接客を楽しめる飲食店に転職したい

接客を楽しめる飲食店に転職したい

 

お客様に美味しい料理やコーヒー・紅茶などを提供して、お客様に楽しいひと時を味わって貰いたいという志から飲食店に転職・就職することを考えている人もいらっしゃると思います。

 

接客にやりがいを持つ上ではとても大切な志と言えます。

 

ただし、一言で接客と言っても、どのような接客をして、どのようにお客に楽しんで貰えるかは飲食店によっても変わってきます。

 

そのため、あなたがやりがいを感じることができ、楽しみながら接客の仕事ができる飲食店を探す場合は、慎重に飲食店の業態や客層、求められる接客レベルを調べた上で就職する事をオススメします。

 

接客レベルと業態で就職・転職先を絞って行く

接客でお客様に楽しいひと時を過ごして貰う上で大切になるのが、接客レベルと業態になります。

 

ホテルや旅館のスタッフや高級レストランのように、高い接客スキル(マナー、料理の提供方法、料理の説明、立ち振る舞い)を通してお客様に楽しんで貰う働き方にやりがいを感じるのか。それとも、カフェといったゆっくりとした空間で働きながら、少しでもリラックスして貰えるように働き、自分自身もカフェの空間を楽しむ働き方。また、居酒屋などでお酒の説明をしたり、飲み会の場で盛り上がるお客様を見てやりがいを感じる人もいらっしゃると思います。

 

他にも、ファミレスやファーストフードといった気軽に入れる飲食店で、沢山の人達と出会い、そして接客することに楽しみを感じるのもよいと思います。

 

富裕層向けになる程にマナーは厳しくなる一方で、高級レストランなどは誕生日といった特別な日に利用してくれるお客様が多いので、その特別な日に花を添えるようにもてなすことはやりがいになると思います。

 

一方で大衆向けになる程に、接客はマニュアル寄りになりますが、仕事の負担は軽くなりますし、常連の人と口調を崩した世間話でお客様を楽しませることができることもあります。

 

どのような接客をして働きたいのか。そして、どのような雰囲気の飲食店で働きたいのか。上記のことを参考にして考えてみるとよいと思います。

 

待遇が悪いと結局は辛くなる

自分が幸福ではないのに、お客様の幸福を心から喜べることは無いと思います。

 

給料や休日数が全てとはいいませんが、仕事の割に合わない待遇で働かされて、心からの笑顔でお客様を接客できるかと言われたら難しいと思います。

 

だからこそ、飲食業界やホテル業界の離職率は非常に高いのです。

 

そのため、やりがいを求めて飲食店を決めるのは良いのですが、その上で待遇面もよく見ましょう。

 

ずっと働き続けることができるのか? 出世できるのか? 休日が少なすぎないか? 体を壊しかねない程の長時間労働ではないか?

 

もし、やりたい仕事ができる飲食店を見つけることができても、待遇面が劣悪なら、他の飲食店に妥協するといった選択肢も大切です。

 

また、接客を重視するのでしたら、飲食業界に拘らずに、他の業界に目を向けるのもよいと思います。

 

視野を狭くしないことも大切なことを忘れないようにしましょう。

将来の目標を定める

飲食業界で定年まで働き続けることを考えるなら、将来の目標を持ちましょう。出世していきたい、自分の店を持ちたい……何でもいいです。

 

正直に言えば、単なる接客の従業員では待遇は上がりません。そのため、出世先を考えることも大切ですし、必要に応じて他の飲食店に転職することも大切です。

 

飲食店の中には、やりがいだけを提供して、低待遇で働かせるような、やりがい搾取をする飲食店もあるので注意しましょう。

 

飲食業界は、業界の中でも同業他社の転職がしやすいので、やりがいだけではなく、自分のキャリアも考えながら働く事を忘れないようしましょう。

 

出世を考えるなら、大手のチェーン店がオススメです。

 

ただし、接客を教える側に回ったり、将来的にオーナーなどを目指さしているのでしたら、高級レストランなどで高い接客スキルを磨くのもよいと思います。

 

もちろん、ホテルや有名店のレストランで出世を目指すのも一つの手ですが、創業者側がオーナーや店長の役職を得ているので、どうしても難しいことが多いです。

 

そのため、有名店でも、他にも店舗を作るような飲食店で出世を目指すことをオススメします。

 

飲食業界での働き方は人それぞれなので、自分の目指すキャリアに合った職場で働きましょう。

 

⇒ホワイト企業の飲食店に転職する方法

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top