ホワイト企業の飲食店で働くには

ホワイト企業の飲食店の探し方

 

あなたは、ホワイト企業と判断できる飲食店の基準を明確に持っているでしょうか?

 

私個人のホワイト企業の飲食店の基準としては

 

<社員>
・給与が仕事の忙しさに見合う給料
・残業代が支払われる(サービス残業は絶対ダメ!)
・終電前に帰れる(入職前に深夜を承諾しているなら別)
・有給休暇を使える
・体調を崩したら休める
・無茶なノルマを押し付けられない
・年間休日数が120日以上

 

どうでしょうか?

 

上記のような飲食店なんてないと思うかもしれません。

 

しかし、あなたの希望する待遇の条件に優先順位をつけながら、条件を絞りつつ求人を探せば、あなたにとってのホワイト企業が経営している飲食店を探すことは決して難しくありません。

 

しかし、それはあくまでも、求人の探し方を知っている場合になります。

 

ホワイト企業と呼べる飲食店は、求人を一般公開することが少ないからです。

 

ホワイトと呼べるような職場は、離職率も低いですし、職員が急遽たりなくなっても、働いているアルバイトが社員になったり、社員が友人を紹介することも珍しくないです。

 

そのため、わざわざ掲載費が掛かる一般の求人サイトに載せませんし、沢山の応募が来られても面接できません。

 

それよりも、信頼している職員から紹介して貰った方がお金も掛かりませんし、信頼もできます。

 

後は、飲食業界に特化した転職エージェントを利用して、非公開求人として、条件に合った人のみを転職エージェント側から紹介して貰う形をとっていることが多いです。

 

特に大手の有名レストランなども求人を表向きに公開しないケースは珍しくありません。

 

理由としては、やはりブランドのある有名店だからこそ、求人を出していることを不特定多数の人に見られたくないのです。

 

そのため、飲食業界に特化した転職エージェントや職場の知人や伝手などを利用して、補充を進める事が多い傾向があります。

 

ホワイト企業の求人を見つけ出すのに適さない求人サイト

 

 

 

知名度の高い大手の求人サイトだと、他業種の求人が無差別に掲載されていますし、求人数も多いので、飲食業界に捕らわれない就職活動をしたい人にはオススメですが、飲食業界に絞った就職活動したい人にはオススメしにくいです。

 

また、求人サイトの場合ですと、「どれだけ求人サイトにお金を支払ったか」でサイト内検索された際に表示される順番も変わりやすいので、ブラック企業も上位表示されることがあります。

 

実際に、求人サイト利用していると、ブラック企業で有名な企業が検索した時に上位にある事を見ける事もがると思います。

 

もちろん、それだけ資金力があるということで、優良企業が上位表示される傾向が強いですが、やはり飲食業界に絞るなら効率は悪いです。

 

それに、離職率が低く、働きやすい飲食店なら、数人程度雇う事を目安にしているので、求人サイトを利用することは、ホワイト企業の飲食店にとっては、あまり求人サイトの利用は効率的とは言えません。

 

しかし、飲食業界に特化した転職エージェントでしたら、当たり前ですが飲食業界の求人のみなりますし、基本的に求職者である登録者が、応募した会社に採用されて、一定期間働くことで、転職エージェント側に成功報酬が支払われます。

 

そのため、転職エージェント側は、登録者に応募する意欲が湧かないような待遇が悪い求人を紹介する意味がないですし、すぐに退職されても意味が無いので、条件面で嘘をつくこともリスクが高いです。

 

むしろ、登録者が応募したくなるような求人を積極的に紹介する事が一番の利益になることから、登録者は希望に近いホワイト企業が運営している飲食店に出会いやすくなるのです。

 

また、条件面の正確性に関しては、転職エージェント側という第三者が間に入って貰った方が、安心できると言えます。

 

転職エージェント側が調べてくれますし、求人に掲載されていないような離職率や残業時間なども事前に調べてもらうこともできます。また、転職エージェント側も紹介した職場で短期退職が発生するようなら、成功報酬が貰えなかったり、減額するので積極的に紹介するとは思えません。

 

そのため、転職エージェントを通した方が事前入手できる情報も多くなりますし、自分で求人サイトから求人を探すよりもブラック企業に出会う可能性も下げることができると言えます。

 

アルバイトなら直ぐに辞めるといった選択もできますが、正社員となると職歴もあるので、簡単に辞めることはできません。

 

