ホワイト企業の飲食店

飲食店の料理人(ジェフ)の 給料を上げるには

 

料理人と一言で言っても高級レストラン、高級すし店、ホテル専属の料理人からチェーン展開しているような居酒屋の料理人や個人店の料理人まで幅広いです。また、高級レストランに勤めているからといって高い給料を稼ぐ事ができるという訳ではなく、場合によってはチェーン店の飲食店の料理人として働いた方が稼ぐ事ができる場合もあります。

 

もちろん、職場によって変わって来るので一概に言えませんが、視野を広くしながら、自分の働いている職場の良し悪しを考える事が大切と言えます。

 

年収が比較的に高い職場とは

 

年収が比較的に高い傾向のある職場としては、ホテルの料理人になります。料理長クラスでしたら年収1000万円を軽く超える事もあります。通常の1人前の料理人でしたら、年収400万円〜500万円程でベテランでしたら年収500万円を超える程度だと思います。

 

ホテルの料理人は、20代の方が少なく、レストランなどで修業を積んできた方になるので、30代以降の方が多い傾向があります。

 

逆に給料が低い傾向のある職場としては、やはりチェーン店のレストランや居酒屋といった飲食店になります。料理長でも年収500万円以上になれば高い方と言われる事もあります。
もちろん、最初に述べたように全ての企業にあてはまる訳ではなく、チェーン店でも地域に根差し、高級な食材を扱うような飲食店でしたら、年収1000万円近く達する事もあります。

 

また、通常の料理人の方でしたら、ホテルの料理人とチェーン店とでは、それ程給料が変わらない可能性も少なからずあります。学べる事の多さや、将来性などは変わってきますが、一方で仕事の忙しさや責任などを考慮すると…どちらが良いとは一概に言えません。
最終的には、個人の将来的になりたい料理人のビジョンによって変わって来ると言えます。

 

なお、個人店クラスになると職場によって、全く待遇が異なるので何とも言えませんが、あまり高くない事が一般的ですし、福利厚生も整っていない事が多いのでオススメはしません。

 

料理人が転職を考える時期とは

 

一つは一番離職率が高い修業期間の最初の時期になります。正直言って修業期間の長さについては、個人差がありますし、客観的に見て一流の料理人と呼ばれる人でも、本人はまだ修行中の料理人と述べる方もいらっしゃいます。
ただ、一般的にはレストランや和食店などで3〜5年程の経験があれば、ある程度の経験として認められる事が多いようです。知名度の高い職場でしたら、それだけで転職時に有利になります。

 

しかし、独り立ちしても、転職先が優良なホワイト寄りの企業かどうかは分かりません。実際に、実力があっても過酷なブラック寄りの飲食店に入社してしまう方もいらっしゃいます。

 

日本人は、『我慢』を美徳とする傾向があるため、さっさと切り替えて他の職場に転職できない方もいらっしゃるので注意が必要です。

 

料理人として働く場合は、転職の回数などはそれ程重視されず、極論を言えば実力さえあれば転職はそれ程難しくありません。

 

したがって、明らかに問題のある職場に勤めてしまったら転職を考える事も大切です。

 

マネージャーや店長などの管理者となる

 

大手気企業が経営しているようなチェーン店のレストラン、居酒屋、和食店などでしたらマネージャーや店長として働くのも一つの手段です。
店長と聞くと接客側が中心と感じる方が多いと思うかもしれませんが、飲食店によっては料理人として経験のある方を積極的に採用することもありますし、接客タイプの店長よりも給料が高い事も多いです。理由としては、商品開発などの部分にも力を活かす事ができるからです。

 

マネージャーの場合は、料理長と店長の間…といった所ですかね。中間管理職としての立場が強いので責任が重く、ストレスが溜まりやすいですが、一方で店舗全体を動かせる立場でもあるので、やりがいのある仕事でもあります。また、勤める企業を選べば高い給料を稼ぐこともできます。

 

料理人にオススメの転職サイト

 

オススメとしては、飲食専門の転職エージェント『フーズラボエージェン』になります。
飲食に関わる職種の求人を幅広く扱っていますし、一般ての転職サイトなどでは公開されていないような非公開求人も多数扱っています。大手企業から、開業したばかりで、急成長中の飲食店まで企業の種類も幅広いです。
料理人として働く職場の選択肢も多いですし、何よりも経験に見合った待遇の求人が多いので、転職を考える方には非常にオススメです。

 

⇒フーズラボエージェントを利用して転職

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top