって、そのようなブラック企業を回避したいのでしたら、飲食専門の転職エージェントを利用してみてはどうでしょうか?

 

飲食専門の転職エージェント

 

信頼できる飲食専門の転職エージェントでしたら、事前にコンサルタントが求人の内容が正確か調べてくれますし、事前に職場に足を運んでくれている可能性もあります。

 

また、転職エージェント側と企業側のパイプも太いので、求人では記載されていない情報を事前に知る事もできます。

 

ブラック企業を紹介していると、登録者が減って転職エージェント側が運営できなくなるので、転職エージェント側は優良なホワイト寄りの飲食企業を中心に扱うように精査した上で求人を紹介してくれます。

 

SVへの転職を考えていなくても、店長職や現場の接客業、調理スタッフの募集をしている優良企業も多数扱っています。

 

利用したからといって費用も掛かりませんし、強制的に応募させられることもないので、一度紹介して貰った求人と今の職場の待遇を客観的に比較してみてはどうでしょうか?

 

もしかしたら、気が付かないだけで、自分の勤めている飲食企業の待遇が他の企業よりも悪いことに気づくかもしれませんよ。

 

⇒優良な飲食企業の求人を紹介してくれる飲食専門の転職エージェント

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top