仮にブラックと判断することが就職する前に分かっても、すでに飲食店で働いている人だと、ブラック企業か否か実際に面接を受けるために足を何回も運んでいると有給を使い切ってしまいます。

 

そこで、正社員の人にオススメなのが飲食専門の転職エージェントの『フーズラボ・エージェント』と『エフジョブ』になります。

 

フーズラボエージェントとエフジョブは正社員の求人のみになります。

 

フーズラボ・エージェントとエフジョブは、他業界から飲食店に転職したい人から飲食業界内でキャリアアップしたい正社員の人を対象にした転職エージェントになります。

 

フーズラボ・エージェントは東京・埼玉・千葉・神奈川に特化して求人を紹介しており、エフジョブは全国に対応しています。

 

サービス内容は似通っていますが、扱っている求人は違いますし、地域の求人数なども違います。

 

もちろん、管理職を目指す方、接客として働きたい方、そして料理人としてキャリアアップを目指し方、また事務系の求人も少なからずあります。

 

必要に応じてどちらか、または両方を利用してみるとよいと思います。

 

飲食専門の転職エージェント:フーズラボエージェント

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

 

正社員の人のみを対象にした飲食専門の転職エージェントになります。そのため、未経験者から飲食業界に転職したい人やキャリアアップを狙った転職を考えている人にオススメです。

 

飲食業界に精通したキャリアコンサルタントを抱えているので、ブラック企業の求人を扱わないようにして、登録者の希望条件に合った優良な飲食企業の求人のみを厳選して紹介してくれます。

 

応募書類の書き方・添削から面接の日程調整、面接のアドバイス、そして面接時には担当者が一緒に同行してくれます。給料や休日といった待遇の交渉も代行してくれます。

 

入社した後に問題が発生した場合も相談に応じてくれるので、アフターフォローも整っています。

 

そのため、飲食業界の転職に不安を感じている人は利用して損の無い転職エージェントになります。

 

選べるキャリアが豊富

 

フーズラボエージェントが扱っている求人は、飲食・外食を専門にしているので、扱っている求人の職種も豊富です。

 

もちろん、職種が豊富と言う事は業態も豊富になります。

 

そのため、飲食業界内でのキャリア選択も柔軟に選ぶことができますし、希望に合った職種を探しやすいと思います。

 

ベンチャーの企業も扱っているので、激務の代わりに一気に駆け上がって、給料を稼ぐといった選択を取る事も出来ます。

 

多数の非公開求人を抱えている

 

フーズラボエージェントは、飲食に特化した転職エージェントになるので、一般の転職サイトやハローワークなどでは扱っていない、フーズラボエージェントしか扱っていない求人も豊富に扱っています。

 

非公開求人の中には、通常の転職サイトで公開すると、待遇の良さから不特定多数の応募が来ることを嫌っている企業も多く、自社の条件に合った人のみを採用したいという会社がフーズラボエージェントに求人依頼を出す事もあります。

 

誰でも応募できるという訳ではありませんが、登録者側と会社側の条件が合致しいれば紹介して貰う事ができます。

 

そして、そのような求人を豊富に扱っているので、通常の転職サイトよりも優良な飲食店の求人に出会える可能性も非常に高いと思います。

 

また、ブラック企業に間違って入社するリスクを押させることができるのも大きなメリットと言えるかもしれません。

 

※フーズラボエージェントは、東京・神奈川・埼玉・千葉に特化した転職エージェントになります。

 

<公式サイト>

 

【飲食店特化の転職支援フーズラボ・エージェントbyCuolega】

 

 

※もっと詳しい内容を知りたい人はフーズラボエージェントを利用して転職をどうぞ(このサイト内の記事になります)。

 

 

全国の飲食店の求人を扱っているエフジョブ

 

 

こちらも、フーズラボエージェント同様に関東の求人を中心に扱っている転職エージェントになります。

 

扱っている求人の種類としては、SV、エリアマネージャー、店長、料理長、バイヤー、支配人、ソムリエ、デザイナー、板前、営業、栄養士、製菓販売等と幅広くカバーしてくれています。

 

そのため、比較的に地域や職種を登録者側が選びやすいと言えます(もちろん地域・職種によって求人数に偏りがあるので注意は必要ですが)。

 

もちろん、一般公開されていない求人も多数扱っていますし、全国展開している大手や有名店の求人も扱っています。

 

また、幹部や役員の案件なども扱っています(相応の経験などが求められますが)。

 

