飲食店で働きながら年収1千万円目指せるのか

飲食店で働きながら年収1千万円目指せるのか

 

飲食店で働きながら年収1千万円を達成するとなると、独立して自分の店を持つか、大手の飲食店で幹部クラスまで出世することが求められると思った方がいいと思います。

 

後は、深くて要素が大きい外食ベンチャー企業で出世を狙うのも一つの手段と言えます。

 

逆に言えば、上記のようなハードルの高い事を成し遂げないと、飲食店で働きながら年収1千万を達成することが難しいと思った方がいいと思います。

 

飲食店の正社員はどれくらいの年収を目指せるのか

ここでは、独立した場合は例外とさせていただきます。

 

あくまでも、大手のチェーン店の店長や居酒屋や料亭、レストランの雇われ料理人などを対象に話をして行きと思います。

 

出世して行ける職場である大手寄りの飲食店でしたら、ホワイトカラーの大手のように勤続年数を重ねるごとに年収は少しずつ上がって行きます。

 

そのため、店長、そしてエリアマネージャーと出世していけば、サラリーマンの平均年収を達成することは十分できると思います。

 

具体的には、20代前半や半ばから就職していてれば、30代後半や40代前半頃には年収500〜600万円は目指せます(ブラックではない飲食店であることが前提になります)。

 

ただし、それ以上となると一気に難しくなります。

 

前述したように、例えば、海外出店の責任者になったり、本社の幹部などになる必要が出てくるからです。

 

料理人の方の場合は、知名度の高い有名店の料理長などになると思います。

 

探せば、色々と選択肢はあると思いますが、どれもハードルは高いことは確実だと思います。

 

ただし、これは飲食店だから年収1千万円を目指すのが難しいという訳ではなく、どの業界でも年収1千万円を目指すことが難しいのです。

 

ずっと勤めていたら年収1千万円なんて軽いく行くだろうと思っている人もいるかもしれませんが、新卒で人気のあるような大手でも出世競争に勝って行き、上司に気に入られないと達成できないことも珍しくありません。

 

その点を忘れないようしましょう。

ベンチャー企業で高収入を稼げるのか

外食ベンチャー企業で高収入を目指す方法もありますが、将来の幹部を目指す場合は、早期に就職していることが条件になります。

 

ベンチャー企業のメリットは、急激に成長する前段階か、急成長している初期の段階になります。

 

だからこそ人手が常に足りず、働く側としては激務の代わりに自分の実績を出せる機会に恵まれているのです。

 

上手く行けば将来の幹部になれるかもしれません。しかし、結果を出せなければ当然出世できませんし、経営は安定していないので、将来的に企業が存続するかどうかの見通しも曖昧です。

 

なによりも、恐ろしく激務になり覚悟が必要です。ブラックな代わりに、その見返りとして将来的に高収入と立場が得られる……かもしれないのです。

 

その点を覚悟して、外食ベンチャー企業に挑むようにしましょう。

 

転職するかどうかは慎重に

勤続年数を積み重ねていくことは、年収を上げて行く上で重要ですが、ブラックな飲食店で働いていても意味がありません。

 

そのため、見切りをつける際には早めに決断することも時には大切です。

 

飲食業界に特化した転職エージェント等利用して、事前にどのようなキャリアを積んでいけるのか、どれくらいの年収を望めるのかを確認しておくと良いかもしれません。

 

また、給料を上げる上で残業時間とサービス残業の有無なども確認する必要があります。

 

既に飲食店で働いている人の場合は、他の飲食店の待遇と今の自分の待遇を比較した上で、転職するかどうか検討するとよいと思います。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に転職する方法

 

年収1千万円は期待しない方がいい

正直に言えば、飲食店で働きながら年収1千万円を目指すのはオススメしません。

 

年収1千万円を目指すのでしたら、結果を出しさえすれば給料が上がりやすく、評価もされる大手の営業職などで働く事をオススメします。

 

特に大手でしたら、ネットなどから平均年収を調べたりすることもできるので、勤続年数を重ね、出世に成功した後に、待遇の低さで後悔するリスクも低いと思います。

 

ただし、それだけ競争率も高いことは覚悟しましょう。

 

逆に大手寄りの飲食店で勤続年数を重ねて行けば、前述した要にサラリーマンの平均年収程は安定して稼げるようになると思います。

 

出世の競争率も高くはありませんし、就職するための難易度も高いはないと思います。

 

そのため、挑戦しやすいのがメリットと言えるかもしれません。

 

ただし、ブラック企業が多いので、就職・転職する際は慎重に働く企業を選ぶようにしましょう。

 

⇒飲食・外食産業の転職サイトランキング

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top