エフジョブの強みとは

 

他の飲食転職専門の転職エージェントのように、担当のスタッフが親身に相談してくれる点や、あなたの条件に合った求人を紹介してくれる点は同様です。

 

加えて言えば、エフジョブはもともとヘッドハンティング事業をメインとして創業した会社になるので、独自のネットワークを持っているのも、レアな求人に出会える可能性を引き上げてくれいます。

 

給料・福利厚生・地域・職場の雰囲気など働く上で必要不可欠な要素をしっかりと伝え、相談していけば、あなたの希望に近い求人を紹介して貰う事ができると思いますよ。

 

その上で、応募する求人を自分なりに比較して、求人に応募していくとよいと思います。

 

<公式サイト>

 

飲食業界専門の求人サイト【エフジョブ】

 

 

※もっと詳しく知りたい人は飲食業界専門の転職エージェント エフジョブをどうぞ(このサイト内の記事になります)。

 

ホワイト企業のランキングなどは参考にできるのか

 

飲食業界のホワイト企業のランキングなどが偶にネットなどに掲載されていますが、このランキングに掲載されている飲食企業は、本当にホワイト企業なのかどうか気になる人もいらっしゃると思います。

 

個人的な意見を言えば、就職・転職活動する際に一つの参考にしても良いと思っています。その上で、個別に情報を収集して行くと良いと思います。

 

おそらくですが、口コミなどを見ると、ランキング上位なのに、不評のコメントなども多く見かけて、「本当に信用できるのか」と思う企業から、比較的に良いコメントが多い企業まで幅広く見かけると思います。

 

ランキングが高いからといって現場がホワイトかどうかは別

 

 

ランキングといっても、現場から本社の事務や管理者まで幅広い人が対象になります。

 

また、事務と現場の店長やスタッフの有給休暇の取りやすさなどには差が出るのではないかと思います。

 

待遇に関しても、料理人、接客、店長、エリアマネージャー、本社の事務などによっても変わります。

 

また、ランキングに載っているような企業は大手のチェーン展開している企業が多いので、残業時間や職場の雰囲気、上司との人間関係も店舗次第と言えます(残業に関しても職種、本社か店舗かで大きく変わる可能性があります)。

 

逆に福利厚生面や給料体系に関しては、共通しているので、比較的に信頼できるかもしれません。

 

ランキングの上位ということは、ブラックである可能性は低いですが、あなたが予想するホワイト企業ではない可能性もあるので安易にランキングだけを頼りに就職することは控えた方が良いかもしれません。

 

視野を広げて就職・転職する職場を探す

大手の飲食店はチェーン店以外にも、高級レストラン、中堅のチェーン店、個人店、またランキングに載っていない大手やベンチャー企業まで幅広いです。

 

料理人の場合は、チェーン店で働く事が出来ないこともあるので、そもそもランキングを参考にすることが難しいと言えます。

 

ただ、個人や中堅の飲食チェーン店、高級レストランの職場の待遇などは、なかなか情報を集めることが難しいです。

 

飲食店によっては、求人を出していることを消費者に知られないようにするために、非公開求人にしていることも珍しくありません。

 

そのため、何度も言うように飲食業界の求人の情報、そして扱っている求人の情報を収集している業界に特化している転職エージェントを利用して、就職・転職活動する事をオススメします。

 

ホワイト企業に対する基準は人によっても違うことを知って置く

ホワイト企業の基準は人によっても違います。

 

残業時間が無くても、残業代がしっかりと支給されて、評価されるなら、長時間労働になっても十分ホワイト企業と述べる人もいれば、残業が常態化しているだけでブラック寄りの企業と判断する人もいます。

 

有休休暇についても、積極的にプライベートを楽しみたいか、それとも仕事に集中したいかによって価値の重さは異なります。

 

もちろん、給料も低く、長時間労働でサービス残業、人間関係も悪いといったブラック企業は基準云々の前ですが、ブラックな要因が抜けて、他の飲食店よりもメリットがあるなら、後は個々のホワイト企業に対する価値観次第と言えるかもしれません。

 

そのため、就職・転職活動する際は、他者が決めた評価だけで企業を選ぶのではなく、待遇面、仕事内容、職場環境といった面で、どの項目を優先して働きたいかなどを考えて選びましょう。

 

その上で、自分に合ったホワイト寄りの飲食店で働けるするように、就職・転職活動すると良いと思います。

オススメの飲食専門の転職エージェント

page top